この後の予定

この後の予定ですが、番組を見ます。 今日のブログの更新は次がラストになります。

続きを読む

選別はどうしましょう?13

続きです。 ページ数が変更になるかも知れない、残り、38作品については書きません。 32作を少しずつ書いて行きます。 と言う所で今回は13回になりましたし、今日の所は以上となります。 明日は、一応、70作全部のタイトルを紹介して、明後日から1作目からどんな内容かを少しずつ書こうと思います。 以上です。

続きを読む

選別はどうしましょう?12

続きです。 なので、ページ数の多い【読み切り小説】は今は除外して、逆にページ数の少ない【読み切り小説】も物足りなさというものがありますので、やはり、1話を作りきったと言う感じがする100ページ小説を中心に考えて行こうと思っています。 という訳で、明日から、内容を少しずつ書くのは1番目から31番目と45番目の32作の【読み切り小説】についてにしようと思います。 続きます。

続きを読む

選別はどうしましょう?11

続きです。 ページ数を減らしたり、増やしたりするのは、ちょっと今は考えから外そうと思います。 特に増やす方向の作品は、高くなる可能性がありますからね。 【幻冬舎さん】に小説のデータを渡した時も、現時点のページ数を倍にしたら、料金が高くなりますと言われているので、100ページを超える200ページ、300ページ、400ページ小説を選ぶのはちょっと待ったと言う感じですね。 続き…

続きを読む

選別はどうしましょう?10

続きです。 なぜなら、【幻冬舎さん】と契約出来た【読み切り小説】の【ユメミテ ゆめみめ】は100ページ完成小説だからです。 1番目から31番目と45番目の【読み切り小説】は全て100ページ完成小説なので、この中からその後の候補を選んでいくと言う事になると思います。 続きます。

続きを読む

選別はどうしましょう?09

続きです。 選別する候補としては、それに清書待ちの状態である19番目から21番目と23番目と24番目と26番目から31番目の【読み切り小説】の11作を足した32作品の中から選ぶ事になると思います。 32番目から60番目は80ページ、60ページ、40ページ、30ページ、20ページと減っていくのと61番目から70番目の200ページ、300ページ、400ページ小説となるので、これは選別から…

続きを読む

選別はどうしましょう?08

続きです。 そこで、今日は8回目の更新になってしまったので明日以降に回しますが、70作分ある【読み切り小説】は、どんな作品があるのかを少しずつ書いて、その中から、何を次に出そうかと思っていると言うのを後で書こうと思います。 また、70作目まで考えていますが、現時点で、清書まで終わっているのは1番目から18番目と22番目と25番目と45番目の21作という事になっています。 続きま…

続きを読む

選別はどうしましょう?07

続きです。 そんな感じで、【ユメミテ ゆめみめ】と【ユメミル ゆめみな】でゴチャゴチャやっていると当然、3作目から70作目の【読み切り小説】にかけている時間が無くなって行くと言う事になりますね。 また、【ユメミテ ゆめみめ】を出版するのに、今から1年弱かかり、印税が入るのは更に1年後と考えると運転資金が貯まって2作目以降を出版出来る様になるのは早くても2年後からになるので、そこから編…

続きを読む

選別はどうしましょう?06

続きです。 ただ、【ユメミテ ゆめみめ】が売れた場合は、【ユメミル ゆめみな】ではなく、【ユメミテ ゆめみめ】の続編を作ると言う方が自然な流れかな?とも思っています。 【ユメミテ ゆめみめ】は【読み切り小説】ですが、続編を作れる状態で終わらせていますので、話があるとしたらそっちの方が先かな?と思っています。 続きます。

続きを読む

選別はどうしましょう?05

続きです。 【ユメミル ゆめみな】も【幻冬舎さん】で出すか、それとも最初に評価してくださった【文芸社さん】に話を持って行くか? それは今後の状態によって、追々判断する事になると思います。 【ユメミル ゆめみな】の方は【幻冬舎さん】では評価されないかも知れませんからね。 それは今の時点では判断出来ない事ですね。 続きます。

続きを読む

選別はどうしましょう?04

続きです。 売れても居ない内に考えるのは捕らぬタヌキの皮算用になるのですが、もし、【ユメミテ ゆめみめ】が売れたと仮定すると第二作になるのは、【ユメミテ ゆめみめ】の男女逆転バージョンの話になる【ユメミル ゆめみな】になるのでは無いかと思っています。 ただ、これは【幻冬舎さん】ではなく、【文芸社さん】に高く評価された作品なので、これをどうしようか?と言う問題もあります。 続きま…

続きを読む

選別はどうしましょう?03

続きです。 特に【ファーブラ・フィクタ】は全1990話なので小回りが利きません。 幻冬舎さんにはゲームになりそうで面白そうですねと言うご意見をいただきましたが、やっぱり、話しが大きすぎるので、まずは【読み切り小説】と言う事にしましょうと言う事で、第一作、【ユメミテ ゆめみめ】が選ばれたと言う経緯があります。 続きます。

続きを読む

選別はどうしましょう?02

続きです。 僕は現在、(【夢命戦(ゆめいくさ)】などもっと前に考えた10作を抜かしても)70番目まで、【読み切り小説】のアイディアを思いついています。 連載小説はまた別で、【ファーブラ・フィクタ】や【クエスト・ガイド~冒険案内人】、【新説 パンドラ】など、いくつもありますが、これらはたくさんあるので、すぐに出版という訳には行きません。 続きます。

続きを読む

選別はどうしましょう?01

さて、それでは、【選別はどうしましょう?】と題して、しばらく13回ずつ更新して行こうと思います。 何故、この様なタイトルにしたかと言いますと、【幻冬舎さん】で来年の8月に電子書籍を出すことが決まったのは良いのですが、今のままのペースで考えるととても70作分考えている【読み切り小説】を出版するのは物理的に不可能だと思えるからそれについて70作の中でどれを選ぶか決めようかな?と思ってのタイトル…

続きを読む

さて……2

さて、それでは、いつもの人に55番目の【読み切り小説】の紙のメモを見せ終わるまで、何かを更新して行きましょう。 何回ずつの更新が良いですかね? そうですね、【クアンスティータ数】の1つで【13回】にしましょうかね。 タイトルは、【選別はどうしましょう?】にしましょう。

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第009話(初出し)050

 ピリオド・エンドと古都百合がオフェンス担当だ。  これも交互でオフェンスとディフェンスを入れ替えるようだ。  こうして、Aチーム、Bチーム共に、1旗ずつフラッグを手に入れた。  残す所天界エリアのフラッグの数は8旗だ。  だが、1回分の天界エリアだけで、残り8旗を手に入れる事は不可能だった。  あれこれ、他のフラッグの場所を探っているだけで、時間切れとなり、舞台は天界エリアから魔界エ…

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第009話(初出し)049

 彼が強く願えば、その種は目的を果たすため、動くのだ。  とは言え、【本願の元種】は数に限りがある。  多用出来る力では無い。  それに、敵に同じ手は通じないだろう。  敵はそんなに甘くないのだ。  勝負はこれからだった。  ピリオド・エンドはマドゥワスにフラッグを渡した。  こちらは、マドゥワス、ジャンル、フォールの三名で、交代して、フラッグ守っていくスタイルにしている。

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第009話(初出し)048

 この【万化の槍】は通常、槍型の状態になって、古都百合の前に浮いている。  だが、ひとたび、この【万化の槍】を放つと、【万化の槍】は槍型から、様々な形態に変化し、敵をなぎ倒し、再び古都百合の手元に戻って来ると槍型に戻るのだ。  この【万化の槍】による攻撃で、【王神竜】の群れを牽制し、ピリオド・エンドが【本願(ほんがん)の元種(がんしゅ)】を使い、それを【王神竜】の守っていた星の地面に埋める。…

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第009話(初出し)047

 1匹ずつ大きな効力の稀法を使えば、1500回以上は使えるという事になる。  ――そう、向こうは戦力があるのだ。  対するBチームの布陣は古都百合が前面に出ていた。  古都百合の力、【七曜の力玉】の七つの力の内、今日は日付が変わって月曜日となる。  日曜日は、【再構成の母体】だった、【七用の力玉】は現在、月曜日の力として【万化(ばんか)の槍】という力になっている。

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第009話(初出し)046

 師主族ラスティズムの様に自由自在に稀法を使いこなすという訳にはいかないがそれでも、かなり高度な稀法まで使う事が出来る。  とは言え、大きな効力を持つ稀法を使ったら、その【王神竜】の魔法力(まほうりょく)に相当する稀法力(きほうりょく)は底をつくようだ。  魔法力は別に持って居るので、普通の魔法も使えるようだが、それは、稀法ほど脅威とはなり得ない。  とは言え、1562匹もいるのだ。

続きを読む

さて……

さて、今回も【初出し編】は【ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第009話(初出し)】となります。 10日目になりますね。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

こんにちは5

続きです。 いつもの人に、52番目の【ムチプレのダイゴミ ニーナ編】、53番目の【ムチプレのダイゴミ 三平(さんぺい)編】、54番目の【ムチプレのダイゴミ 四季(しき)編】、55番目の【ムチプレのダイゴミ 五郎(ごろう)編】を見せ終わるまで、63番目の【読み切り小説】のメモは作れませんので、しばらくは、ブログの更新は何か別のことを公開しようと思います。 と言う感じになりましたがただい…

続きを読む

こんにちは4

続きです。 今は、52番目の【読み切り小説】の【ムチプレのダイゴミ ニーナ編】を見せている所で、まだ、終わっていません。 いつもの人が実はゲーマーで、オンラインゲームの話をしたりしていましたので、なかなか全部のメモを見るには至っていませんね。 続きます。

続きを読む

こんにちは3

続きです。 朝と十時の休み時間ですが、別の事をしていましたね。 NOさんと話をしていました。 紙のメモは62番目の【読み切り小説】の【能あるバカは知得(ちえ)隠す】のメモが昨日終わってしまったので今日は書けませんでした。 いつもの人に55番目の【読み切り小説】のメモを見せ終わるまで新たに作れません。 続きます。

続きを読む

こんにちは2

続きです。 今日もやっぱりバイトでした。 いつも通りでしたね。 ただ、今日はあちこちに助っ人に行った日でしたね。 昨日無視して来た人には今日は無視しました。 お互い無視しているので、何もありませんでしたね。 しばらくはこのまま行くと思いますね。 向こうが先に無視したんですから、向こうから話しかけるまで、僕の方も話しかける事はありませんね。 続きます。

続きを読む

こんにちは1

こんにちは。 さいとう・たかをさんが亡くなったみたいですね。 お悔やみを申し上げます。 ゴルゴ13の202巻は他の人には真似の出来ない偉業だと思います。 先生が亡くなった後も連載は続くそうで、何巻まで続くのでしょうね。 アニメも今、再放送されていますね。 ご冥福をお祈りします。 続きます。

続きを読む

この後の予定

この後の予定ですが、番組を見ます。 今日のブログの更新は次がラストになります。

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第009話(初出し)045

 また、尻尾の部分が孔雀の羽の様になっているという特徴と顔の部分は植物の蕾の様になっていて、閉じたり開いたりするという特徴もある。  体は上半身に当たる部分が金色で下半身に当たる部分が銀色という特徴もある。  見た目のインパクトが普通のドラゴンとかなり違うので、これがドラゴンの一種の【王神竜】だと知らなければ竜族だとは解らないかもしれない。  使う力は稀法(きほう)と呼ばれるものだ。  …

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第009話(初出し)044

 キャリアとキャトラはルーカとサディースと交代でフォワードとなる。  Aチーム6名はそれぞれ役割分担を決めて行動するようだ。  一方、1562匹の【王神竜】が立ち塞がっているBチームの方も負けていない。  【王神竜】はドラゴンの一種だが、普通のドラゴンと違うのは地球で言う所の東洋の龍と西洋の竜を混ぜ合わせた様な姿をしているという事だ。  全体的に東洋の龍の様にヘビの様なものとなっているが…

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第009話(初出し)043

 例え、それが9本集めたとしても残る1本を手にする事が出来ないならば、負けたという事になるのだ。  それにモタモタしていると天界エリアの1回分が終了して魔界エリアに送られてしまうのだ。  魔界エリアに天界エリアのフラッグを突き立てても良いが、守らなくては天界エリアに戻されてしまう。  つまり、天界エリアと魔界エリアのフラッグを持ったまま戦わなくてはならないのだ。  Aチームでフラッグを持…

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第009話(初出し)042

 使っている本人が把握している攻撃と把握していない攻撃を混ぜるだけでも良いフェイントになり得るのだ。  自分自身が知っている知らないを混ぜる事でも攻撃にバリエーションが生まれるという事だ。  最終決戦に大ばくちを持って来たルーカとサディースが道を空けてくれたので、キャリア達はすんなりと1つ目のフラッグを手にする事が出来た。  だが、フラッグは10本ずつ点在しているのだ。  まだ、9本集め…

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第009話(初出し)041

 反面、どんな効果があるのか使用者であるルーカやサディースも使って見るまで解らないというギャンブル性が高い攻撃となる。  攻撃効果として適正であれば良いが、もしも万が一、攻撃効果の無いものになれば、それだけで、大きな隙を産む。  出たとこ勝負の大ばくち攻撃と言えるのだ。  とは言え、可能性としては攻撃効果になる可能性は高い。  言葉通り、万が一、攻撃効果で無かった場合だけ、即、大ピンチが…

続きを読む

さて……

さて、今回も【初出し編】は【ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第009話(初出し)】となります。 9日目になりますね。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定

今日の予定ですが、番組を見ます。 今は、見ていない番組を見ていくチャンスです。 このまま、出来るだけ番組を見ていこうと思っています。 今のところ、新番組の関係で、録画限界以上に録画する予定がありますので、これを見る番組と見送る番組に選別しなくてはなりませんので、それをやって行こうと思っています。 新番組の季節ですからね。 明日の予定ですが、午前中はバイト、午後は番組…

続きを読む

こんにちは8

続きです。 これで、ノルマの20枚目に到達したので次回以降は、63番目の【読み切り小説】に入るのですが、これは300ページ完成小説なので、紙のメモは30枚になります。 そうなると専用財布には入らないので、いつもの人に55番目の【読み切り小説】を見せて、それまでの紙のメモを家に持ち帰るまで、作れませんね。 しばらくは作業はお休みという事になりそうです。 と言う感じになりまし…

続きを読む

こんにちは7

続きです。 【愛理】は「いくつ隠している事があるの?」と聞きます。 【ファジュルエナ】は、「さぁ?数えた事ないから……それに、現在進行形で増えているからね。途中で数えるのを止めたんだ」と言うのでした。 と言う所まで書いたところで20枚目いっぱいいっぱいになりました。 もう少し書きたかったのですが、これはこれで完結という形でも良いかな?と思っています。 続きます。

続きを読む

こんにちは6

続きです。 【ファジュルエナ】は、「それは君が聞かないからだね。確かに僕は君に話していないことが山ほどある。だけど、それは君がまだ知るに値するレベルにまで到達していないから話していないだけだよ。高度な情報を知ると言う事はそれなりの資格や力が必要なものが多い。下手に知ろうとすれば命に関わる事もね。現に、君は僕の利権を狙う者達からちょっかいをかなりかけられている。でも君はほとんど何も知らないか…

続きを読む

こんにちは5

続きです。 内容としては、騒動も一段落がついてヒロインの【村井 愛理(むらい あいり)】は、主人公の【ファジュルエナ】と契約している【契約存在】を初めて見ます。 その【契約存在】は言語化出来ない言葉で話し、不思議な力を持っていました。 それを見た【愛理】は、「先生、私に話していない事、いっぱいありますよね?何で教えてくれないんですか?」と質問をしました。 続きます。

続きを読む

こんにちは4

続きです。 さて、朝と十時の休み時間では62番目の【読み切り小説】の【能あるバカは知得(ちえ)隠す】の紙のメモをノルマの20枚目まで書きました。 これで、いつもの人に55番目の【読み切り小説】の紙のメモを見せるまで書けませんね。 しばらく紙のメモはお休みという事になります。 続きます。

続きを読む

こんにちは3

続きです。 僕は別に無視されても他に話す人いっぱいいるから困りませんからね。 それより、毎朝、その人の所のゴミ捨てもしてあげてるんですけどね。 色々と影でやって貰っていると言うありがたみを感じない人なんですね。 本来自分たちで何とかしないと行けないのにやってもらって当たり前みたいな態度なんですよね。 いい年してなにやってんだか?と少々呆れていますが、そんな人を相手に…

続きを読む

こんにちは2

続きです。 その人は昨日は休んだので、昨日は全面的にその人の尻ぬぐいをしたんですけどね。 まぁ、こういう人ですから、こっちも明日から無視すれば良いかな?くらいの気持ちで考えています。 どうせ、この人、自分の都合が悪くなるとすり寄ってくるんですからね。 今回で何度目かなので、もう慣れましたね。 と言う訳でそれなりに対処させていただこうと思っています。 続きます。

続きを読む

こんにちは1

こんにちは。 今日もやっぱりバイトでした。 今日はある人から無視されましたね。 またかと言う感じですね。 多分、月曜日の事が原因でしょうね。 毎回毎回、尻ぬぐいをさせられて嫌な仕事だけ露骨にこっちに押しつけて来るんで、今度から、上司を通してくださいと言ったのですが、今日は上司から自分に断らなくても良いから手伝ってあげてと言われました。 何か言ったんでしょうね。…

続きを読む

追伸。

追伸。 幻冬舎さんから電話がありまして、昨日のメールだけでなく、電話でも入金の確認をいたしましたと連絡をいただきました。 後、僕の小説の編集担当が、今から2週間から3週間後に決まるので、それまでお待ちくださいという事もお聞きしました。 と言うのを追加情報としてお伝えします。 では改めましてお休みなさい。 また、明日。

続きを読む

この後の予定

この後の予定ですが、番組を見ます。 今日のブログの更新は次がラストになります。

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第009話(初出し)040

 基本的にはレベルアップでは無く、能力変更である【再構成の母体】による新たな力――それを如何に効率良く力をアップさせるかを彼女達は考えた。  そして、出した結論は、【唯一文】と【唯一文】、【無二文】と【無二文】を混ぜ合わせて、更なる変化をさせるという事だった。  つまり、例えば【唯一文】を二回使用するマジックポイントを支払って、混ぜ合わせた【唯一文】を放ち、更なる状態変化を期待するというもの…

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第009話(初出し)039

 また、衣装に隠れて解らなかったが、実は【如真】達の足は手の様な作りになっていた。  地面を踏む必要が無いので手の様に進化したと言う事だろうか?  つまり、【如真】は腕が四本生えているようなものだろう。  対するキャリアチームもこのよくわからない存在に圧倒されている場合じゃない。  古都百合の力により、リメイクした新たな力を披露するには相手として不足無し。  キャリア達は正面突破でフラ…

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第009話(初出し)038

 いくつか異なるが、簡単に言えば豪奢な作りになっていると言えば表現として的確だろうか?  それと、先ほどの【腰支】が腰の横から2本出ているのが一般兵なのに対して、正四面体 、正六面体、正八面体、正十二面体、正二十面体の【如真】にはお尻の上からも【腰支】が延びているので、3方向となっているなどの違いがあるだろう。  【腰支】による動きは思ったよりも速い。  普通の足よりも早く動けるのではない…

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第009話(初出し)037

 その天に向かっている突起物の先には武器がついていて、それを武器に【如真】は戦うのだ。  【腰支】以外の仏像との違いはまとっている衣装も挙げられるだろう。  男性型の【如真】は、中華服と袈裟を混ぜた様な衣装で、先ほどの【腰支】により、足下は衣装だけは地面についている。  女性型の【如真】は、十二単と巫女の衣装を混ぜ合わせた様な衣装で、こちらも先ほどの【腰支】により、足下は衣装だけは地面につ…

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第009話(初出し)036

 【如真】と仏像の大きな違いは【腰支(ようし)】と呼ばれている部位がついているかついていないかの違いがまず挙げられる。  【腰支】とは腰の横から地面に向けてまっすぐ延びている突起物の様な物を指す。  【腰支】は足の長さよりも長いので、【如真】は足では無く【腰支】に体を支えられているという事になる。  【腰支】によって宙ぶらりんになっていると言える。  ある意味ブランコに乗っている様な状態…

続きを読む

さて……

さて、今回も【初出し編】は【ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第009話(初出し)】となります。 8日目になりますね。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定

今日の予定ですが、番組を見ます。 今日も頑張って見ていない番組の数を減らそうと思います。 明日と明後日の予定も同様です。 金曜日は【よったろー屋本舗】の更新だけして、残りは番組を見ます。 制作再開は土曜日の予定で、イラスト作業をします。 以上ですね。

続きを読む

こんにちは13

続きです。 そのトラップに【フリーズ】がはまって逮捕される所までを描くエピソードになりますね。 と言う所まで書いたところで19枚目の後半に達しました。 明日は残り1枚ちょっとをどう書くか?と言う所ですね。 もう、ほとんど終わりだから一日くらいメモを取るのを休んで見るのも手かも知れませんね。 まぁ、やってから休むかどうかは明日判断します。 と言う事でしたがただい…

続きを読む

こんにちは12

続きです。 そのまま、【フリーズ】が試験を受けますが、その時の不正を逐一、撮影して証拠を記録します。 容疑が固まった所で、合格したと思った【フリーズ】と【試験官】を逮捕するという筋書きです。 続きます。

続きを読む

こんにちは11

続きです。 【フリーズ】の方は、その【試験官】の口座に指定された金額を振り込んで起きます。 ほとぼりが冷めた頃、【フリーズ】がその【試験官】にその事実を伝えれば、完璧なアリバイが成立すると言う形のものです。 それならばと、【ファジュルエナ】はその不正を働く【試験官】を割り出し、その事を【魔導警察】に報告します。 続きます。

続きを読む

こんにちは10

続きです。 その上で、【試験官】が【試験】のトップの成績の者の成績と【フリーズ】の成績を入れ替えます。 その後で、【試験官】は、すぐに仮眠を取り、自身の記憶から、消したい記憶である【フリーズ】との契約と不正をした事実の部分の記憶を消去します。 続きます。

続きを読む

こんにちは9

続きです。 【ワンナイトプロミス】とは、自覚無き犯行を行わせるのに便利なアイテムで、そのアイテムを使用した対象者は寝てしまうとその約束を綺麗さっぱり忘れてしまうのです。 つまり、【フリーズ】と不正を働いた【試験官】が契約し、【試験官】はそのまま寝ずに居ます。 続きます。

続きを読む

こんにちは8

続きです。 【ルイーザ】は「そんなハズはない。試験官の身体検査は済んでいる。不正を働くはずが無い。どういう事なの?」と言いました。 【ファジュルエナ】は、「そりゃ、不正を働いた試験官が覚えてないからだよ。【フリーズ】ってやからは【ワンナイトプロミス】って言うアイテムを使ったんだよ」と言いました。 続きます。

続きを読む

こんにちは7

続きです。 そこで、【ルイーザ】は【ファジュルエナ】に試験官をしてもらい、その不正を暴いて欲しいと思っているのです。 それを聞いた【ファジュルエナ】は、「あぁ、なるほどね。簡単な話だよ。試験官の中にその【フリーズ】とやらと契約をしている者がいるんだ」と言いました。 続きます。

続きを読む

こんにちは6

続きです。 それは、【フリーズ】と同じ試験を受けている【受験者】でずっとトップを走ってきた【受験者】が【フリーズ】と一緒に試験を受ける時に限って、調子が出ずに、平凡な成績に終わってしまうのです。 その代わりに【フリーズ】がトップの成績で合格するというのが続いていたのです。 このことから単純に考えて、【フリーズ】が何らかの不正をしているのでは無いかと言う推測が立つのですが、証拠が…

続きを読む

こんにちは5

続きです。 もう1つ、【ルイーザ】は違反行為をしていると思われる【新人魔導士】の不正を暴いて欲しいと願います。 その【新人魔導士】の名前は【フリーズ】と言い、他の【魔導士試験】をトップで通過している期待の新人です。 ですが、その試験では奇妙な事が常にあるのです。 続きます。

続きを読む

こんにちは4

続きです。 内容としては、主人公の【ファジュルエナ】がエルフで【魔導士協会理事】の【ルイーザ】に頼まれて【新人魔導士試験】の【試験官】になって欲しいと頼まれて居ました。 この試験では【ファジュルエナ】の魔法特許の試験が採用されているため、【ファジュルエナ】が試験官として協力する事になりました。 続きます。

続きを読む

こんにちは3

続きです。 朝と十時の休み時間ですが、62番目の【読み切り小説】の【能あるバカは知得(ちえ)隠す】の紙のメモを19枚目の後半くらいまで書きました。 一応、書いていたエピソードが終わるまで書きましたが、残り1枚ちょっとだと大した事書けないですね。 続きます。

続きを読む

こんにちは2

続きです。 ついでですから、助っ人に行った先でも4人ほどその事を伝えましたね。 中には幻冬舎さんをご存じない方も居ましたね。 話してもピンと来て無かった様な印象でしたね。 続きます。

続きを読む

こんにちは1

こんにちは。 今日もやっぱりバイトでした。 今日は最初から別の場所への助っ人だったので、朝礼がいつもの人とは別々になってしまって紙のメモは見せられませんでした。 なので、通りすがりに昨日、幻冬舎さんの所に振り込んだ事だけ伝えました。 同僚も同様に別々の仕事になってしまったので、通りすがりに報告だけしましたね。 と言う一日でしたね。 続きます。

続きを読む

この後の予定

この後の予定ですが、番組を見ます。 今日のブログの更新は次がラストになります。

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第009話(初出し)035

 敵はこれ以外にも居る。  上空の【如真】の数を確認すると15000体という事になっている。  つまり他の場所にも【如真】が居るという事だ。  まずは目の前の敵をどうにかしないと次に続かない。  キャリア達とフォール達はそれぞれ、気合いを入れて立ち向かう事にした。  もちろん、バカ正直に全滅など期待していない。  目的は隙をついて、フラッグを奪う事だ。  その隙を探るための戦いが今…

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第009話(初出し)034

 これらの立像は動き出すと【如真】となって暴れ出すのだ。  また、フォールの方に出て来ている【王神竜】の数は、1562匹との事だった。  戦闘力では【如真】には及ばないものの、こちらは4桁の敵となる。  【如真】と【王神竜】の戦闘力から考えて、まず昼間一回分(天界エリアターン)では倒しきれる数ではないのは明白だった。  それより、二手に戦力を分断しているので、数に押されてやられてしまうと…

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第009話(初出し)032

 デザイン、衣装も球状の物体に配置されている立像よりも三角錐の4体の立像の方が豪奢な印象がある。  続けて、六面体、八面体、十二面体、二十面体の物体も出て来てそれぞれの面に1体ずつ立像がついていた。  三次元空間での正多面体の種類である正四面体 、正六面体、正八面体、正十二面体、正二十面体の五種類全てが勢揃いだ。  恐らくは球状の物体のが兵で正多面体の立像が幹部と言った所だろう。  ルー…

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第009話(初出し)031

 どうやら星を表現しているようだ。  その球状の物体は凸凹しており、その要所要所に立像が配置されている。  地球で近い雰囲気のものをイメージすれば、仏像だろうか?  仏像が球状の物体を取り囲む様に配置されているという所だろう。  一つの球状の物体にたいして、4、50体の【如真】の立像が配置されている。  球状の物体の数は5つだ。  つまり、200~250体の立像だ。  だが、数的に…

続きを読む

さて……

さて、今回も【初出し編】は【ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第009話(初出し)】となります。 7日目になりますね。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定。

今日の予定ですが、番組を見ます。 幻冬舎さんには振り込んだ報告はメールでしましたので、後は9月中は番組を見るだけですね。 明日の予定ですが、午前中はバイト、午後は番組を見ます。 明後日も同じで木曜日も同じです。 金曜日は10月に入るので、ホームページを更新して、残りは番組を見ようと思っています。 本格的な制作は土曜日からになります。 イラスト作業をやろうと思っ…

続きを読む

こんにちは9

続きです。 ただ、残り3枚になってしまったので、いつもの人に早く、55番目の【読み切り小説】のメモを見せ終わらないと63番目の【読み切り小説】の紙のメモが作れないと言う状態ですね。 ただ、これは300ページ小説なので紙のメモは30枚になるのですが、【ユメミテ ゆめみめ】が上手く行くのなら、ページ数を減らしたり増やしたりするのではなく、100ページ小説として作り続けた方が良いのでは?と…

続きを読む

こんにちは8

続きです。 【ファジュルエナ】はこの試験の魔法特許を持っており、彼が試験に参加する事により、この試験が行われるのです。 と言う所までを書きました。 残りは3枚なので、このエピソードの結末を書いて、もう1エピソードくらい書けるかな?くらいの感じですかね? 続きます。

続きを読む

こんにちは7

続きです。 魔法陣にある六芒星の頂点と中央の7カ所に用意した器に力ある存在を召喚させるというもので、六芒星の頂点6つそれぞれに火、水、風、土、光、闇の属性のものを、中央には無属性のものを配置して【魔導士】がどの属性に対して強味を持っているかを判断する試験になります。 また、これは同時に、7つの属性のバランスを見るテストでもあります。 これを考案したのが【ファジュルエナ】です。 …

続きを読む

こんにちは6

続きです。 今回は試験の内容の打ち合わせとして訪れていました。 そうです。 試験の内容は【ファジュルエナ】が決めているのです。 【魔導士試験】の内容は、【魔法陣曼荼羅試験】と言うもので、魔法陣を曼荼羅に見立てて、簡単な宇宙を表現してもらい、それで才能を評価するというものでした。 続きます。

続きを読む

こんにちは5

続きです。 彼女は魔導士が集まって出来た【魔導士協会】と言う組織の理事を務めていて、新人魔導士を審査する立場の存在でした。 彼女が【ファジュルエナ】の元を直々に訪れたのは彼に【魔導士試験】の試験官になって欲しいからでした。 【魔導士協会】の理事に直接来られては【ファジュルエナ】も断り辛いとして、彼女が毎年、試験の時に合わせて彼の元を訪れていました。 続きます。

続きを読む

こんにちは4

続きです。 今回はいつものパターンとしてあった【ファジュルエナ】に対しての後ろめたさというものがありませんので、弟子の【愛理】を通してではなく、【ファジュルエナ】に直接依頼に来ました。 訪ねてきたのは、【ルイーザ】と言う女性です。 見た目は若い女性ですが、エルフなので、長生きをしていて有に800歳を超える年齢です。 続きます。

続きを読む

こんにちは3

続きです。 今日の紙のメモは62番目の【読み切り小説】の【能あるバカは知得(ちえ)隠す】のメモを17枚目まで取りました。 内容としては、【ルネ】を退けた主人公の【ファジュルエナ】とヒロインの【村井 愛理(むらい あいり)】ですが、またしてもお約束の訪問者が現れます。 続きます。

続きを読む

こんにちは2

続きです。 一応、母にも付き添ってもらい、帰りにお礼としてケーキをたっぷり買いましたが、ただでさえお金無いんだから無理しないのと怒られてしまいました。 ですが、僕としてはお礼を言いたかったので、怒られてでもケーキは買いたかったので満足です。 もちろん、兄にもケーキを買っていますので、仕事から帰ってきたらお礼を言おうと思っています。 続きます。

続きを読む

こんにちは1

こんにちは。 今日は午後から、幻冬舎さんへ出版代を振り込みに行ってきましたので更新が遅くなりあました。 これで、僕の方のアクションは大体やったので、直しとかが来たらやりますが、後は幻冬舎さんの方に頑張っていただいて来年八月の出版を待つだけとなりましたね。 続きます。

続きを読む

この後の予定

この後の予定ですが、番組を見ます。 今日はひたすら番組です。 今日のブログの更新は次がラストになります。

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第009話(初出し)030

第四章 如真(にょじん)と王神竜(おうしんりゅう)  キャリア達は二手に分かれてフラッグを探す事にした。  【天界エリア】の宇宙空間を探し回る二班。  フラッグのある場所――  それはすなわち、敵が守っている場所。  守りが厚い場所であると言える。  つまり、フラッグを探すという事は同時に敵を探す事と同じ意味であった。  早速、キャリア達Aチームの前には【如真】が、フォール…

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第009話(初出し)029

 フラッグを探し出す前に敵との戦闘は避けられないだろう。  だが、必要最低限の戦闘で終わらせる事を目指す事とする。  敵を全滅させる事に意味は無い。  それは大将を最後に倒すという意味だからだ。  どうせ大将を倒さなくてはならないのであれば、全滅させる必要などないのだ。  という訳で、作戦は決まった。  後は行動あるのみだった。

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第009話(初出し)028

 もしくは、  3:天界側と魔界側のエリアに立てた10旗ずつのフラッグをそれぞれ、天界側のは魔界側の指定エリアに、魔界側のは天界側の指定エリアに打ち立てる。  のどちらか有効な方を選択するという戦術を立てる事にした。  基本的には、10旗のフラッグを探してそれを確保、もしも仮に大将を見つけ、倒す事が有効だと判断した場合は、フラッグよりも大将を倒す事を選択するというものだ。  だが、10旗…

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第009話(初出し)027

 フラワ・デイジーとフラワ・ダリアは同じフラワ族だから離さない方が良いし、ルーカ・ウォモイとサディース・ティックもコンビだから一緒。  ジャンルとマドゥワスも同じキャリアの子としてのコンビネーションは期待出来る。  以上の3組を含めたパワーバランスを考えてのチーム編成だった。  次に、この二班が目指す勝利条件だが――  1:刺客を全滅させるはあり得ない。  4:天界側と魔界側の大将達に…

続きを読む

さて……

さて、今回も【初出し編】は【ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第009話(初出し)】となります。 6日目になりますね。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定6

続きです。 それと10月に入るので新番組が始まりますのでその選別作業もしないと行けないですね。 見る番組と見送る番組を分けないと行けませんので、そっちにも時間を持って行かれますね。 と言う訳で引き続き忙しくなりそうです。 以上ですね。

続きを読む

今日明日の予定5

続きです。 ただ、予定が詰まっているので、申し訳ありませんが、このイラストは比較的シンプルな作りのものになるかな?と思っています。 凝ったデザインのものを作る余裕はありませんので。 急いで作るからちょっと雑になるかも知れません。 とりあえず、ノートにキャラクターデザインは済んでいるので、後は下書きからですね。 そんな感じでやっていきます。 続きます。

続きを読む

今日明日の予定4

続きです。 なので、本格的に制作を再開するのは10月1日では無く、翌日の10月2日の土曜日になると思います。 まずはイラスト作業からですね。 来年の【よったろー屋本舗】の更新用ストックのイラスト30点の制作になると思います。 続きます。

続きを読む

今日明日の予定3

続きです。 なので火曜日の予定から木曜日の予定まで、午前中はバイト、午後は番組を見ることにします。 金曜日に10月1日になると思いますので、その時、制作を再開させます。 と言ってもこの日は制作日では無いので、【よったろー屋本舗】の更新だけして残りは番組を見る事になると思います。 続きます。

続きを読む

今日明日の予定2

続きです。 明日の予定ですが、午前中はバイト、午後はちょっと外出して来ます。 ブログの更新はいつもより少し遅く、夕方くらいになると思いますのでよろしくお願いします。 余った時間は番組を見ます。 水曜日か木曜日くらいには100番組切ったと言う報告をしたいと思っています。 続きます。

続きを読む

今日明日の予定1

今日の予定ですが、番組を見ます。 制作はしません。 【ユメミテ ゆめみめ】制作で貯まってしまった番組を消化して帳尻を合わせなくてはなりません。 なので今日も番組を見るのを中心にやっていきます。 続きます。

続きを読む

おはようございます4

続きです。 しばらく、【ユメミテ ゆめみめ】の作業で睡眠時間を削っていたので、ちょっと早起きがきついですね。 今日も1時か2時に起きようと思っていましたが、無理でした。 と言う様な感じですが、今日もよろしくお願いします。

続きを読む

おはようございます3

続きです。 一応、録画時間の長い、鬼滅の刃の総集編は全て見ました。 後、無限列車はまだ見ていないのですが、一応、ブルーレイを買っているし、見るのどうしようかと思っていますが、せっかくだから、見ようと思っています。 あぁ、こういうのは今日明日の予定で書くべき項目でしたね。 失礼しました。 続きます。

続きを読む

おはようございます2

続きです。 土日ですので見ている中、録画番組が増えているので、思ったよりも減りませんね。 残り100番組切りましたぁ~と書きたいのですが、そこまで行っていませんので書けません。 そのまま、来週に突入するのですが、平日にも番組を見続けて行く事によって、その時は多分、100番組切ったと言えるかも知れません。 全ては今日の頑張り次第ですね。 続きます。

続きを読む

おはようございます1

おはようございます。 今日は朝、三時から起きて番組を見ています。 まだまだ、番組は残っていますね。 最終手段として、前のブルーレイレコーダーの時にブルーレイにダビングが出来ずにハードディスクに録画して居た番組の再放送とかがある場合は見たつもりになって、早送りにして、終わらせると言う方法を取っていますが、それでもまだいっぱい残っていますね。 続きます。

続きを読む

この後の予定

この後の予定ですが、番組を見ます。 今日のブログの更新は次がラストになります。

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第009話(初出し)024

 74時間事に【天界エリア】と【魔界エリア】を行き来する事になる。  エリア内での移動時間も考えると1回辺りの戦闘可能時間はそれほど多くは無いとも言える。  戦闘の半ばでも時間が来れば戦闘の途中でも強制的にもう一つのエリアに移動する。  以上の情報を得てキャリア達は、まず、【天界エリア】に来たのだった。  11名では陣形をとって戦う事もままならない。  かといって一カ所に固まっていたら…

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第009話(初出し)023

 つまり、【天界エリア】での活動時間は一回分の昼間という事になる。  【魔界エリア】は昼間の様な状態の【天界エリア】の逆で、まるで夜の様な状態になる。  【魔界エリア】は夜から少し明るくなってまた次の夜がはじまるというのを繰り返すが、一回分の夜の後はまた、【天界エリア】に戻されるという事になる。  それが、無限にループされるというものだった。  【天界エリア】及び【魔界エリア】での昼間及…

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第009話(初出し)022

 【天界エリア】においては、宇宙空間の様な真っ暗な空間が無く、常に昼間の様な状況となっている。  夜は存在せず、夕焼けは存在するが、夕焼けの後はまた、朝日が昇るというのを繰り返す。  ただし、この無限ループにおいては、夕焼けとなった場合、【魔界エリア】に移動する事になる。

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第009話(初出し)021

第三章 戦術分析  キャリア達11名は【インフィニティー・ゼロ】へと足を踏み入れた。  【インフィニティー・ゼロ】の仕組みは天界の一部の【宇宙世界】と魔界の一部の【宇宙世界】がループ状につながっている。  それらは【天界エリア】と【魔界エリア】としてわけられている。  【天界エリア】の【宇宙世界】は【上空(じょうくう)】と【下空(かくう)】があり、【上空】が空にあたり、【下空】が…

続きを読む

さて……

さて、今回も【初出し編】は【ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第009話(初出し)】となります。 5日目になりますね。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定。

今日の予定ですが、番組を見ます。 明日の予定ですが、一日を通して番組を見ます。 明後日の予定ですが、午前中はバイトですが、午後は少し外出をしますので、ブログの更新は夕方くらいになると思います。 いつもより遅い更新になりますのでよろしくお願いします。 制作再開は10月に入ってからになります。 それまではひたすら貯まりに貯まった番組の消化作業です。 以上です。

続きを読む

こんにちは11

続きです。 その続きは、来週の月曜日に書くという事になりますね。 まぁ、いつもの人に見せるノルマがまだまだ終わっていませんので、もうちょっとスローペースで作らないとまた、メモを取るのをお休みして他の事をしなくてはならないと思いますので、ペースを落とします。 と言う様な事がありましたがただいまです。 今日もよろしくお願いします。

続きを読む

こんにちは10

続きです。 舌を挟まれた【ルネ】は激痛のため悶絶します。 そして、そのまましっぽを巻いて逃げ出したのでした。 と言う所まで書きましたね。 この時点で、15枚目の半分ですから、残りは5枚と半分ですね。 もう、1、2エピソードくらいはかけるのではないかと思っています。 続きます。

続きを読む

こんにちは9

続きです。 恐怖に駆られた【ルネ】は、「だ、騙すつもりは無かったんだ。つい……」と言ってごまかそうとしましたが、【ファジュルエナ】は予め、【閻魔の洗濯ばさみ】と言うアイテムを使って尋問していました。 これは嘘をつくと、【閻魔の洗濯ばさみ】が発動して、嘘をついた相手の舌を挟むと言うお仕置きアイテムです。 続きます。

続きを読む

こんにちは8

続きです。 幸い、【ルネ】は、【命の対価】と言うお守りアイテムを持っていたため、自分の命と引き替えにこれまで集めて来たたくさんのアイテムを全て失う事で、命拾いしました。 悔しがる【ルネ】の前に【ファジュルエナ】が現れて、「弟子の命を奪おうとしたね。この代償は高くつくよ」と言いました。 【ファジュルエナ】は怒りをあらわにしたのです。 続きます。

続きを読む

こんにちは7

続きです。 【ルネ】の【妄言】に対して、【ファジュルエナ】が取っていた方法は、【悪意反転鏡(あくいはんてんきょう)】と言う悪意をそのまま跳ね返すと言うアイテムを【愛理】に持たせていました。 彼女にはお洒落アイテムだと言ってです。 【ルネ】は【愛理】の命を代償(嘘の話を信じた事で効果発動のための生け贄と言う形になっていました)に嘘を本当の事にしようと思っていたのですが、【悪意反転…

続きを読む

こんにちは6

続きです。 続きです。 それを現実化するアイテム、【嘘から真の鏡】を使って【ルネ】は【愛理】を騙そうとしていました。 ですが、それは失敗に終わります。 元々、【愛理】が【ファジュルエナ】の利権を狙う者達からちょっかいをかけられやすいと思っていた【ファジュルエナ】は予め対策を取っていました。 続きます。

続きを読む

こんにちは5

続きです。 何をもって真実とするか? それは例え、真っ赤な嘘でもそれを信じた者の頭の中ではそれは真実となります。 その事を利用して【ルネ】は【愛理】の頭の中のイメージを利用して【ファジュルエナ】の宝をかすめ取ろうとしていました。 如何に真実は、【ファジュルエナ】が盗みを働いて居なかったとしても【ルネ】の話を聞いて、彼の話を信じてしまい、騙された【愛理】の中では【ファジュル…

続きを読む

こんにちは4

続きです。 それで、今日のメモとして、62番目の【読み切り小説】の【能あるバカは知得(ちえ)隠す】のメモの続きを書きました。 今回は15枚目の半分くらいまで書きましたね。 内容としては、ヒロインの【村井 愛理(むらい あいり)】にコンタクトをとってきた【ルネ】と言う少年が主人公の【ファジュルエナ】が盗みを働いて、自分はそれを取り戻しに来たと言う嘘を言うのですが、言葉巧みに言った…

続きを読む

こんにちは3

続きです。 それと言いますのも幻冬舎さんに高評価された、1番目の【読み切り小説】の【ユメミテ ゆめみめ】は100ページ小説だからです。 それなら100ページのままで良いのでは無いか?と思うようになったので、ページ数の少ない【読み切り小説】を作るのを一旦ストップしようと思ったと言う事ですね。 その話をしたので、いつもの人には【ムチプレのダイゴミ ニーナ編】のメモをろくに見せられま…

続きを読む

こんにちは2

続きです。 後、いつもの人にも今後、【読み切り小説】の作業で32番目以降のは、ちょっと保留にして、様子を見ると言う話をしましたね。 現在、いつもの人には52番目の【読み切り小説】の【ムチプレのダイゴミ ニーナ編】を見せ始めている所で、これは30ページ完成小説になりますが、果たして、ここまで完成ページ数を減らしても大丈夫なのか?とちょっと不安になったので、100ページ小説として考えてい…

続きを読む

こんにちは1

こんにちは。 今日もやっぱりバイトでした。 定位置でしたが忙しかったですね。 他にも色んな事をやりました。 ずっと動き回っていた感じですかね? 後、同僚が大掃除をしましたね。 寝床に使っていた所を昨日上の人にチェックされたらしく撤去せざるを得なかった様ですね。 続きます。

続きを読む

この後の予定

この後の予定ですが、番組を見ます。 今日のブログの更新は次がラストになります。

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第009話(初出し)020

 空しさだけがある戦い――それが、【インフィニティー・ゼロ】での最終決戦だった。  僅かでも救いがあるとすれば、キャリア達が勝つ事の方だろう。  何のために戦っているかもよく解らない戦い。  その戦いの火ぶたは正に切って落とされようとしていた。 続く。

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第009話(初出し)018

 神側と悪魔側としてもクアンスティータを強化させて誕生させたという事に対する罰を与えなければならないが、本音の部分では、クアンスティータの誕生が避けられない運命だったという事は十二分に理解しているし、それに対して、キャリア達に罪を着せる事が如何にむなしい事かも解っている。  キャリア達をどうしようと今更、クアンスティータが誕生したという事実は消えないのも解っている。  だから、神と悪魔側にし…

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第009話(初出し)017

 神側と同じく【七大王魔竜】だけは数に推測がつくが後は出会って戦うまで、その数は解らない。  【シークレットイグジスト(悪魔側大将)】もこの存在を倒す事によってキャリア達の勝利が確定するため、戦うまでは秘密とい事になっている。  つまりは、神側と悪魔側で戦力を均等に揃えたという事になる。  また、大将であるそれぞれの陣営での【シークレットイグジスト】を最強戦力である【眞秘神】や【超絶魔】に…

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第009話(初出し)016

 【七大王神竜】は数が7だと推測がつくが他の存在の数は不明だ。  該当の存在との最初の戦闘の時に上空に表示されるようだ。  戦闘中は上空などに気を配っている余裕はないので、該当する存在の初戦を倒した後でないと確認するのは難しいかも知れない。  【シークレットイグジスト(神側大将)】はこの存在を倒す事によってキャリア達の勝利が確定するため、戦うまでは秘密という事らしい。  悪魔側(魔界側)…

続きを読む

さて……

さて、今回も【初出し編】は【ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第009話(初出し)】となります。 4日目になりますね。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定2

続きです。 来週になったら、どこかで外出すると思います。 契約のための手続きですね。 今のところ、いつとは言えませんけどね。 制作は10月に入ったら再開します。

続きを読む

今日明日の予定1

今日の予定ですが、番組を見ます。 幻冬舎さんからのメールはまだチェックしていないのですが、来ていたとしても振込先の指定のメールだと思いますので、それは来週にやるとして、今日の所は大きな動きは無いと思います。 明日の予定ですが、午前中はバイト、午後は番組です。 日曜日は一日を通して番組を見ます。 続きます。

続きを読む

こんにちは7

続きです。 そうなるとまた、紙のメモを取らないで他の事をして時間つぶしという事になりますので、62番目の【能あるバカは知得(ちえ)隠す】の紙のメモも残り8枚ちょっとしかないですし、ゆっくり作ろうと思います。 と言う事になりましたがただいまです。 今日もよろしくお願いします。

続きを読む

こんにちは6

続きです。 明日もひょっとしたら重たい話をする事になるかも知れませんので、あまり進まないかも知れませんね。 でも、まぁ、63番目の【読み切り小説】の紙のメモは30枚なので、少なくとも、いつもの人に55番目の【読み切り小説】の紙のメモを見せ終わって自宅に引き取るまでは追加出来ませんからね。 続きます。

続きを読む

こんにちは5

続きです。 ですが、【ルネ】は鑑定書もあると主張します。 それを含めて、【ルネ】は自分の正当性を訴え、【愛理】は納得せざるを得ませんでした。 それを感じ取った【ルネ】は小声で「嘘から出た真……」とつぶやきました。 と言う所までですね。 その後の展開も出来れば書きたかったのですが、今回は時間がありませんでした。 続きます。

続きを読む

こんにちは4

続きです。 【ルネ】は【ファジュルエナ】に盗まれたものを返してもらいに来たと言いました。 ですが、【愛理】は俄には信じられません。 【ファジュルエナ】の人間性をある程度理解していた彼女にとって、【ファジュルエナ】が盗みを働いたとは思えなかったのです。 続きます。

続きを読む

こんにちは3

続きです。 訪ね人はまず、【愛理】にコンタクトを取ります。 どうやら、【ファジュルエナ】と直接交渉をするよりも【ファジュルエナ】の弟子である【愛理】を通しての方が話が通りやすいと思われている様です。 今回は、【ルネ】と言う少年でした。 続きます。

続きを読む

こんにちは2

続きです。 紙のメモは62番目の【読み切り小説】の【能あるバカは知得(ちえ)隠す】のメモを12枚目まで書きました。 内容としては、主人公の【ファジュルエナ】とヒロインの【村井 愛理(むらい あいり)】の元にまたしても訪ねて来た存在が現れると言う展開になります。 続きます。

続きを読む

こんにちは1

こんにちは。 今日もやっぱりバイトでした。 仕事はいつも通りだったのですが、朝と十時の休み時間で、とある人からちょっと重たい話をされたので、紙のメモが1枚分しか書けませんでしたね。 重たい話についてはその人のプライベートの事なので、割愛させていただきます。 続きます。

続きを読む

この後の予定

この後の予定ですがメールの確認をしてから番組を見ます。 久しぶりの鬼滅の刃を楽しもうと思います。 見終わったらすぐにブルーレイに焼こうと思っています。 今日のブログの更新は次がラストになります。

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第009話(初出し)015

 次に、敵の戦力だが――  神側(天界側)  神御(かみ)よりも位は下だが、力は上回るとされる【如真(にょじん)】、  【王神竜(おうしんりゅう)】、  【七大王神竜(ななだいおうしんりゅう)】、  【シークレットイグジスト(神側大将)】、  神の最強戦力とされる【眞秘神(しんぴしん)】、  以上の5種類の存在だ。 続く。

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第009話(初出し)014

 勝敗を決める条件は、先ほどの話にもあった様に――  1:刺客を全滅させる。  2:天界側と魔界側の刺客の大将をそれぞれ討ち取る。  3:天界側と魔界側のエリアに立てた10旗ずつのフラッグをそれぞれ、天界側のは魔界側の指定エリアに、魔界側のは天界側の指定エリアに打ち立てる(ただし、この場合は、天界側と魔界側は勝利条件の達成以前であれば更にフラッグを戻す事が出来るものとする)。  4:天界…

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第009話(初出し)013

 神と悪魔の軍勢はそれぞれのエリアでの上空に表示される事になっている。  これに対しては例え悪魔側でも偽りの無い報告をするという事になっている。  キャリアがあらかじめ事の真偽をオレンジの光体に当たる光体(実は変化している)で調べたが偽りは無いようだ。  あくまでも現時点ではの話だが。  勝負はキャリア達が【インフィニティー・ゼロ】に足を踏み入れた時点ではじまる。  一定期間で天界のエ…

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第009話(初出し)012

第二章 天界と魔界の無限ループ――【インフィニティー・ゼロ】での決戦へ  古都百合の【七曜の力玉】の日曜日の力――【再構成の母体】に包まれる事で体を最終決戦用に調整したキャリア達。  一方、神と悪魔の勢力も準備万全のようだ。  キャリア達11名は天界と魔界の無限ループへと足を踏み入れる事にした。  天界と魔界の無限ループは【インフィニティー・ゼロ(Infinity zero)】と…

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第009話(初出し)011

 それぞれ、神と悪魔の所有する宇宙世界として通じているのであるから。  その上で対策を練って挑んでくるはずだ。  ならば、新しい力で挑んだ方が勝機は高い。  古都百合はそう、言いたいのだ。  キャリア達は少し悩み―― 「そうね、お願いしようかしら」  と言って、【再構成の母体】に入っていった。  神と悪魔とキャリア達――双方、戦うための準備期間となったのだった。

続きを読む

さて……

さて、今回も【初出し編】は【ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第009話(初出し)】となります。 3日目になりますね。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定2

続きです。 明日の予定ですが、午前中はバイト、午後は番組を見ます。 土曜日も同じですね。 日曜日も一日を通して番組を見ます。 制作再開は10月に入ってからで、その時はまず【よったろー屋本舗】の更新からやろうと思っています。 その後はイラスト作業ですね。 そんな感じで行かせていただきます。

続きを読む

今日明日の予定1

今日の予定ですが、この後は、契約メールの確認だけします。 それらが終わったら、後は番組を見ようと思っています。 鬼滅の刃の総集編が4つ貯まっていますから、見ていこうかな?と思っています。 4つで、結構あると思いますので、今日はこれだけで終わってしまうかも知れませんね。 一応、現時点で、186番組まで減らしましたが、また増えるし、100を切るのはまだ、先ですね。 続き…

続きを読む

おはようございます。

おはようございます。 今日は朝、4時半起きです。 メールを確認したら、契約メールが届いていたので後で、確認ですね。 と言う訳で今日もよろしくお願いします。

続きを読む

この後の予定

この後の予定ですが、番組を見ます。 今日のブログの更新は次がラストになります。

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第009話(初出し)010

 つまり、古都百合が言いたい事とは――  【再構成の母体】に入り、自分達の力を再構築し、新たな力を持って最終決戦に望んだらどうか?と提案したのだった。  慣れない力であれば、実力が発揮出来ないという事もあり得る。  だが、この力の再構成は自分自身の意志で行うものである。  自分の意図に合った力を身につけられるという事を意味している。  慣れない力という事よりも自分にしっくりくる力という…

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第009話(初出し)009

 キャトラが、 「それはどんな力ニャン?」  と聞くと、古都百合は、 「この力は、基準時における曜日――月曜日から日曜日までで、使える力が異なる玉です。  今は日曜日――力を蓄える日となっています。  そのため、【七曜の力玉】は味方に力を与えるのに適した曜日となっています」  と言ったのだった。  更に、 「日曜の力は【再構成の母体】――この母体に包まれし存在は自身の力を再構成す…

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第009話(初出し)008

 キャリアは、 「え?どういう事?」  と聞くと古都百合は、 「私が持って居た力は三つ。  一つは【破源(はげん)の大皿(おおざら)】――これは古都薔薇(ことばら)からフラワ・ダリアに受け継がれました。  二つ目は【本願(ほんがん)の元種(げんしゅ)】――これは古都蘭丸(ことらんまる)からピリオド・エンドへと受け継がれました。  ですが、私にはもう一つ力が残って居ます。  【七曜(…

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第009話(初出し)007

 キャリア達の罪は不問とするというものだった。  神や悪魔としても、誕生してしまったクアンスティータへの対処も考えなくてはならないため、キャリア達に割ける人員にも限りがあるとの事だった。  つまり、刺客達をなんとかすれば無罪放免という事だった。  とは言え、神と悪魔の軍勢も相当な手練れを用意するだろう。  事実上の最終決戦とみて間違い無いだろうと思われた。  天界魔界ループエリアが出来…

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第009話(初出し)006

 天界側と魔界側の刺客の大将をそれぞれ討ち取る。  天界側と魔界側のエリアに立てた10旗ずつのフラッグをそれぞれ、天界側のは魔界側の指定エリアに、魔界側のは天界側の指定エリアに打ち立てる(ただし、この場合は、天界側と魔界側は目的達成以前であれば更にフラッグを戻す事が出来るものとする)。  天界側と魔界側の大将に降参を宣言させる。  刺客を天界側と魔界側のループエリアから全て追い出す。  …

続きを読む

さて……

さて、今回も【初出し編】は【ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第009話(初出し)】となります。 2日目になりますね。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定2

続きです。 金土の予定ですが、午前中はバイト、午後は番組を見ます。 今日、幻冬舎さんから届いて無かったら、金曜日になると思います。 契約作業に入るかどうかは届いたかどうか次第ですね。 日曜日も番組を見ます。 制作再開は10月に入ってからですね。

続きを読む

今日明日の予定1

今日の予定ですが、番組を見ます。 まだ確認していないのですが、幻冬舎さんから契約のメールが届いていたら、契約作業をすると思います。 明日の予定ですが、お休みですので、一日を通して番組を見たいと思います。 今週は番組を見ていく感じですね。 続きます。

続きを読む

こんにちは11

続きです。 後悔先に立たずと言う事ですね。 そんな感じのストーリー展開ですね。 今日書けたのはここまでですね。 明後日の金曜日からはまた新展開を考えると思います。 と言うことでしたがただいまです。 今日もよろしくお願いします。

続きを読む

こんにちは10

続きです。 こうして交渉が始まり、【重臣】はしてやったりと思っていたのですが、蓋を開けてみると価値の低い宝をつかまされて悔しがります。 そんな彼に【ファジュルエナ】は「女神の天秤は価値を同じにするものだよ。あなたがまともな取引を望んでいたらもっと違った結果になっただろうね。あなたはこの交渉で、信頼という部分でも損をした。結果的に見れば大損だと思うよ」と言いました。 続きます。

続きを読む

こんにちは9

続きです。 【重臣】が人間と竜の時の姿を利用して価値を操作するならばと【ファジュルエナ】もあるアイディアを考え出します。 それは、宝を隠す、【箱】自体に付加価値を付けると言うものでした。 【箱】を上質なものにすることによって中味の価値が低くても【等価均等天秤】では価値が高く評価されるというものです。 続きます。

続きを読む

こんにちは8

続きです。 つまり、人間として感じる宝よりもドラゴンとして感じる宝の方が価値が高いと言う事を利用したものでした。 そのため、【重臣】は【人間】として、【ファジュルエナ】と交渉の席についたのです。 続きます。

続きを読む

こんにちは7

続きです。 そこで、交渉の場に同行していた【愛理】が「なんでケチなの?」と言う疑問に対して【ファジュルエナ】は「彼は存在を利用してローリスク、ハイリターンを狙って居るんだ」と答えました。 それは、自分の宝を用意する時は人間の老人として、【ファジュルエナ】の宝を欲する時は、竜の姿になって双方の宝の価値を調節しているという意味でした。 続きます。

続きを読む

こんにちは6

続きです。 双方交互に一品ずつ【等価均等天秤】に品物を乗せて行き、最終的に100品目で、バランスが取れれば良いと言う感じで、価値による重さを調節していきます。 お互い100品を乗せ終わったところで均等な価値となり交渉がスタートします 続きます。

続きを読む

こんにちは5

続きです。 その取引を老人の姿のままで行おうとする【重臣】に対して、【ファジュルエナ】は、「あまり、けちるとろくな事がないよ」と忠告します。 【重臣】は「はて、何の事やら?」ととぼけます。 そんな感じで交渉がスタートします。 続きます。

続きを読む

こんにちは4

続きです。 【等価均等天秤】とは重さではなく、物の価値を計る天秤になります。 それを箱詰めして、中味が解らないようにして100品ずつ秤に乗せ、その中から3品を取引すると言うものでした。 価値としては100種類全ての合計価値が等価値であれば良いので、選択次第では大したことの無い品を渡して、ものすごい価値のあるものを手に入れる事も可能となります。 続きます。

続きを読む

こんにちは3

続きです。 【重臣】の正体は名も無き【エンシェントドラゴン】でした。 【重臣】は【ファジュルエナ】と所有物のぶつぶつ交換をしたいと言ってきました。 交換の方法は、【天秤の女神】の【等価均等天秤(とうかきんとうてんびん)】による等価値の取引を行いたいと言うものでした。 続きます。

続きを読む

こんにちは2

続きです。 メモの内容としては、主人公の【ファジュルエナ】とヒロインの【村井 愛理(むらい あいり)】の元にまた訪ねて来る存在が居ました。 【ファジュルエナ】の噂を聞きつけて、【辰田 重臣(たつた しげおみ)】と言う老人が訪ねてきました。 続きます。

続きを読む

こんにちは1

こんにちは。 今日もやっぱりバイトでした。 いつも通りでしたね。 今日は62番目の【読み切り小説】の【能あるバカは知得(ちえ)隠す】の紙のメモを再開しました。 頑張って、11枚目まで突入しましたね。 残りは9枚ちょっとと言う感じになっています。 続きます。

続きを読む

追伸。

追伸。 幻冬舎さんから連絡が来ました。 明日か金曜日に契約書が送られてくるのでそれにサインして、9月30日までに一回目の振り込みをして契約開始と言う事になりそうですね。 一応、問題無く進みそうです。 いよいよですね。 と言う事ですが報告させていただきます。

続きを読む

この後の予定

この後の予定ですが、番組を見ます。 今日のブログの更新は次がラストになります。

続きを読む

この後の予定

この後の予定ですが、番組を見ます。 今日のブログの更新は次がラストになります。

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第009話(初出し)005

 つまり、待っていると、この楽園界の入り口で戦闘になると言う事だ。  それは古都百合の復活でお世話になった楽園界に申し訳が立たないとして、楽園界から出て戦うという事を神と悪魔の軍勢と話し合う事にした。  神と悪魔の軍勢は足止めして、天界と魔界の無限ループに誘い込む事が目的な訳だから、言われなくてもそれに従うと言えば、交渉は成立したと言っても良かった。  早速、代表者としてキャリアはやって来…

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第009話(初出し)004

 彼女は惑星ウェントスなどに立ち寄った後、Fと名乗る男――怪物ファーブラ・フィクタに捕まり、光の惑星ルーメンと闇の惑星テネブライの間の無限ループに捕まった事があった。  それが彼女の本格的な戦いの始まりだった。  キャリアは交互にルーメンとテネブライを行き来し、ルーメンでは神の軍勢と――テネブライでは悪魔の軍勢との戦いを強要されたのだ。  そこから、キャトラやフォールなどを仲間とし、彼女の…

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第009話(初出し)003

 だが、まだ、天界と魔界――そのどちらを先に行くかを決めて居ない。  どちらを先に行けば良いのか判断がつかないのだ。  それを決めるため、多数決を取り、どちらの宇宙世界を先に行くか決めて居ると、古都百合が、 「……どうやら、どちらに決める必要は無いようですよ……」  と言った。  それは何故か?  答えはあることの再現だった。  あること――それは、キャリアがファーブラ・フィクタ星…

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第009話(初出し)002

 そこへ行くメンバーは、  キャリア・フロント・バック、  猫神キャトラ、  はぐれ使愚魔(しぐま)フォール、  ジャンル、  マドゥワス、  ピリオド・エンド、  フラワ・デイジー、  フラワ・ダリア、  ルーカ・ウォモイ、  サディース・ティック、  そして、最強の助っ人となる復活した古都百合(ことゆり)の合計11名だ。  この11名が神と悪魔の用意した最強戦力とぶつ…

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第009話(初出し)001

第一章 決戦の宇宙世界へ  キャリア・フロント・バック一行は現在、楽園界(らくえんかい)の入り口に来ていた。  これから楽園界を訪れるのではない。  楽園界の用事を済ませ、決戦の宇宙世界となる神が支配する天界(てんかい)という宇宙世界か、悪魔が支配する魔界(まかい)という宇宙世界のどちらかに行こうとしていたのだった。  キャリア達に対し、神と悪魔は最強戦力を動かしたという事で、そ…

続きを読む

さて……

さて、今回から【初出し編】は【ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第009話(初出し)】となります。 1日目になりますね。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定5

続きです。 まぁ、今は番組を見るのに忙しくて、そんな時間は確保出来ませんけどね。 今はとにかく見ていない番組を減らす。 それに尽きますね。 金土も午前中はバイト、午後は番組を見ます。 日曜日も日中はずっと番組を見ることになります。 制作再開は10月に入ってからを予定しています。 制作報告が出来なくて申し訳ありませんが9月中に出来るだけ番組を減らそうと思っ…

続きを読む

今日明日の予定4

続きです。 再編集版かも知れませんが、僕としては前の放送の時は古いブルーレイレコーダーでデータが消えてしまったので、ありがたい話です。 今度は仮にブルーレイレコーダーが壊れても大丈夫な様にすぐにブルーレイソフトに焼こうと思っています。 続きます。

続きを読む

今日明日の予定3

続きです。 明日の予定ですが、午前中はバイト、午後は番組を見ます。 今週はとにかく番組の消化に力を入れます。 木曜日はお休みですが、一日を通して番組を見ます。 まだ、鬼滅の刃の様な大物は見ていませんし、この時を使って見るかも知れません。 続きます。

続きを読む

今日明日の予定2

続きです。 今日くるかも知れませんし、別の日になるかも知れません。 ただ、幻冬舎さんからの連絡が来たら、それなりの対処をすると思います。 契約前に原稿を変更して欲しいと言う事にはならないと思いますけど、臨機応変に対応したいと思います。 続きます。

続きを読む

今日明日の予定1

今日の予定ですが、番組を見ます。 昨日も大分見ましたが、それでも無茶苦茶貯まっているのは変わりありません。 今日も番組の消化です。 ただ、幻冬舎さんからいつ連絡が来るか解りません。 続きます。

続きを読む

こんにちは11

続きです。 ここまでがおさらいと言う事になりますね。 明日からは紙のメモの上での新展開を書いて行く事になると思います。 と言う感じになりましたが今日もよろしくお願いします。

続きを読む

こんにちは10

続きです。 その事がきっかけで、【愛理】は今まで【ファジュルエナ】の事を【ファジュちゃん】と呼んでいたのを【先生】と呼び変える事になりました。 と言う所まで書いたと思います。 この物語は【ファジュルエナ】が【能ある鷹は爪を隠す】様に、色んな隠し玉を持っていると言う話になります。 続きます。

続きを読む

こんにちは9

続きです。 【ファジュルエナ】は受けた依頼だからと言うことで、【マヌェカル】の本心を消しました。 残ったのは【マヌェカル】の建前の心のみ。 言ってみれば空っぽになったと同じ意味でした。 結局、【マヌェカル】は精神科に入院する事で決着しました。 続きます。

続きを読む

こんにちは8

続きです。 そして、【ファジュルエナ】は真犯人を見つけます。 真犯人は【マヌェカル】の別の心でした。 多重人格者だったのです。 【マヌェカル】は自分の本心を隠すために【ファジュルエナ】に依頼して代わりの犯人を見つけてもらい納得したかったのです。 続きます。

続きを読む

こんにちは7

続きです。 【愛理】は親切心からそれを快く引き受けますが、【ファジュルエナ】は難色を示しました。 【マヌェカル】の事を疑ってかかっているのです。 【愛理】がそれでもやってと言うと、【ファジュルエナ】はどの様な結果になってもかまわないならやると言いました。 【マヌェカル】の依頼は自分達の村を全滅させた真犯人を見つけて仇を討って欲しいとの事でした。 続きます。

続きを読む

こんにちは6

続きです。 【ファジュルエナ】はそこでちょっとエッチな物を作り出したりして【愛理】に怒られると言う生活を送っていました。 そんな生活に慣れてきた頃、【愛理】を訪ねる者が居ました。 名前は、【マヌェカル】と言う女性です。 【愛理】に【ファジュルエナ】を紹介して欲しいと願います。 続きます。

続きを読む

こんにちは5

続きです。 そんな【ファジュルエナ】が新たな肉体に転生する儀式を行っている時、【愛理】が出てきて、儀式は失敗、【ファジュルエナ】は昔、人身御供に出された生け贄の名も無き少女の肉体に転生してしまいました。 その事を反省した【愛理】は、【ファジュルエナ】を自分の家に居候させる事にします。 続きます。

続きを読む

こんにちは4

続きです。 また、この2キャラはその前に作った5ページ限定のイメージストーリーとキャラクターの名前が変わっていますが、これは単に僕が元の名前を忘れたからつけ直しただけです。 内容としては【ファジュルエナ】は太古の大魔導士(だいまどうし)であり、肉体が寿命を向かえる前に新たな肉体に転生する事で生きながらえて来た存在です。 続きます。

続きを読む

こんにちは3

続きです。 また、この作品は【ファーブラ・フィクタ4/ヴェヌファユアの謎夢想(めいむそう)稀義(まれよし)編】の冒頭部分のオマージュ作品となっています。 主人公としている【ファジュルエナ】は【和諷 稀義(わふう まれよし)】からイメージ変換したキャラクターですし、ヒロインの【村井 愛理(むらい あいり)】も【テロメア・永久(とわ)】と言うキャラクターをイメージ変換したキャラクターにな…

続きを読む

こんにちは2

続きです。 それでは、今日は読み返しをしたので62番目の【読み切り小説】の【能あるバカは知得(ちえ)隠す】のおさらいです。 まず、タイトルの【知得】は【知恵】ではなく、わざと【知得】にしています。 なので誤字ではありません。 知識によって得るものと言う意味です。 続きます。

続きを読む

こんにちは1

こんにちは。 今日からまたバイトです。 と言っても木曜日がお休みで土曜日が出勤なので二日出て一日休んでまた二日出ると言う感じになりますね。 今日は大きな全体朝礼があって色々新ルールを言われましたね。 僕自身はあんまり影響ないですけど、同僚やWさん、NOさん、MATさんあたりは思いっきり影響ありそうな新ルールですね。 僕はやる必要が無くなった事が出たので逆に楽になった…

続きを読む

お休みなさい。

それでは、今日はこれで失礼します。 今はとにかく一秒でも惜しいので、余計な更新はせずにこれで終了とさせていただきます。 ではお休みなさい。 また、明日。

続きを読む

この後の予定

この後の予定ですが、番組を見ます。 【ユメミテ ゆめみめ】を提出し終えたので、今はひたすら番組を見るのを最優先させたいと思っています。 時間が惜しいので次の更新をラストとさせていただきます。

続きを読む

さて……2

さて、今回で【ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第008話(初出し)】も終了です。 明日からは【ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第009話(初出し)】になります。 ルーメン・テネブライ編完結まで残り2話ですね。 ルーメン・テネブライ編が終了したら次はタティー・クアスン編をやりますのでこちらもよろしくお願いします。

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第008話(初出し)084

 ルーカとサディースは、 「あ、良いわねぇ~それ」  と言ったが、ピリオド・エンドは、 「酒は飲んでも飲まれるな……」  と言った。  ルーカは、 「違い無いわね。その切はお世話になりました」  と言った。  それで、笑いが広まった。  どこまでもやれそうな雰囲気だった。

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第008話(初出し)083

 メンバーの中で立ち去る者は誰1人居ない。  みんな、気持ちは一つだった。  ここまで、苦楽をともにしてきた事が絆を深めたと言って良いだろう。  キャリアは目頭が熱くなる。  思わずこぼれそうな涙をぬぐい、 「じゃあ、やるよ、みんな。後悔したって遅いからね。みんなで幸せを勝ち取ろう。その後は祝杯だ」  と言った。

続きを読む

さて……

さて、今回も【初出し編】は【ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第008話(初出し)】となります。 17日目になりますね。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定4

続きです。 紙のメモの予定ですが、明日のバイトの休み時間で、62番目の【読み切り小説】の【能あるバカは知得(ちえ)隠す】のおさらいをして、水曜日から続きを書いて行く事になると思います。 いつもの人にはまだ、55番目の【読み切り小説】の紙のメモを見せ終わっていませんので、そこまではゆっくり作る事になると思います。 以上ですね。

続きを読む

今日明日の予定3

続きです。 来週のどこかで幻冬舎さんから連絡が入ると思いますが、その時はその対応をするという事で、それ以外は番組を見ます。 今週も土曜日は出勤です。 10月に入るまで番組を出来るだけ減らしたいと思っています。 まぁ、ゼロにする事は無理ですけどね。 せめて、数十番組までに減らしたいと思っています。 と言う訳で頑張ります。 制作再開はもう少しお待ち下さい。 …

続きを読む

今日明日の予定2

続きです。 明日の予定ですが、午前中はバイト、午後は番組を見ます。 今週の制作は中止します。 とにかく出来るだけ時間を使って増えすぎてしまった番組を減らしていきたいと思っています。 水曜日も同様です。 木曜日は休日ですので、この日に見ていない番組を減らすのをかなり稼ぎたいと思っています。 続きます。

続きを読む

今日明日の予定1

今日の予定ですが、今日も引き続き番組を見ます。 一日を通して、番組を減らしたいと思っています。 今日も録画番組は増えて行きますが、今日が終わるくらいには出来れば、残って居る番組が100番組代に減っていることを期待したいと思っています。 ちょっと無理かも知れませんけどね。 続きます。

続きを読む

おはようございます2

続きです。 昨日はブログの更新こそしましたがほぼ、番組を見るのに時間を使えました。 今、242番組だったとしたら昨日は何番組あったんだ?と思うと、ちょっとゾッとしますね。 考えたくない量の番組が残っていたに違いないですね。 まぁ、それは考えないとして、3本や4本分貯まっている番組がたくさんありますからね。 その間に最終回を向かえてしまっている番組もちょろちょろ出てき…

続きを読む

おはようございます1

おはようございます。 今日は朝、3時から起きて番組を見ています。 今の時点で、242番組が残っています。 あまり減っていませんが、それは、鬼滅の刃以外の45分以上の番組を中心に見ているからですね。 30分以下の番組を残す事によって、後で番組の数が減らしやすい様にしているためです。 時間が長いと倍速でもちょっとした合間に見るのも難しいですからね。 たくさん見れる…

続きを読む

追伸13

続きです。 【ファーブラ・フィクタ】を出版用に考えるとそんな感じで縮めるしかないかな?ともちょっと考えています。 それでもテレメ・デ編は24話で他の本体よりも多い話数ですからね。 そんな感じで、ちょっと制作状況をどうするか考えたりもしながら番組を見ています。 と言う事を書きたかったのでちょっと更新しました。

続きを読む

追伸12

続きです。 縮める所としては第七本体クアンスティータ・テレメ・デ編の所になるんですかね? テレメ・デ編は24×3シリーズの合計72話を考えていますが、これは、テレメ・デが他の本体と異なり、本体が1核だけでなく、歪本体(わいほんたい)として7つ持って居る事、また、その奥に三竦み×2つと【レインメーア】と言う存在が隠れている事から他の本体のシリーズよりも多めにしているのですが、正直な気持…

続きを読む

追伸11

続きです。 なので、予定していた31番目の【読み切り小説】までは100ページとして作りますが、その後の作業は止めておいた方が良いかな?と今では思っています。 中編小説が本当に需要があるのかちょっと疑問に思ってしまっていますのでね。 それと【ファーブラ・フィクタ】のファーブラ・フィクタ編の作業ですが、この先、たくさん出版する事を考えると話数を縮める事も視野に入れないと行けないかな…

続きを読む

追伸10

続きです。 【ユメミテ ゆめみめ】で契約出来るのであれば、無理にページ数を減らさなくても、100ページ小説として作って行って良いのでは?と今では思っていますね。 なので、31番目の【読み切り小説】までは100ページ小説として考えていて、32番目から40番目は80ページ、41番目から44番目が60ページ、46番目から50番目は40ページとだんだんページ数を減らして作って行くやり方が果た…

続きを読む

追伸9

続きです。 それと今回お世話になっている方とは別の編集者の方に今の主流は中編小説で、4万文字くらいになっているのが普通だよと言われたのはどうなったんだろうか?と思っています。 今回、契約になりそうな【ユメミテ ゆめみめ】は100ページ小説として作ったのであって、25ページ小説として考えているのは、51番目から55番目の【ムチプレのダイゴミシリーズ】の5つが30ページ小説、56番目から…

続きを読む

追伸8

続きです。 そうやって【ファーブラ・フィクタ】の設定を切り売りして【読み切り小説】でも使って宣伝しようかな?と考えています。 続編を作るとしたら世界最強の想像力を持っているとされる【おじさま】と同等の力を持つとされる【夢見女(ゆめみめ)】も登場すると思いますので、そこで使おうかな?と。 また、制作についてもちょっと考える事がありまして、【読み切り小説】も70作も出版出来ないので…

続きを読む

追伸7

続きです。 ただ、レアク・デ編も13話がノルマなので、たった13話だけだと、【話祖(わそ)】の良さを十分表現出来ないまま終わると思っているので、他の作品でも使ってみようと思っています。 ちなみに【話祖(わそ)】とは紡いだ言葉が全部現実になる力を持った存在達の事をさします。 クアンスティータの勢力の中では最も有名とされている勢力で、【変様何(へんようか)】、【よそもの】に続く実力…

続きを読む

追伸6

続きです。 使う要素としては第六本体クアンスティータ・レアク・デの勢力、【話祖(わそ)】の力を使おうと思っています。 現時点では第五本体クアンスティータ・リステミュウム編が完結して、次の第六本体クアンスティータ・レアク・デ編に入る前のクアンスティータ休眠編に入る前に入った所で止まっていますので、【ファーブラ・フィクタ】本編ではまだ本格的に登場させていませんけどね。 続きます。

続きを読む

追伸5

続きです。 そこで、僕としては、小回りの利く、【読み切り小説】から少しやって行こうと思っています。 【ファーブラ・フィクタ】の宣伝としては、【エブリスタ】さんで公開中の【クエスト・ガイド~冒険案内人】の中でも架空のストーリーとして少しだけ触れていますが他ではやっていないので、もし、【ユメミテ ゆめみめ】の続編の話が来たら、【ファーブラ・フィクタ】の要素を少し使ってみようと思っています…

続きを読む

追伸4

続きです。 途中で寿命か事故などで僕は死にます。 となると必然的に、【物語】の選別が必要になります。 それをどうしようか?と言う所まで同僚と話していました。 この後は、僕が独自に考えていた事ですが、幻冬舎さんとの話では【ファーブラ・フィクタ】はゲームになりそうで面白そうですが、長すぎるので、まずは【読み切り小説】で【ユメミテ ゆめみめ】でやりましょうという話になっていまし…

続きを読む

追伸3

続きです。 幻冬舎さんで話が進んでいる【ユメミテ ゆめみめ】も契約してから約一年間の作業があってようやく、出版となります。 2冊目以降の出版のための運転資金として印税が入ると考えてもそれは2年後という事になりますね。 本を作るまでに1年間のペースでやっていたらとても70作なんて発表出来ません。 続きます。

続きを読む

追伸2

続きです。 また、【ファーブラ・フィクタ1】だけで終わらせるとしても300話以上あるので難しいねと言う事も言ったりしていました。 また、【読み切り小説】も現在70番目まで予定されているので、これも現実問題として、全てを公開するのは不可能ではないかと言う話もしましたね。 続きます。

続きを読む

追伸1

追伸。 昨日書き忘れた事があったので、もう少し更新しようと思いました。 実は昨日、同僚と少し話をして、僕の出版の話になったんです。 その時に僕は既に無くなったIさんと言う人と【ファーブラ・フィクタ】と言う作品を世に出す約束をしているという話をしたのですが、【ファーブラ・フィクタシリーズ】は全部で1990話あるので幻冬舎さんでそう言うお話があったとしても僕が生きて居る内に、全部を…

続きを読む

この後の予定

この後の予定ですが、番組を見ます。 今日のブログの更新は次がラストになります。

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第008話(初出し)080

 キャリア達は決戦を覚悟するのだった。  キャリアは、 「これは私が売られた喧嘩よ。みんなは助かるかも知れない。止めるなら今かも知れない。それでも私に着いてきてくれますか?」  と聞いた。  フォールは、 「今更、何を……元よりどこまでも共にと思っている」  と言い、キャトラは、 「そうそう、今更ニャン。帰るつもりにゃらとっくに帰っているニャン」  と言い、  ジャンルは、 …

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第008話(初出し)079

 このまま、仙界の善峰の所で暮らすという手もある。  だが、そのままだと、天界と魔界からいつ、攻めてくるか解らない不安と共に過ごすという事になる。  決着をつけなければいつまでもその不安は消える事は無い。  生きている限りはだ。  いや、死亡しても安住の地という訳にはいかないかも知れない。  ならば、行くしか無い。  天界と魔界、それぞれの宇宙世界に。  この二つの宇宙世界で完全に…

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第008話(初出し)078

 古都百合は【封凶岩】に封じられて居てもキャリア達の行動をずっと見ていた。  古都百合は一族の魂を救済してくれたと言っても良いキャリア達に返しても返しきれない恩が出来た。  大きな借りが出来たまま、このまま成仏する訳にはいかないのだ。  キャリア達のピンチに協力する事が何よりの恩返しと言えると判断して復活を果たしたのだった。  キャリア達にとっても、古都百合の力を借りられるのであれば、か…

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第008話(初出し)077

 そう、神と悪魔の最強戦力は天界と魔界に集中しているのだ。  事は古都百合の魂を解放させただけでは終わらないという事を意味していた。  クアンスティータの力を強化させてしまったキャリアとその仲間達をこのまま、神と悪魔が黙って見ているだけという事ではないという事だった。  報復に出るという事だ。  なので、立ち向かわなければならない。  それには、現在のキャリア達では戦力不足だ。  も…

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第008話(初出し)076

 キャリアが3人に代わりその疑問を本人に聞いてみると、古都百合は、 「それは、私の力が必要となる時が近づいているという事です。神と悪魔の最強戦力が動きだそうとしています。私はそれを感じ、復活する事にしたのです」  と言った。  神と悪魔の最強戦力?  それは一体、どういうことなのだろうか?  それは、キャリア達がまだ、訪れて居ない宇宙世界の残る2つ、神が支配する天界と悪魔が支配する魔界…

続きを読む

さて……

さて、今回も【初出し編】は【ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第008話(初出し)】となります。 16日目になりますね。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定3

続きです。 明後日の火曜日も制作は中止して、午前中はバイト、午後は番組を見ます。 来週は一週間かけて番組を減らして行こうと思っています。 木曜日も休みですしね。 これを利用すれば結構、減らせるのでは無いかと思っています。 と言う感じでしばらく行かせていただこうと思っています。 以上です。

続きを読む

今日明日の予定2

続きです。 今も当然、見なくて、音を聞いて居れば良い番組を流しながらの更新作業となっています。 時間の節約ですね。 明日の予定ですが、明日も一日を通して番組を見る予定です。 今日明日でどれだけ減らせるかが肝ですね。 続きます。

続きを読む

今日明日の予定1

今日の予定ですが、番組を見ます。 とにかく消化です。 土日で録画番組も増える状態ですので、いくら見ても思ったよりも番組の数が減りませんが少しでも減らして行きたいと思っています。 【ユメミテ ゆめみめ】のチェック修正に時間をかけすぎましたからね。 かつて無いくらいのとんでもない数の番組が貯まっていますね。 これをせめて数える気になるくらいまで減らしたいと思っています。…

続きを読む

おはようございます3

続きです。 それでもメンバーの1人がしつこく絡もうとするとその男がキレて、主人公達を全滅させるのですが、主人公達のメンバーの重鎮達はその男の事を覚えていて、その男にだけは手を出してはならんと言っているシーンがその前にあると言う感じですね。 まぁ、状況をひっくり返すと言うシーンは【ファーブラ・フィクタ】のラスボス、【クアンスティータ】も登場シーンでやってますけどね。 夢の中ではも…

続きを読む

おはようございます2

続きです。 今回は久しぶりに見た夢の記憶が残っていますね。 いつも見ても忘れてしまっていて記憶に残って無かったんですけど、何回か見た記憶のある夢でした。 簡単に言ってしまえば、【ファーブラ・フィクタ】を超える作品を作っている夢ですね。 多分、何パターンか見ているのですが、今回はその内の1つの夢を見ているパターンでしたね。 覚えていると言っても断片的なんですが、物語の…

続きを読む

おはようございます1

おはようございます。 今日は朝3時半起きでした。 疲れを取るためもっと眠ろうと思っていましたが、起きてしまったので、そのまま動く事にしました。 でも、まぁ、昨日は余りにも眠くて7時半に寝たので十分、睡眠時間は取れたと思っています。 と言う訳で朝から番組を見ています。 今はとにかく番組を減らさないといけませんからね。 番組によっては3週分、4週分貯まっているのも…

続きを読む

行ってきます。お休みなさい。

ブログでも何か気の利いた事を書きたいなと思っているんですが、済みません。 時間的余裕が無いので、とにかく、今は番組を見るのを優先させたいと思っています。 それでは今日はこれで失礼します。 行ってきます。 お休みなさい。 また、明日。

続きを読む

この後の予定

この後の予定ですが、外出する時間ギリギリまで番組を見ます。 その後、バイトに行ってまっすぐ帰って来ます。 その後は番組を見る事になると思います。 今日のブログの更新は次がラストになります。

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第008話(初出し)075

 3人は古都百合はとうの昔に亡くなっている故人だと思っていた。  なので、3人は復活ではなく、古都百合の魂の解放――つまり、成仏を願っていたのだ。  死してなお、復讐の念にかられている古都百合の魂を癒やそうと【楽園石】を求めたのだ。  決して復活させようと思ったのではない。  だがしかし、彼女は肉体を持って、今、この場に居る。  宙に浮いてはいるが、確かに命の息吹を感じている。 …

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第008話(初出し)074

 古都百合は、 「おぉ……そなたは……どことなく、古都蘭丸の面影が……そちらの2人には古都薔薇の雰囲気が……」  と言い涙した。  こうしてみると、幽界の者達が恐れた恐ろしい力を持つ悪霊の様な存在だとはとても思えない。  心優しい美しい女性に見えた。  だが、内には激しい情念(じょうねん)を持っているのだ。  そんな彼女に対し、ピリオド・エンドとフラワ族の2人は安堵したと同時に疑問も…

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第008話(初出し)073

 一族総出――そう、古都百合の子孫はピリオド・エンドとフラワ族の2人しか残って居ない事を意味していた。  悲しい事だが、ほぼ事実と言えるだろう。  他の子孫は古都百合の緊急時にも関わらず動きを見せていない。  ならば、ほぼ、他の子孫は居ないと見た方が賢明だった。

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第008話(初出し)072

 それに呼応したのか、みるみると封凶岩が崩れて行く。  封凶岩が崩れ去った後に残ったもの――  それは、封じられていた最強の悪霊とされていた古都百合だった。  すぅっと目を開く古都百合。  辺りを少し見回す。  ピリオド・エンドがかけより、 「古都百合様。私は貴女様のご子息、古都蘭丸様の子孫であるピリオド・エンドと申します。こちらの2人もご息女、古都薔薇様の子孫であるフラワ族のフラワ…

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第008話(初出し)071

第七章 動き出した神と悪魔の最強戦力  ピリオド・エンドはキャリアから【楽園石】を受け取り、運んで来た【封凶岩】の隙間に入れた。  すると――  ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ…

続きを読む

さて……

さて、今回も【初出し編】は【ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第008話(初出し)】となります。 15日目になりますね。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定5

続きです。 ですが、既に紙を確保している62番目の【読み切り小説】の【能あるバカは知得(ちえ)隠す】分は作れますので、来週の火曜日から読み返して、水曜日から続きを書こうと思っています。 なので、火曜日のブログの更新はそれまでのおさらいを書いて、水曜日からメモの続きを書くことになると思います。 今日のバイトはまだ、作りません。 お休みして何か他の事をやっています。 そ…

続きを読む

今日明日の予定4

続きです。 バイト中の休憩中のメモ作業ですが、今、現在は、いつもの人に51番目の【読み切り小説】の【ムチプレのダイゴミ 一洋(いちよう)編】の紙のメモを見せている状態ですので、まだしばらく、紙のメモは増やせない状態です。 せめて、55番目の【読み切り小説】の【ムチプレのダイゴミ 五郎(ごろう)編】が見せ終わってから増やせるかな?と思っています。 続きます。

続きを読む

今日明日の予定3

続きです。 明日の予定ですが、早朝作業をやりたいのはやまやまですが、ここの所、早起きが続いていて眠い状態が続いていますので、(今日は多めに寝ましたが)明日明後日の休みは6時くらいまで寝て眠気を取りたいと思っています。 寝るのも立派な仕事だと思っていますので。 日月の休みの日中はひたすら番組を見ていきます。 とにかく、9月中は番組の消化。 それに尽きると思っています。…

続きを読む

今日明日の予定2

続きです。 最終手段として、兄によく言われる番組を見ないでデリートという手がありますが、この手だけはなるべく使いたくないので、倍速で出来るだけ見たいと思っています。 このブログの更新も見ないで聞くだけで良いと思っている番組をチョイスして流しながらの更新作業となっています。 とにかく出来るだけ時間を節約して見ていきます。 続きます。

続きを読む

今日明日の予定1

今日の予定ですが、この後からバイトに行ってきます。 今日は出勤ですね。 戻ってからはまた番組を見る予定です。 正直、今、どれくらい貯まっているかを書ける状態ではありません。 これまでの作業優先で、ものすごく貯まっているのは事実です。 数えていませんが、200以上あるのは確実ですね。 続きます。

続きを読む

おはようございます。

おはようございます。 パソコンを使おうとしたら変な入力を強制されて焦りましたね。 何でこんなもんあるんだと思いました。 それはおいておいて今日はなるべく番組を見るのに集中したいので、ブログは朝、更新する事にしました。 昨日、幻冬舎さんと連絡が取れて、原稿は受け取ったので、読んでから改めて連絡をするというお返事をいただきました。 つまり、それまで、作業はお休みという事…

続きを読む

この後の予定

この後の予定ですが、番組を見ます。 今日のブログの更新は次がラストになります。

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第008話(初出し)070

 キャリア達は力を合わせて問題を一つ一つ解決して行ったのだった。  気づいた時には、8つの層、全ての問題を解決していた。  新たに問題も発生している様だが、約束を取り付けた時点での問題は全て解決したという事になる。  キャリア達は約束通り、中央層の役人から念願の【楽園石】を一つ、譲り受ける事に成功したのだった。 続く。

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第008話(初出し)069

 これで、問題解決した層は4つとなった。  解決したのは――  右側陸層、  左側海層、  左側空層、  右側他層の4つだ。  陸・海・空・他の層は一つずつ解決したという事になる。  残る4つの層は――  左側陸層、  右側海層、  右側空層、  左側他層の4つだ。

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第008話(初出し)068

 早速、アーマスはこの考えを右側他層のマグマエリアと氷結エリアの代表者それぞれに提案した。  狙い通り、相手も出ていくのであれば、仕方ないとの返事が返って来た。  負けは嫌だが、引き分けならば、仕方ないと受け入れた様だ。  プリンスとプリンセスの一件以来、お互いの顔も見たくないというのは避けられない。  ならば、離れれば良い。  元々、そのために、楽園界は層が分かれているのだから。 …

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第008話(初出し)067

 それを聞いたフラワ・デイジーは、 「いえ、お役に立てればと……恥ずかしいです」  と言い、フラワ・ダリアは、 「さすがです、フラワ・デイジー」  と言った。  フラワ・ダリアはフラワ・デイジーのこの部分を自分には無い特技として評価しているのだ。

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第008話(初出し)066

 それを聞いたキャリアは、 「それじゃ、移動した場所で、新たに問題が発生するでしょ?問題解決には……」  と言ったが、フラワ・デイジーは、 「いえ、ですから、別々の場所にお引っ越しするのです。引っ越し先が左側他層だというのが問題であるのであれば、右側陸層と右側海層にお引っ越しされてはどうですか?右側陸層であれば、マグマエリアをつけても問題ないでしょうし、右側海層であれば、氷結エリアをつけて…

続きを読む

さて……

さて、今回も【初出し編】は【ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第008話(初出し)】となります。 14日目になりますね。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定4

続きです。 日月とお休みですが、この日も番組を見るのを優先させたいと思います。 制作は10月に入ってからする予定です。 それまでは制作はお休みタイムに突入ですね。 番組を急いで見ないと行けないから休んでいる気はしませんけどね。 と言う様な感じで行きたいと思います。 以上ですね。

続きを読む

今日明日の予定3

続きです。 明日の予定ですが、午前中はバイト、午後は番組を見ます。 幻冬舎さんからの連絡が無い限り、9月中は番組を減らす事に力を入れようと思っています。 10月に入ったら新番組もたくさん始まりますからね。 その前に出来るだけ消化したいと思います。 続きます。

続きを読む

今日明日の予定2

続きです。 バイトから帰ってからパソコンメールをチェックしましたが幻冬舎さんからの返信はありませんでしたので、何があるという訳ではありません。 今は制作(【ユメミテ ゆめみめ】のチェック修正)のやり過ぎで貯まり過ぎてしまった番組を減らす事を優先させたいと思います。 続きます。

続きを読む

今日明日の予定1

今日の予定ですが、今朝早起きして幻冬舎さんに【ユメミテ ゆめみめ改訂版】を送ったので、制作ノルマは終了です。 後は、たくさん貯まりすぎている番組を見ていく事に力を注ぎます。 データを送信してから、その後はバイトに行くまで番組を見ていますが、全体の雀の涙程度の番組しか減らせていませんので、引き続き見ていきたいと思います。 続きます。

続きを読む

こんにちは。

こんにちは。 今日もやっぱりバイトでした。 いつも通りでしたね。 ただ、早起きが続いていて眠かったですね。 戻ってきてからは母に気を遣っていましたね。 何でキレるか解らないので、とりあえず、幻冬舎さんとの契約が完了するまで下手に出るしかないですね。 これも出版するための我慢だと思えば、何ともないですね。 と言う事でしたがただいまです。 今日もよろし…

続きを読む

おはようございます。

おはようございます。 朝早く失礼します。 たった今、幻冬舎さんに【ユメミテ ゆめみめ】を送りました。 これでしばらく制作はお役ご免ですかね。 後は貯まりに貯まった番組を見ていこうと思います。 昨日は幻冬舎さんの事務所を探しに行ったんですけど、プリントした地図が間違っていて結局、建物にある番地を確認して探す事になってしまいましたね。 なので、探すのが大変でした。…

続きを読む

この後の予定

この後の予定ですが、バイトに行ってきます。 その後は外出などをすると思いますので、一応、今日のブログの更新は次がラストになる予定です。 よっぽどの事が無い限り、更新はしないと思います。

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第008話(初出し)065

 このままではマグマエリアと氷結エリア以外の右側他層のエリアにも戦火が広がる可能性があるので、事は急を要するとの事だった。  どちらも折れない――最悪の環境だ。  どうすれば良いのか検討もつかない。  キャリア達は困ってしまった。  だが、根っからの平和主義者、フラワ・デイジーだけは別だった。  戦闘面ではほとんど活躍出来ない彼女だが、和平問題での引き出しの多さは他のメンバーよりもかな…

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第008話(初出し)064

 問題はこれで万事上手く行く――そう思われたが、違っていた。  今度はどちらが左側他層に行くかでもめだしたのだ。  右側他層から左側他層に移動するという事はすなわち、片方の勢力に追い出された形と同じ意味だとお互いが主張しあい、どちらの勢力も右側他層から出ていこうとしないのだ。  どっちが勝ったかに異常に執着しているのだ。  くだらない――そう、切って捨てるのは簡単だが、それぞれのエリアに…

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第008話(初出し)063

 2人は出会い、恋をして、そして消滅した。  マグマで出来たプリンスと氷で出来たプリンセスでは体質的に全く合っていなかったのだ。  プリンスとプリンセスはそれでもお互いの思いを受け止め合って納得して消滅したのかも知れない?  だが、残された同族達はたまったものではなかった。  お互い、プリンスが、プリンセスが相手に殺されたと判断したのだ。  それから、ことあるごとに衝突を繰り返している…

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第008話(初出し)062

 よく言えば様々な要素を盛り込めたエリアと言えるだろうが、逆に悪く言えば、一カ所に全部押し込められたエリアとも言えた。  そのため、楽園界でも衝突が多い層とされている。  色んなエリアがあるため、全部が争っているという訳では無いが、中でも誰の目にも顕著に現れているのが、マグマエリアと氷結エリアの衝突だろう。  簡単に表現しても熱いと冷たいである。  性質的に犬猿の仲だというのは誰でも知っ…

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第008話(初出し)061

第六章 戦争の問題  キャリア達は、新たに仲間になったルーカとサディースも引き連れて、4番目の層である右側他層に着いた。  ここは陸・海・空のどこでもない。  その他の地域となっている。  ここは、陸・海・空のエリアとするには少しから大分違うものをひとまとめにした層でもある。

続きを読む

さて……

さて、今回も【初出し編】は【ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第008話(初出し)】となります。 13日目になりますね。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定4

続きです。 まだ、数えたく無いので、数えていませんが、大体、200番組前後まで減ってきたくらいかな?と思えたら数えようと思っています。 それまでは、ひたすら番組を見ていく事になると思います。 幻冬舎さんから何らかの指示が無い限り、基本的にブログの更新以外の作業は10月に入ってからにしようと思っています。 制作中心で来てしまったのでその調整(番組を見る)に後半は使っていきた…

続きを読む

今日明日の予定3

続きです。 明後日の予定ですが、出勤日ですので、午前中はバイトに行ってきます。 午後は番組を見る予定ですが、幻冬舎さんの反応でどうなるかはちょっとまだ読めません。 幻冬舎さんには金曜日にデータを送ると伝えていますので、その通りの予定で進めようと思っていますので、土曜日からの予定は未定という事にさせて下さい。 多分、番組が異様に貯まっていますので、それを消化していく事になる…

続きを読む

今日明日の予定2

続きです。 明日の予定ですが、バイトに行く前に幻冬舎さんにメールで【ユメミテ ゆめみめ改訂版】のデータを送信しようと思います。 そのまま午前中はバイト、午後は番組を見ようと思っています。 多分、今日中に作業は終わると思いますので、明日は幻冬舎さんから連絡が無ければ、ずっと貯まっている番組を見ていこうと思っています。 続きます。

続きを読む

今日明日の予定1

今日の予定ですが、午前中はバイト、午後はお昼ご飯を食べてから、幻冬舎さんの事務所を確認するために外出します。 行き先を昨日、調べたんですが、思ったよりも、幻冬舎さんの建物がありそうですね。 と言う訳で何カ所か回って確認しようと思っています。 家に戻って来たら、10回目のチェック修正の続きをしようと思っています。 このペースなら問題なく、今日中に終わると思います。 続…

続きを読む

おはようございます2

続きです。 さて、今日は午後から幻冬舎さんの事務所を確認しに行く予定ですので、ブログの更新は朝、する事にしました。 と言う訳で今日もよろしくお願いします。

続きを読む

おはようございます1

おはようございます。 今日も早起きで朝1時から作業をしています。 おかげさまで、【ユメミテ ゆめみめ】の10回目のチェック修正もほぼ終盤近くまで進みました。 この調子で、帰ってから作業をすれば、ノルマの10回は達成する事になりますね。 10回目でもやっぱりちょこちょこ直しがありましたね。 続きます。

続きを読む

この後の予定

この後の予定ですが、とにかく時間がありません。 制作として、【ユメミテ ゆめみめ】の9回目のチェック修正を終わらせて、10回目のチェック修正に入りたいと思っています。 ある程度、目処がついたら残り時間は番組を見ます。 今日のブログの更新は次がラストになります。

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第008話(初出し)060

 ルーカとサディースは酒癖の悪さをなんとかすれば、そんなに悪い者達では無かった。  ルーカは、 「ありがとね。私は、ルーカ・ウォモイ、よろしくね」  と言い、サディースは、 「私は、サディース、サディース・ティックよ。まぁ、よろしくね」  と言った。  キャリア達も自己紹介をして、正式な仲間となったのだった。  これで、問題を解決すべき層の数は後5つとなった。 続く。

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第008話(初出し)059

 これで、譲渡の件は無くなった。  仮に、彼女達が敗北しても、勝者へ、力が譲渡される事は無くなったのだ。  次に、お宝だ。  彼女達にその情報を教えてもらったキャリアはキャトラとフォール、ジャンルとマドゥワスの四名に素早く伝達。  4名は戦線を離脱し、ルーカとサディースが求めているお宝探索に向かう。  そして、宝を全て見つけてくるとそれを彼女達に渡した。  となれば、もはや、この左側…

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第008話(初出し)058

 キャリア達はルーカとサディースへの挑戦者達の一部を引き受けて戦闘を開始した。  それで、ある程度、空いた2名にメンバーの中で一番、言葉が達者なピリオド・エンドが交渉に向かった。  ルーカとサディース、ピリオド・エンドも他の挑戦者達との戦闘も多少はしながらだったが、なんとか交渉は上手く行きそうだった。  ピリオド・エンドはこちらの条件を説明し、ルーカとサディースをスカウトしたいという事と、…

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第008話(初出し)057

 なにせ、今まで、左側空層に集まって来ている挑戦者達を退けてきているのだから。  そこで、どうせならスカウトするという事でキャリア達の方針は固まった。  この左側空層の後にも5つの層での問題を解決しなくてはならないのだ。  恐らくは戦いがメインの問題解決となるだろう。  基本的には無法者達が暴れて居るという問題なのだから。  ならば考えるまでも無い事だ。  味方にしてしまおう。  …

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第008話(初出し)056

 問題は彼女達の酒癖の悪さだ。  お調子者だから、酔った勢いで、また、調子の良い事を言うかも知れない。  ならば、彼女達の使った儀式の特定と彼女達のお宝探索の両方を叶えるしかない。  キャリア達は、 (め、面倒臭い……)  と一同に思ったのだった。  だが、仲間にして、戦力強化するのも一つの手では無いかという考えも浮かんだ。  唯一文と無二文――この使い手2名が仲間になれば、さぞや…

続きを読む

さて……

さて、今回も【初出し編】は【ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第008話(初出し)】となります。 12日目になりますね。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定3

続きです。 金曜日の予定ですが、午前中はバイト、午後は番組を見ますが、幻冬舎さんにメールを送ります。 【ユメミテ ゆめみめ改訂版】のデータも添付します。 後は、番組をひたすら見ていく事になると思います。 数えたくないくらい番組が貯まっていますからね。 少しずつでも消化したいと思っています。 後の予定については今は良いですね。 データを提出したら予定が変わ…

続きを読む

今日明日の予定2

続きです。 明日の予定ですが、午前中はバイト、午後はお昼ご飯を食べた後から幻冬舎さんの事務所を見に行ってきます。 資料と契約書を見ると、住所が3カ所あるので、一応、全部、確認して来ようと思っていますので、それなりに時間がかかると思います。 ブログの更新は朝すると思います。 帰って来たら、少し制作もすると思います。 続きます。

続きを読む

今日明日の予定1

今日の予定ですが、制作をして、【ユメミテ ゆめみめ】の10回目のチェック修正に入ります。 ノルマとして10回修正を目標にしていますので、今日中に10回目に入ります。 ちょっとだけ番組も見ると思います。 続きます。

続きを読む

こんにちは3

続きです。 51番目の【読み切り小説】の【ムチプレのダイゴミ 一洋編】から56番目の【読み切り小説】の【ムチプレのダイゴミ 五郎編】までをいつもの人に見せ終わったら、62番目の【読み切り小説】の【能あるバカは知得(ちえ)隠す】のメモを再開しようと思っています。 後、K先輩からのメールで、電子書籍を出したら、ツィッターで拡散してくれると言う話があったので、本名では無く、ペンネームとなる…

続きを読む

こんにちは2

続きです。 今日もやっぱりバイトでしたね。 久しぶりの所に助っ人に行きました。 ここも、約一名、問題のある人が居るのですが、無視しましたね。 自分のミスなんだから、素直に認めなさいよと言う言葉は飲み込みました。 いつもの人には【ユメミテ ゆめみめ】の大体の内容を説明したので、明日からは、51番目の【読み切り小説】の紙のメモを見せる事になると思います。 続きます。

続きを読む

こんにちは1

こんにちは。 ブログ2はメンテナンス中だったので夜中の更新が出来ませんでしたので、もう一度書きます。 今日は一時半から起きて作業をしています。 現在、【ユメミテ ゆめみめ】の9回目のチェック修正の後半にさしかかった所です。 昨日、幻冬舎さんにも自分で改善点が出なくなるくらいまでチェック修正をしてから送りますと宣言しました。 その目安は10回修正ですので、9回目と10…

続きを読む

この後の予定

この後の予定ですが、ちょっと制作をします。 8回目のチェック修正の続きをします。 2時過ぎになったら病院に行きます。 今日のブログの更新は次がラストになります。

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第008話(初出し)055

 戦闘中の彼女達にどうやって教えるかという問題と、仮に解呪の儀式が成功したとして、それを挑戦者達に伝えなくてはならない。  もう、譲渡の儀式は無効になりましたと言われて、素直に挑戦者達が挑戦を止めるかどうかははなはだ疑問が残る。  では、やはり、彼女達がお宝を全て、手に入れてこの左側空層を出て行く事か?  いや、これも問題がある。  例え、出て行ったとしても、彼女達の儀式が有効な限り、他…

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第008話(初出し)054

 彼女達とまともに話す時間さえないだろう。  ――と、なれば、こちらで忖度(そんたく)して動くしか無いという事になる。  では、どうする?  ピリオド・エンドの【本願の元種】を使うか?  いや、ダメだ。  彼女達の願い事が解らないと種を使っても効果が無い。  同様に、フラワ・ダリアの【破源の大皿】で具現化させる方法も無理だろう。  では、やはり、戦闘中のルーカとサディースの二名を遠…

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第008話(初出し)053

 だとすれば、彼女達が探しているお宝を全て見つけ出して渡すか、キャリアが彼女達をオレンジの光体でサーチして、使った儀式を特定して教えるかのどちらかで解決するものと思われた。  だが、それだと挑戦者達の事が考えから抜けていた。  そもそも、彼女達がお宝を探せないのはひっきりなしに挑戦者達が挑戦してくるからである。

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第008話(初出し)052

 層管理役人達としては、争いの元になっている彼女達にこの左側空層から出て行って欲しいのだが、どうやら、彼女達は左側空層で狙っているお宝がいくつかあるらしく、挑戦者達からの挑戦を受ける毎日ではそれを探す事もままならない状況だという。  だから出たく無い――というらしい。

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第008話(初出し)051

 それで、彼女達の力に目がくらんだ、欲深き挑戦者達に狙われる羽目になってしまったのだ。  言ってみればおバカな話である。  挑戦者達は彼女達がどの儀式をしたか知っているが、唯一文と無二文欲しさに絶対に口を割らない。  それどころかあの手この手を使って、彼女達を負かそうとやってくるのだ。  噂が噂を生み、彼女達を倒せば力が手に入ると知った有象無象の挑戦者達がやがて、左側空層中に広まったのだ…

続きを読む

さて……

さて、今回も【初出し編】は【ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第008話(初出し)】となります。 11日目になりますね。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定4

続きです。 金曜日の予定ですが、午前中はバイト、午後は番組を見ます。 ただ、午後、もしくはバイトに行く前に幻冬舎さんに、【ユメミテ ゆめみめ改訂版】のデータを送信しようと思っています。 9月30日契約の方向でお願いしようと思っています。 土曜日は出勤ですので制作はお休みします。 日月はお休みですが、制作ではなく貯まりに貯まった番組を見ると思います。 以上ですね。

続きを読む

今日明日の予定3

続きです。 明後日の予定ですが、午前中にブログを更新して、午前中はバイト、午後は幻冬舎さんの事務所を見に行きます。 戻ってきたら番組を見ますが、また、制作としてチェック修正もするかも知れません。 書いた以上、10回チェック修正をしたいと思っていますので。 続きます。

続きを読む

今日明日の予定2

続きです。 明日の予定ですが、午前中はバイト、午後はちょっと制作をします。 【ユメミテ ゆめみめ】のチェック修正をする予定ですが、多分、明日も早朝に起きて作業をして、9回目に突入するかも知れませんね。 目標は送信する前に10回チェック修正をするという感じですかね。 それを実行するには今日もちょっとやるべきですかね? 続きます。

続きを読む

今日明日の予定1

今日の予定ですが、この後、2時半の予約で、病院に健康診断とメタボの薬をもらいに行ってきます。 おしっこで痩せる薬なんですが、最近、体重が減らなくて困って居るんですよね。 このまま、この薬を飲み続ける事になるのかな?と思っています。 病院から帰って来たら番組を見ます。 続きます。

続きを読む

こんにちは5

続きです。 バイトですが、また、ちょっと助っ人に行きましたが、それ以外はいつも通りでしたね。 至って平穏な一日でした。 62番目の【読み切り小説】の【能あるバカは知得(ちえ)隠す】の紙のメモはまだ書いていません。 いつもの人と同僚にこんな感じの話になるとして、【ユメミテ ゆめみめ】のあらすじを書いて見せていましたので。 と言う事でしたがただいまです。 今日もよ…

続きを読む

こんにちは4

続きです。 約束では今週の金曜日までに出すと言う事になっていますので、ギリギリのギリギリまで修正を繰り返そうと思っています。 今、8回目ですので、9回、10回と出来れば良いかなと思っています。 とにかく、データを送信するまで、修正を繰り返そうと思っています。 続きます。

続きを読む

こんにちは3

続きです。 あまり意味の無さそうな余韻の様なものがほとんど無く、サクサク展開する様になっていますね。 それを全ページを通してそうなっていますね。 なので、僕的には低く見積もっても、120%は面白くなっていると思うんですよね。 と言う訳で、これを幻冬舎さんに提出するのが楽しみです。 続きます。

続きを読む

こんにちは2

続きです。 今日はいつもの人や同僚に【ユメミテ ゆめみめ】とはどういう様な話かを話しましたね。 と言っても大まかな内容を話しただけですので、あらすじを言った様なものですね。 何度もチェック修正をして以前のものより面白くなっていると言う点は一切話していませんね。 どんな感じになっているかと言うと、金言とか名言、駆け引きなんかを多用していると言う事になりますね。 元々、…

続きを読む

こんにちは1

こんにちは。 今日も早起きして作業をしました。 ずっと早起きが続いていますね。 今日は三時からです。 おかげさまで、【ユメミテ ゆめみめ】の7回目のチェック修正も終わり、8回目に入っています。 このまま、改善案が出なくなるまで繰り返して修正しようかな?と思っていますね。 続きます。

続きを読む

この後の予定

この後の予定ですが、制作をします。 その後は番組を見ます。 今日のブログの更新は次がラストになります。

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第008話(初出し)050

 クアンスティータは例外として考えても良いので、正に、それぞれ、ルーカとサディースしか使えない呪文を持っているというのだ。  そして、彼女達は、自分達を負かした者にこの呪文を譲渡すると豪語しているのだ。  身から出たさび――さっさと、その意見を無効にすれば良いのに、基本的にお調子者である彼女達は酒に酔った弾みで、それぞれ、唯一文と無二文を使って、譲渡の儀式を行っているのだ。  だが、譲渡の…

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第008話(初出し)049

 存在達――というからには1名ではない。  2名居た。  ルーカ・ウォモイとサディース・ティック――この2名が問題とされる2名だ。  では、このルーカとサディースの2名が何故、他の存在から狙われるのだろう?  それは、彼女達の持っている力にあった。  ルーカが使う唯一文(ゆいいつもん)、  そして、サディースが使うという無二文(むにもん)――これが狙いだった。  唯一無二という言葉…

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第008話(初出し)048

第五章 唯一文(ゆいいつもん)と無二文(むにもん)の問題  キャリア達は【ミクスミックス】の玉を左側空層に持っていった。  空のエリアであれば、海水は無いので、問題無いと判断したのだ。  と、同時にこの左側空層の問題をアーマスに紹介してもらった。  ここは、問題を起こしているというよりはある意味、被害者であるという感情を問題の存在達は抱いているらしい。  自分達は喧嘩を売られて…

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第008話(初出し)047

 すると、【ミクスミックス】に植え付けられた【本願の元種】は芽を出し、瞬く間に、【ミクスミックス】の要素を分解し始めた。  気づいた時には、【ミクスミックス】は球体に封じ込められ、体の中から他の生命体は全て追い出されていた。  後は、この球体を他の層に持っていけば万事解決だった。  この左側海層はこの【ミクスミックス】の問題が(左側海層共通の脅威となっていたため)大部分を占めていたので、こ…

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第008話(初出し)046

 このコンビでうまく行くかどうかは微妙だった。  だが、やるしか無い。  クアンスティータでは無いのだ。  いくらでも方法がある訳じゃ無い。  キャリア達にとってはこの方法しか思いつかなかった。  緊張しながら、キャリアとピリオド・エンドは【ミクスミックス】に近づき、タイミングを見計らう。  そして、絶妙のタイミングで、種を植えた。  すぐさま、踵を返し、その場から離れる。  後…

続きを読む

さて……

さて、今回も【初出し編】は【ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第008話(初出し)】となります。 10日目になりますね。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定3

続きです。 日月と休みですが、その時は番組を見ようと思っていますが、データを送った状況でどうなるか未定ですので、一応、まだ解らないと言う事にしていてください。 17日にデータを送ったら、基本的には今月中は番組を見るのを優先させたいと思っています。 10月に入ってからイラスト作業を始めます。 以上ですね。

続きを読む

今日明日の予定2

続きです。 余った時間は番組を見ます。 水曜日の予定ですが、午前中はバイト、午後は2時間だけ制作をします。 7回目のチェック修正をします。 何だかんだで早起きして作業をする事になると思いますので、7回目のチェック修正も出来ると思います。 木曜日の予定ですが、午前中はバイト、午後は幻冬舎さんを見に行きます。 なので、ブログの更新は朝すると思います。 金曜日…

続きを読む

今日明日の予定1

今日の予定ですが、2時間ほど制作をして、6回目のチェック修正をします。 今日は夜中の二時から作業をしていましたので、すぐに終わると思います。 続けて7回目のチェック修正も始めようと思っています。 明日の予定ですが、午前中はバイト、午後は病院で健康診断とメタボの薬をもらいに行きます。 それで何ですけど、前に嘘書いてしまいましたね。 予約は3時じゃなくて2時半でした。 …

続きを読む

こんにちは3

続きです。 と言う訳で7回やろうと思います。 ラッキーセブンですしね。 やっぱりこういう表現の方が良いと思う事って結構あって、そのたびに修正(たまに元に戻す)作業をやったりして居るんですよね。 まぁ、どこかで決めないと行けないんですけどね。 と言う様な事がありましたがただいまです。 今日もよろしくお願いします。

続きを読む

こんにちは2

続きです。 実は、今朝も早起きして作業をしていて、現在、6回目のチェック修正に入っています。 本当は5回でやめるつもりでしたが、昨日、試しに6回目のチェック修正をやったらまた間違えが出てきたので急遽6回目もやることにしました。 このままのペースだと金曜日までは7回チェック修正が出来そうですね。 続きます。

続きを読む

こんにちは1

こんにちは。 今日からまたバイトです。 今週は六日間勤務ですね。 今日は久しぶりにミスが多い所に助っ人に行きました。 何だかんだで、後半は全部そこでしたね。 まぁ、久しぶりだから良いですけどね。 続きます。

続きを読む

この後の予定

この後の予定ですが、お昼まで制作をします。 お昼になったら、制作を打ち切って残りは番組を見ていきます。 今日のブログの更新は次がラストになります。

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第008話(初出し)045

 優秀な探知能力があるのはキャリアだ。  彼女がピリオド・エンドに指示を出して、【ミクスミックス】の体内に種を植えるしかない。  だが、【ミクスミックス】は驚異的な早さで、自分の体の体積を増やしている。  それを相手に成功させるには、キャリアが的確なタイミングでピリオド・エンドに指示を出さなくてはならないという事を意味していた。  タイミングを間違えば、ピリオド・エンドは【ミクスミックス…

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第008話(初出し)043

 残念ながら古都百合を復活させるという力は無いがかなりの力を持っているアイテムでもある。  今回のケースで言えば、【ミクスミックス】の力の分解という事になる。  つまり、【ミクスミックス】のボディになる海の部分に、この種を一つ植えれば、種が、【ミクスミックス】の共有生命化現象を破壊してくれるというものだ。  問題があるとすれば、この種を使う事が出来るのはピリオド・エンド(もしくは封印されて…

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第008話(初出し)042

 【本願の元種】――そう呼ばれたアイテムは瓶詰めにされた種だった。  瓶に意味は無い。  ただの入れ物だ。  中の種こそが受け継いだアイテムだった。  この種は時間が経つと増える。  だが、そのスピードは決して速くは無い。  長時間、特定の水につけていると種の数が少し増えるというアイテムだった。  そのため、多用は出来ない貴重なアイテムだった。  そして、その種には願いを込める事…

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第008話(初出し)041

 そこに、ピリオド・エンドが、 「どうやら、切り札を出す時が来たようだね」  と言ってきた。  キャリアが、 「切り札?」  と聞くと、ピリオド・エンドは、 「そう。古都百合様の三大兵器――それは、一つは古都百合様自身が持ち、残る二つは、古都蘭丸様と古都薔薇様にそれぞれ、引き継がれた。古都薔薇様の引き継いだ力は、【破源の大皿】――つまり、フラワ・ダリアさんの力だ。そして、古都蘭丸様の…

続きを読む

さて……

さて、今回も【初出し編】は【ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第008話(初出し)】となります。 9日目になりますね。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定14

続きです。 日中の作業は【読み切り小説】の清書作業で忙しいので、【ストーリーα/ソウルメイト・レガシー】は【プハンタシア・クアンティタース】の後の早朝作業ということになると思いますけどね。 あぁ、行けない。 こんな事ダラダラ書いている余裕は無かったですね。 それでは、これくらいにさせていただきます。 以上です。

続きを読む

今日明日の予定13

続きです。 後、出来れば、紙のメモも取った事だし、【ファーブラ・フィクタIF/ストーリーα/ソウルメイト・レガシー】の第001話も作りたいですね。 これは連載小説ですが、100ページ小説になりますけどね。 【ストーリーβ】から【ストーリーδ】までの3作は来年の【よったろー屋本舗】でイラストを公開しないので、そっちは後でもかまいませんけどね。 せめて、【ストーリーα/ソウル…

続きを読む

今日明日の予定12

続きです。 ここまでは何とか100ページ小説として完成に持っていきたいと考えていますね。 後、出来れば連載小説として、【プハンタシア・クアンティタース 恭精(きょうせい)編】本編プロローグ第003話と【プハンタシア・クアンティタース 踊詩(ようし)編】本編プロローグ第001話~第003話も作りたいと思っています。 これは、こっそり制作として、二連休の時の早朝作業としてやりたいと…

続きを読む

今日明日の予定11

続きです。 (21)【きゅぴ子の観察日記―君とあなたが出逢うまで―】、 (23)【不思議倶楽部(ふしぎくらぶ)】、 (24)【七色のファム・ファタル】、 (26)【気になるあの娘達……】、 (27)【造神闘技(ぞうしんとうぎ)ボーイズサイド】、 (28)【神妙想創(しんみょうそうそう)ガールズサイド】、 (29)【君のための物語Aコース(冒険編)】、 …

続きを読む

今日明日の予定10

続きです。 【ユメミテ ゆめみめ】以外の小説の活動は一応、31番目の【読み切り小説】の【君のための物語Cコース/SF編】が完成してからと決めているので、とりあえず、そこまでは清書を済ませたいと思っています。 残りは11作で、 (19)【彼と彼女の一人旅】、 (20)【僕と私の秘密旅】、 続きます。

続きを読む

今日明日の予定9

続きです。 10ヶ月分、30点のイラストの割り振りは【ファーブラ・フィクタIF/ストーリーα/ソウルメイト・レガシー】のヒロイン5人でまかなおうと思っています。 10月以降は幻冬舎さんとのやりとりもあるのかも知れませんので、必ずしもこの通りやれるとは限りませんが、出来たら、その後から、19番目の【読み切り小説】の【彼と彼女の一人旅】の清書も開始したいと思っています。 続きます。

続きを読む

今日明日の予定8

続きです。 早朝作業として、【プハンタシア・クアンティタース 恭精(きょうせい)編】第003話を作るのと、来年の分の【よったろー屋本舗】の更新用イラストを作る事になると思います。 このイラストは前に書きました通り、作業効率を上げるため、水着イラストを多用させていただきます。 続きます。

続きを読む

今日明日の予定7

続きです。 その翌日の日曜日、26日もやっぱり番組を見る事になると思います。 怖いくらい貯まっていますからね。 それでその次の週の土日からまた二連休が始まりますが、その時から、制作を再開させようと思っています。 続きます。

続きを読む

今日明日の予定6

続きです。 23日の木曜日の祝日も同様ですね。 番組を見る事になるのでは無いかと思っています。 これまで払ってきたツケを払って消化して行くことになると思います。 その次の土曜日ですが、この日も出勤日なので、制作はお休みします。 続きます。

続きを読む

今日明日の予定5

続きです。 日曜日と次の月曜日は恐らくお休みになると思いますが、番組を見る事になると思います。 これまで作業優先で来ましたからね。 見ていない番組が考えたくないくらい貯まってしまっています。 その番組の消化と言う事になりますね。 続きます。

続きを読む

今日明日の予定4

続きです。 金曜日の予定ですが、午前中はバイト、午後は幻冬舎さんに【ユメミテ ゆめみめ改訂版】のデータを送ります。 それで、9月30日契約開始の方向で話を進めさせていただこうと思っています。 土曜日の予定ですが、出勤日ですので午前中はバイト、午後は番組を見る事になると思いますが、金曜日の幻冬舎さんの対応次第で予定が変更になる可能性がありますので、一応、予定としては未定にしておい…

続きを読む

今日明日の予定3

続きです。 水曜日の予定ですが、午前中はバイト、午後は制作になります。 【ユメミテ ゆめみめ】の作業を1、2時間かけてやります。 残っている作業の量次第で作業時間は変更になると思います。 木曜日の予定ですが、午前中はバイト、午後は幻冬舎さんの事務所を見に行きます。 なので、ブログの更新は朝すると思います。 続きます。

続きを読む

今日明日の予定2

続きです。 明日の予定ですが、午前中はバイト、午後は番組を見ます。 ただし、1、2時間は制作をします。 今日の続きをすると思います。 火曜日の予定ですが、午前中はバイト、午後は病院に行きます。 病院は午後三時の予約ですので、ブログの更新は午後からになると思います。 続きます。

続きを読む

今日明日の予定1

今日の予定ですが、この後もお昼の時間まで制作を続けて行こうと思っています。 【ユメミテ ゆめみめ】の最終チェック作業をします。 今日の目標としては、三分の二以上進めば良いかな?と思っています。 それならば、月水金で1、2時間ずつ作業をやれば、十分、完成すると思っていますので。 続きます。

続きを読む

おはようございます4

続きです。 僕としては提出前のラストチェックですので、ゆっくりと作業をしようと思っています。 昨日の【プハンタシア・クアンティタース 恭精(きょうせい)編】本編プロローグ第002話は良い意味で、思考をリセット出来たと思っています。 なので、ラストスパートを頑張りたいと思います。 と言う訳で今日もよろしくお願いします。

続きを読む

おはようございます3

続きです。 内容自体にはほとんど変更は無いんですけどね。 解らなかった部分を大分表現したりしましたので、もう一度幻冬舎さんの編集者さんに見て貰ったらまた、少し違ったイメージでと言う事になると思います。 ここまでやれば母や兄も納得してもらえると思いますし、何より、自分で納得して出せると思います。 続きます。

続きを読む

おはようございます2

改めましておはようございます。 今日は今朝、2時過ぎに一回目の更新をした通り、2時から起きて作業をしていました。 【ユメミテ ゆめみめ】の5回目のチェック修正ですね。 当然、作業はまだ終えていませんが、前に幻冬舎さんに送ったデータから本当にボリューム(文字量)の面でも面白さの面でも120%の状態になっていますね。 ページ数はちょっと増えた程度ですけどね。 それくらい…

続きを読む

おはようございます1

おはようございます。 朝早く失礼します。 今日は朝、2時から起きて作業をはじめさせていただいています。 幻冬舎さんに提出前のラスト1回、5回目のチェック修正を始めさせていただきます。 それでは作業に入りますので一旦失礼します。 では、また。

続きを読む

この後の予定

この後の予定ですが、制作を続けます。 制作の目処がついたら後は番組を見ます。 今日のブログの更新は次がラストになります。 制作中心でやっているので、あまり、凝った内容のブログを更新出来ずに申し訳ありません。

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第008話(初出し)040

 下手をすれば、この今、居る場所も【ミクスミックス】の一部かも知れないのだ。  この層に来た以上、もはや他人事では済まされない状況となっていた。  キャリアは早速、オレンジの光体で探りを入れた。  幸い、このエリアはまだ、【ミクスミックス】に浸食されていないようだ。  だが、遠くの方に広範囲で、【ミクスミックス】と思われる反応があった。  下手に近づけば取り込まれる可能性もある。  …

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第008話(初出し)039

 それが解っていながら、海のエリアである左側海層に招いてしまった事が最悪の状態の引き金となってしまっていた。  水を得た魚の様に【ミクスミックス】は左側海層に居る生命体を自分に取り込み始めたのだ。  もはや、海との境界線も曖昧な状態になっているので、始末が悪かった。  偽真似法師の問題と比べても、こちらの方が大問題だった。  左側海層としての願いは、【ミクスミックス】を海から分離させて他…

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第008話(初出し)038

 海とほぼ同質の体を持ち、その中に取り込んだ生命体全てと命を共有する生命体が居るのだ。  その生命体の名前は、【ミクスミックス】と呼ばれる。  【ミクスミックス】はとある宇宙世界で生み出された生命体だった。  【ミクスミックス】命の共有が特技であり、例えば、Aという魚とBという魚を取り込んだら、AとBの生命は全く一緒の生命という事になる。  そうやって、自分の命と共有する生命体を取り込み…

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第008話(初出し)037

第四章 共存生命体(きょうそんせいめいたい)の問題  キャリア達は次なる層――左側海層に着いた。  前回は右側層側の問題を解決したので、次は左側層側の問題を解決してバランスを計って行こうという事になったのだ。  左側海層は名前の示す通り、海のエリアだ。  海に関する存在が多く移住している。  ここでもやはり、右側陸層の様に、移民達の一部が問題行動を起こしている。  アーマスに…

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第008話(初出し)036

 右側陸層は安定した――  だが、まだ、7つの層の問題が残っている。  キャリア達はアーマスの案内で、次の層に行く事にした。  アーマスはこのまま、他の7つの層の案内も引き受けてくれるようだ。  出世のためならばと本人は張り切っているようだ。  決して、彼の出世に協力するという訳では無いが、キャリア達は次へ向かった。

続きを読む

さて……

さて、今回も【初出し編】は【ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第008話(初出し)】となります。 8日目になりますね。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定5

続きです。 そこまで行ってしまうと手に負えなくなるので、最悪、見ずにデリートというやりたくない手段も視野に入れないと行けなくなりますので。 そこだけは死守したいと思っています。 そんな感じで全然、時間がありませんが頑張って作業などをこなして行きたいと思います。 以上です。

続きを読む

今日明日の予定4

続きです。 火曜日は病院でメタボの薬と健康診断をやって来ます。 木曜日は幻冬舎さんの事務所を見に行きます。 そんな感じのスケジュールで進めたいと思っています。 見ていない番組ですが、出来るだけ見て、300番組はオーバーしない様にしたいと思っています。 続きます。

続きを読む

今日明日の予定3

続きです。 多分、明日1日では終わらないと思いますので、月曜日と水曜日、それに金曜日で、1、2時間ずつ使って作業をしたいと考えています。 それで金曜日中には幻冬舎さんへデータを送りたいと思っています。 続きます。

続きを読む

今日明日の予定2

続きです。 明日の予定ですが、早朝作業と日中の作業で、【ユメミテ ゆめみめ】の5回目のチェック修正をします。 幻冬舎さんへ提出前のラスト一回修正になりますね。 最後は念入りにしますので、時間がかかると思います。 続きます。

続きを読む

今日明日の予定1

今日の予定ですが、このまま制作を続けます。 【プハンタシア・クアンティタース 恭精(きょうせい)編】本編プロローグ第002話とキャラクター説明文を作って再チェック修正もします。 余った時間は番組を見ます。 今日はそれで終わりになります。 続きます。

続きを読む

おはようございます3

続きです。 と言う訳で、現在は、【プハンタシア・クアンティタース 恭精(きょうせい)編】本編プロローグ第002話を作っている訳ですが、連日、早朝作業が続いていたので、疲れてしまっていて早起きが出来にくくなっていますね。 昨日の朝は4時起きで、番組を見ていましたが、どこかでゆっくり寝たいと思っていますね。 と言う感じですが、今日もよろしくお願いします。

続きを読む

おはようございます2

続きです。 この物語の主人公、【恭精】は、【ユメミテ ゆめみめ】の主人公、【よりか】と性格が180度違いますからね。 【よりか】は平和主義者で、【恭精】は好戦的なので。 と言う訳で、本当は002話と003話を作ってからと思っていましたが、002話だけでも思考をリセット出来るのではないかと思っています。 続きます。

続きを読む

おはようございます1

おはようございます。 今日は早起きして作業をしています。 と言っても2時に起きるつもりが3時半起きになってしまって予定より、遅くなってしまいましたけどね。 現在、【プハンタシア・クアンティタース 恭精(きょうせい)編】本編プロローグ第002話を作っています。 続きます。

続きを読む

お休みなさい。

今日の所は身体を休めるのを優先させます。 それでは、今日はこれで失礼します。 お休みなさい。 また、明日。

続きを読む

この後の予定

この後の予定ですが、まずは読書(ヤングアニマル)をしてから番組を見ます。 今日のブログの更新は次がラストになります。

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第008話(初出し)035

 完全に丸裸となった偽真似法師は間もなく降参し、降伏した。  偽真似法師に暴走しないという約束を取り付けたのだった。  これで、右側陸層の問題を1つ解決した事になる。  だが、右側陸層には問題が1つではなく、複数存在している。  偽真似法師の乱はその内の一つに過ぎなかったのだ。  キャリア達はこの勢いで、他の十数の問題を同じ様に解決して行ったのだった。  結果、まだ、油断は出来ないが…

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第008話(初出し)034

 そもそも、その様な力があるのであれば、わざわざ偽者を作らずともオリジナルで何かが出来たはずだからだ。  そのため、偽フラワ・ダリアが作りだす【破源の大皿】に偽物も具現化能力は見せかけだけのものであり、本物の圧倒的な力の前に為す術無く、散った。  キャリアとフラワ・ダリアの勝利により、偽真似法師の作る偽者達は強者の力を再現出来て居ない事が発覚。  ハッタリ集団であることが解り、キャリアやフ…

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第008話(初出し)033

 偽キャリアの赤と緑の光体の様に見えるものも同じ様に巨大な腕を作るが、中味の無いスカスカの腕となり、ひとたまりも無く、キャリアの腕に叩きつぶされた。  通常の肉体などであれば、他の素材を使って再現も可能だが、それには限界がある。  キャリアの光体の様に特別なものまでは再現不可能だった。  出来て、見かけだけという事だ。  同様に、フラワ・ダリアにも言える。  彼女の大技である【破源の大…

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第008話(初出し)032

 赤と緑はクアンスティータの背花変(はいかへん)の劣化版万能細胞、青は逆浄化、黄色は浄化、オレンジは探知能力を持っている光体なのだ。  キャリアの創造主やクアンスティータでも無い限り、これと同じものを再現するのはまず不可能であった。  キャリアはオレンジの光体でそれを見抜いた。  彼女の目には偽キャリアは見てくれだけの張りぼての様なものに映ったのだった。  赤と緑の光体の形をそれぞれ、巨…

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第008話(初出し)031

 つまり、見かけは同じでも全く同じものではなく、同じ様に見せかけているのだ。  それは偽真似法師の再現力がものを言う世界なのだ。  彼はその自分の腕に酔っているのだ。  自分はいくらでも他の存在の複製が出来ると――それを自慢したいのだ。  だが、それにはかなり無理があった。  例えば、キャリアの5つの光体だ。  5色の光体にはそれぞれ力がある。

続きを読む

さて……

さて、今回も【初出し編】は【ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第008話(初出し)】となります。 7日目になりますね。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定3

続きです。 来週の火曜日はメタボの薬を貰うのと健康診断のために病院に行きます。 木曜日は幻冬舎さんの事務所を確認するために外出します。 そんな感じでやって行こうと思っています。 来週の土曜日は出勤ですので、制作はしません。 来週の日曜日と再来週の月曜日は番組を見るのを優先させようと思っています。

続きを読む

今日明日の予定2

続きです。 日曜日の予定ですが、早朝作業と日中の作業で、【ユメミテ ゆめみて】の5回目のチェック修正をします。 日曜日だけでは終わらないと思いますので、来週の月水金で少しずつ作業をして金曜日の内に幻冬舎さんへデータを送りたいと思います。 続きます。

続きを読む

今日明日の予定1

今日の予定ですが、番組を見ます。 昨日までの作業で、【ユメミテ ゆめみめ】の4回目のチェック修正も終えていますので、後は、身体を休めるために番組を見て過ごそうと思っています。 明日明後日はお休みですが、明日の早朝作業と日中の作業で【プハンタシア・クアンティタース 恭精(きょうせい)編】本編プロローグ第002話を作ろうと思っています。 続きます。

続きを読む

こんにちは2

続きです。 後で、ゆっくり読んで三浦建太郎先生を偲ぼうと思います。 バイトですが、今日はいたって平和でしたね。 特筆して書く事もないので、書きません。 と言う訳でただいまです。 今日もよろしくお願いします。

続きを読む

こんにちは1

こんにちは。 今日もやっぱりバイトでした。 いつも通りでしたね。 今日は帰りに本屋さんへ寄ってヤングアニマルを買って来ました。 ベルセルクメモリアル号ですね。 続きます。

続きを読む

この後の予定

この後の予定ですが、制作をします。 頑張って4回目を終わらせます。 今日のブログの更新は次がラストになります。

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第008話(初出し)030

 また、背中からは結晶を産み出す突起物もある。  彼女はこれが進化した姿なのだが、偽者もきっちり忠実に進化した姿をかたどっている。  見かけはそっくりだ。  だが、問題はそこではない。  同じ力を持っているかどうかだ。  偽真似法師は全く同じ物質などを用いて再現するのではない。  似た様な効果を持たせるための素材を集めて、擬似的に本物の様に見せているのだ。 続く。

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第008話(初出し)029

 この二名以外は偽者は作られていないようなので、(一部では、それについて不満はあったが……)他の者は他の偽者を倒して行くという事にして、キャリアは偽キャリアと、フラワ・ダリアは偽フラワ・ダリアと戦い倒す事にした。  まずは、キャリアだ。  彼女の大きな特徴としては頭上の赤、青、黄、緑、オレンジの五色の光体が挙げられるだろう。

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第008話(初出し)028

 偽クアンスティータを生み出した者として、クアンスティータに関する存在の偽者を作り出すという事が如何に不可能な事かは、キャリアは身にしみて解っている。  クアンスティータ関係の偽者が居ないというのであれば、例え、1000を超える偽者の集まりだろうが、絶望的という事にはならないと考えた。  クアンスティータの関係者とぶつかる事を考えれば遙かにましだからだ。  偽真似法師への対応策としては、と…

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第008話(初出し)027

 それに気づかないとは未熟である事以前に、法師失格だとも思える行動だ。  そのため、話してわからせるという事は考えに入れない方が正解だと判断したのだった。  そして、キャリア達は、偽真似法師が根城にしている場所をつきとめ、そこに出向いたのだった。  待ち構えるは1000を超える強者達の偽者軍団となる。  偽者の精度がどうであれ、苦戦は免れない数であると言えるだろう。  恐らくはだが、い…

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第008話(初出し)026

 同じ様に、キャリアもまた、第二期の偽クアンスティータ達を生み出した事を彼なりに評価して、偽者を作ったという所だろう。  そういう意味では、強大な力を持っている古都百合の偽者を作っていたとしても不思議では無い。  最も封じられて居る状態では参考にしようが無いであろうが。  とにかく、偽真似法師は放って置けば、自軍の強化をするために、強者達の偽者を量産される恐れがある。  法師と呼ばれなが…

続きを読む

さて……

さて、今回も【初出し編】は【ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第008話(初出し)】となります。 6日目になりますね。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定7

続きです。 これならキャラクターデザインは5キャラで済みますしね。 それとイラストですが、水着シーン4点、服シーン2点の6点を1キャラ分(2ヶ月分)とさせていただきます。 これなら、手間も少なくて、ストックを作れるかな?と思っています。 済みません。 イラストを作っている余裕が全然無いんでこれでお願いします。 と言う様な感じで作っていこうと思います。 以…

続きを読む

今日明日の予定6

続きです。 ヒロインは、メインヒロイン(デザインやり直し)の【藤宮 清世(ふじみや さやせ)/フォース・ガール】。 【北村 梨舞(きたむら りま)/ファースト・ガール】、 【大島 唯愛(おおしま ゆあ)/セカンド・ガール】、 【猪又 笙子(いのまた しょうこ)/サード・ガール】、 【海堂 留奈(かいどう るな)/フィフス・ガール】、 ――の5キャラになります。…

続きを読む

今日明日の予定5

続きです。 【ファーブラ・フィクタIFストーリーα/ソウルメイト・レガシー】のヒロイン5キャラで6点ずつ。 これで合計30点になるので、それで行きます。 続きます。

続きを読む

今日明日の予定4

続きです。 とにかく、イラストにかけている時間が全然確保出来ないので、来年の分のイラストですが、出来るだけ手間を減らそうと思います。 来年の分の10ヶ月分、30点のイラストの配分ですが、本来は【ファーブラ・フィクタIF】の4シリーズから作ろうと思っていましたが、キャラクターデザインの手間を省くために、【ファーブラ・フィクタIFストーリーα/ソウルメイト・レガシー】のキャラクターだけに…

続きを読む

今日明日の予定3

続きです。 来週のバイトは月曜日から土曜日までありますので、来週の土曜日の作業はありません。 日曜日とその次の月曜日の二連休でと言う事になりますが、これまで番組が異様に貯まっていますので、出来ればその消化を優先させたいと思っています。 9月中は【ユメミテ ゆめみめ】の契約中心に動くつもりですが、10月になったらイラストの作業に入りたいと思っています。 続きます。

続きを読む

今日明日の予定2

続きです。 5回目は念入りにやりますので、日曜日に終わらない可能性が高いです。 その後の作業は来週の月曜日と水曜日と金曜日にちょこっとずつやって、終わらせようと思っています。 火曜日はメタボの薬をもらいに行くのと、健康診断で病院に行きますし、木曜日は幻冬舎さんの事務所を確認するために外出します。 そんな感じで忙しい毎日になると思います。 続きます。

続きを読む

今日明日の予定2

続きです。 土日は休みですが、土曜日の早朝と日中の作業を通して【プハンタシア・クアンティタース 恭精(きょうせい)編】本編プロローグ第002話を作ります。 本編20ページとキャラクター説明文のセットになりますね。 日曜日の予定ですが、早朝作業と日中の作業で、幻冬舎さんへの提出前のラスト1回、5回目のチェック修正を開始します。 続きます。

続きを読む

今日明日の予定1

今日の予定ですが、制作をします。 【ユメミテ ゆめみめ】の4回目のチェック修正を終わらせます。 今日も早起きして作業をしたので、多分、終わると思います。 余った時間は番組を見ます。 明日の予定ですが、午前中はバイト、午後は番組を見ます。 続きます。

続きを読む

こんにちは3

続きです。 と言う訳でもうしばらくお待ちいただければ幸いです。 今日の仕事は忙しく無かったですね。 ミスの発表をしたからか、何となく、今日はミスが少なかった様な気がしましたね。 ずっと続けば良いのですけどね。 と言う事でただいまです。 今日もよろしくお願いします。

続きを読む

こんにちは2

続きです。 一応、今は、【ユメミテ ゆめみめ】の作業をしていますし、休憩時間に紙のメモを取って、後でブログで説明するとその分、時間が取られるので、紙のメモは再来週から取り始めようと思っています。 つまり、今週と来週までは休憩時間は紙のメモを取らないと言う事にしたいと考えています。 続きます。

続きを読む

こんにちは1

こんにちは。 今日もやっぱりバイトでしたね。 今日で70番目の【読み切り小説】のイメージストーリーの紙をいつもの人に見せ終わったのですが、明日は、現在、契約に向けて話が進んでいる【ユメミテ ゆめみめ】はどんな物語かを説明する事になっていますね。 なので、もうしばらく、62番目の【読み切り小説】の【能あるバカは知得(ちえ)隠す】の紙のメモはお休みしようと思っています。 続き…

続きを読む

おはようございます。

おはようございます。 朝早く失礼します。 今日も早起きです。 無茶苦茶眠いです。 朝、1時半から起きて作業を開始しています。 この作業と午後の作業の合わせ技で、【ユメミテ ゆめみめ】の4回目のチェック修正を終わらせようと思っています。 それでは、頑張りますので今日もよろしくお願いします。 ブログの更新の続きは午後になると思います。 では、また。

続きを読む

この後の予定

この後の予定ですが、とにかく時間が惜しいです。 1時間だけ作業として、【ユメミテ ゆめみめ】の4回目のチェック修正をします。 1時間経ったら番組を見ていきます。 今日のブログの更新は次がラストになります。

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第008話(初出し)025

 キャリアも、 「私もよ。偽者に好きにはさせないわ」  と言った。  情報に寄れば、偽真似法師自身の実力は大した事は無いはず。  それよりは、精巧に作られたキャリア達の偽者を初めとする偽者軍団の方だ。  偽真似法師は、自分の力を示すため、強者と認めた者の偽者を作っているはずだ。  それが証拠に、フラワ・ダリアの偽者は作っているが、同じフラワ族であるフラワ・デイジーの偽者は作っていない…

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第008話(初出し)024

 そして、彼が作る偽者の中にはキャリアや、フラワ・ダリアなども含まれているという。  キャリア達は自分の知らない所で、偽真似法師に見られていて、その生体データを分析されていたのだ。  偽真似法師の行動以前に、キャリア達にとっては自分達の偽者が悪用されているという事の方が大問題だった。  欲にかられた偽真似法師の排除――それが、右側陸層でのキャリア達の役目となりそうだった。  それを聞いた…

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第008話(初出し)023

 だが、彼は強者たる資質が無かった。  自分の力では、力ずくで、右側陸層を手に入れる事は出来ない。  そこで、彼が取った方法は、自分の偽者造りの技術を利用し、自分に従う他者の偽者を量産し、軍団を作る事にしたのだ。  彼は、今まで見てきた強者達の生体データなどは頭に入っていたので、その要素に似せた別の素材を使って偽者達を作り始めたのだ。  楽園界の右側陸層内の物質を使って。  この事によ…

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第008話(初出し)022

 彼には一つの特技があった。  名前の由来にもなっている偽者造りだった。  彼は本物とは別の素材などを使って本物そっくりな偽者、贋作などを作る事が出来た。  物の仕組みを理解する力が長けていたのだ。  彼は元々、おとなしい性格だったが、楽園界に来て、性格が変わったという。  楽園界の美しい土地に魅了され、この土地を欲する様になった。  欲望が育ったのだ。

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第008話(初出し)021

 出世欲とは無縁な者が多い、楽園界人の中では非情に珍しいタイプと言えるだろう。  以上の理由で、アーマスは積極的にキャリア達に協力的だった。  アーマスは、まず、第一にと、自分が担当する右側陸層の問題を説明したのだった。  彼の説明によると、右側陸層の問題は、偽真似法師(にせまねほうし)だった。  他の移民達の例に漏れる事なく、偽真似法師も他の宇宙世界から、逃げて来た者の1人だった。

続きを読む

さて……

さて、今回も【初出し編】は【ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第008話(初出し)】となります。 5日目になりますね。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定5

続きです。 番組も見ないと行けないので100%の作業は出来ませんが出来るだけ時間を作って5回目のチェック修正も終わらせます。 それで、金曜日に幻冬舎さんに、改訂版の【ユメミテ ゆめみめ】のデータを送ります。 訂正した数をはっきり数えている訳では無いので正確な数字は解りませんが、感覚的には300カ所くらい訂正する形になると思います。 以上ですね。

続きを読む

今日明日の予定4

続きです。 日曜日の作業で、提出前のラスト作業として、5回目のチェック修正をします。 早朝と日中で終わらない可能性もありますので、残りは来週の平日にちょこっとずつやって終わらせたいと思っています。 来週は火曜日が健康診断とメタボの薬をもらいに病院に行きますし、木曜日は幻冬舎さんの事務所を確認するために外出しますので、与えられた時間は月水金の3日間ですね。 続きます。

続きを読む

今日明日の予定3

続きです。 作業が終わっていたら番組を見ます。 それで、金曜日までで4回目のチェックを完全に終わらせます。 土日はお休みですので、土曜日の早朝作業と日中の作業で、【プハンタシア・クアンティタース 恭精(きょうせい)編】本編プロローグ第002話を作ります。 それで頭の中を一旦リセットさせます。 続きます。

続きを読む

今日明日の予定2

続きです。 出来れば、明日の午後の作業で、無理でも金曜日の午後にもちょっと作業をして、4回目のチェックも終わらせたいと思っています。 そのため、明後日の金曜日の作業は木曜日の作業が終わらなかったら、すると言う事になりますね。 続きます。

続きを読む

今日明日の予定1

今日の予定ですが、1時間だけ制作をします。 今朝、早起きして、【ユメミテ ゆめみめ】の4回目のチェック修正を開始していますので、その続きの作業をします。 明日の予定ですが、午前中はバイト、午後は制作として、【ユメミテ ゆめみめ】の4回目のチェック修正の続きをします。 続きます。

続きを読む

こんにちは3

続きです。 同僚に言わせると最初だけで、ミスする人は気にしないで、またずっとミスするよとの事でしたけどね。 まぁ、そんなものかな?と思いました。 そう言えば書くのを忘れてましたがベルセルク41巻出る見たいですね。 これは是非買わねばと思いました。 と言う事がありましたがただいまです。 今日もよろしくお願いします。

続きを読む

こんにちは2

続きです。 ただ、チラッと見たのですが、全員のミス件数が張り出されていましたね。 これは良いことだと思います。 ミスする人はいっぱいミスしますからね。 少しは自分が他の人と比べてどれだけミスが多いのかを理解してもらうためにもこれはありだと思いました。 続きます。

続きを読む

こんにちは1

こんにちは。 今日もやっぱりバイトでした。 いつも通りでしたね。 今日は特には忙しく無かったですね。 平穏な仕事でした。 続きます。

続きを読む

おはようございます。

おはようございます。 今朝も早起きして作業をしています。 今日は3時起きです。 かなり眠いです。 もうまもなく、【ユメミテ ゆめみめ】の3回目のチェック修正も終わる予定です。 時間が許す限り、4回目のチェック修正も続けて始めようと思っています。 と言う訳で、今日もよろしくお願いします。 ブログの続きは午後になると思います。 では、また。

続きを読む

この後の予定

この後の予定ですが、とにかく時間が惜しいのですぐに作業を始めます。 出来れば、今日中に終わらせたいと思っていますが、どうなんでしょうね? まぁ、やるしかないです。 と言う訳で、今日のブログの更新は次がラストになります。

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第008話(初出し)020

 つまり、合計20000名が、層管理役人として派遣されるという事になる。  中央層の住民(人間)にとっては成人の儀式の一つとされており、楽園界にとっての成人の年になる22歳の一年間を右側層か左側層の管理で過ごす事になるようだ。  誕生日が人によって異なる様に、例えば、1人が23歳になったら、その1人は層管理役人を降りて中央層に戻り、新たにその日に22歳になった者の中から1名が新たに補充役人と…

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第008話(初出し)019

第三章 偽真似法師(にせまねほうし)の問題  キャリア達は、楽園界の層の一つ、右側陸層に降り立った。  彼女達に楽園界の情報を教えてくれた楽園人(らくえんじん)、アーマス・トコロナークの担当層がここだったためだ。  アーマスは、仙神の善峰とも知り合いだったため、キャリア達を快く、案内してくれたのだ。  アーマスの役職は、中央層から交代で派遣されてくる右側層と左側層の層管理役人(そ…

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第008話(初出し)018

 クアンスティータ・パールの方が強力な奇跡だとしても、それを持っているのがクアンスティータであれば、手に入れるのに躊躇してしまう。  それよりは、劣るとしても、手軽に奇跡を起こすアイテムが手に入るのであれば、クアンスティータではなく、そちらに行くのは当然の話だ。  よりリスクが少ない方に流れてしまうのは避けようのない事実だ。  だが、中央層にとっても【楽園石】は貴重な石でもある。  そん…

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第008話(初出し)017

 ただし、右側層と左側層の全ての諍いをおさめてもらえるのであればの話だった。  【楽園石】は中央層にしかなく、争いの元になるため、右側層と左側層の移民達には情報を伏せているという。  なので、【楽園石】の事は他言無用との事だった。  中央層に住む、元々の住民達と楽園界の住民達と交流のある仙界の一部の者だけが、【楽園石】の情報を知っていたのである。  そういう意味では善峰は貴重な情報を教え…

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第008話(初出し)016

 だが、それは楽園界としては望むべき結果ではない。  元々、居場所が無い者達の駆け込み寺の様な場所として提供しているのに、その一部の者達が他者を追い出すのであれば、駆け込み寺としての役目を果たせていない。  楽園界にとって出て行くべきは、追い出されようとしている者達ではなく、追い出そうとしている一部の無法者達の方なのである。  楽園界として、それをおさめてもらえるのであれば【楽園石】の提供…

続きを読む

さて……

さて、今回も【初出し編】は【ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第008話(初出し)】となります。 4日目になりますね。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定6

続きです。 出来れば、19番目の【読み切り小説】の【彼と彼女の一人旅】の清書も10月から始めたいと思いますけど、【ユメミテ ゆめみめ】が契約に至った場合、その後、どうなるか読めませんので今の時点では何とも言えませんね。 ちょっと他の作業が滞ってしまっている今の状況は好ましい状態とは言えませんけどね。 作業を何とか両立させて行きたいと思っています。 そんな感じで行きたいと思…

続きを読む

今日明日の予定5

続きです。 その代わり、再来週の休日二日は番組を見るのを最優先させようと思っています。 来年分の【よったろー屋本舗】の更新用イラストの作業は十月に入ってからになると思います。 今月は来週から土曜日は休みでは無くなりますので、そう言ったスケジュールになると思います。 続きます。

続きを読む

今日明日の予定4

続きです。 出来れば来週の金曜日に先方の望み通り、【ユメミテ ゆめみめ改訂版】のデータを送ろうと思っていますので、そう言ったかなり忙しいスケジュールになると思います。 そんな訳ですので、番組があまり見られないで、ドンドン増えて行く状態になると思います。 続きます。

続きを読む

今日明日の予定3

続きです。 なぜ、こんな予定にしているかと言うと、来週の火曜日は病院で健康診断とメタボの薬をもらいに行きますし、木曜日は幻冬舎さんの事務所を見に行こうと思っていますので、通常の作業日に作業が出来ないのです。 なので、月曜日と水曜日でちょこっとずつやろうと思っていますが、これだけでは絶対に終わらないので、日曜日に5回目の作業を始めたいと思っているからです。 続きます。

続きを読む

今日明日の予定2

続きです。 木曜日の予定ですが、午前中はバイト、午後は制作として4回目のチェック修正をします。 出来れば、金曜日もちょこっとやって、金曜日までで、4回目のチェック修正を終わらせたいと思っています。 それで、土曜日の早朝と日中の作業で、【プハンタシア・クアンティタース 恭精(きょうせい)編】本編プロローグ第002話を作って、日曜日の早朝と日中の作業で、【ユメミテ ゆめみめ】の5回…

続きを読む

今日明日の予定1

今日の予定ですが、制作として【ユメミテ ゆめみめ】の3回目のチェック修正をします。 出来れば今日の作業でそれを終わらせたいと思っています。 明日の予定ですが、午前中はバイト、午後は番組なんですが、ちょこっと制作をして、4回目のチェック修正をしたいと考えています。 続きます。

続きを読む

こんにちは3

続きです。 かなり、忙しい日が続きそうですね。 その間、ドンドン、見ていない番組が貯まってしまいますが、仕方ないかな?と思っています。 とにかく、月末の契約に向けて出来る事をしようと考えています。 と言う訳で、予定がコロコロ変わる状態ですが、ただいまです。 今日もよろしくお願いします。

続きを読む

こんにちは2

続きです。 それと、今日は朝2時から起きてバイト行く前まで作業をしていたのでかなり眠いですね。 ただ、来週の金曜日にデータを提出として考えると、来週の火曜日は健康診断やメタボの薬をもらいに病院に行きますので、今日中に3回目のチェック修正を終わらせたいと思っていますので、やらざるを得ませんでしたね。 続きます。

続きを読む

こんにちは1

こんにちは。 今日もやっぱりバイトでした。 今日は休憩場所から遠い所で仕事をしましたので休憩時間は無しでした。 ここの所、何度かそこに呼ばれる様になりましたね。 無茶苦茶忙しいので、ちょっときついんですけどね。 続きます。

続きを読む

おはようございます。

おはようございます。 朝早く失礼します。 今日も朝2時から作業をしています。 作業が気になって眠れないので、やることにしました。 不味いですね。 睡眠不足まっしぐらです。 でもとにかくやるしかありませんね。 今は3回目のチェック修正をやっています。 何とか平日中に終わる様に頑張りたいと思います。 では作業がありますので、失礼します。 ブ…

続きを読む

追伸2

続きです。 と言うわけで、これから、3回目のチェック修正を開始します。 今週の土曜日までに4回目のチェック修正を終わらせて、日曜日の早朝と日中の作業で、【プハンタシア・クアンティタース 恭精(きょうせい)編】第002話だけやって思考をリセット。 来週にかけて、月曜から5回目の最終チェック修正をして、何とか、金曜日までに終了して、送りたいと思っています。 ギリッギリのギリッ…

続きを読む

追伸1

追伸。 幻冬舎さんからお電話がありまして、質問に答えていただきました。 9月30日までの契約と言う事で、結構タイトなスケジュールになりそうなので、ちょっと予定を変更します。 17日までにデータが欲しいとの事なので、なるべく17日までに原稿が完成する様にスケジュール調整します。 200番組以上になるのは仕方ないとして、それは10月にたっぷり時間を取って番組を見ていく事にしま…

続きを読む

この後の予定

この後の予定ですが、番組を見ます。 今日のブログの更新は次がラストになります。

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第008話(初出し)015

 楽園界にはそんな気の荒い存在の心を静める成分の空気、空間などが敷き詰められているのだが、それでもおさまらない気性というのはある。  まして、クアンスティータ誕生事件より、恐怖にかられた多くの存在が流れ込んで来た右側層と左側層には、不穏な空気が充満しているという。  どうやら移民達が自分達の宇宙世界だと主張しはじめているというのだ。  徒党を組み、他者を追い出し、自分達の宇宙世界として作り…

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第008話(初出し)014

 だが、これでも完璧ではない。  三つ巴などの争いには対応していないというのが現状だった。  中央層には、他の宇宙世界からの受け入れは行っていないのだ。  そのため、不満もどこかに残るという事になる。  後は郷に入っては郷に従えとして、適応してもらうしかないのだ。  そんな形で他の宇宙世界からの移民を受け入れている楽園界だったが、基本的に争いを好まない楽園界の元々の住民達と違い、移民達…

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第008話(初出し)013

 陸、海、空、他はそれぞれに適応した存在が住むという事になっているが、それ以外の違いとしては、この8層は、他の宇宙世界からの移民達に解放している層であるという事だ。  つまり、楽園界の三分の二は他の宇宙世界の者が居るという事になる。  右側層と左側層に分かれているのは、同じ、陸、海、空、他の層に住む事になる存在でも折り合いが悪い存在同士がいる可能性があるとして、他の宇宙世界からの受け入れは陸…

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第008話(初出し)012

 住みやすい場所に住む――それも楽園界のルールの一つとされている。  それらの4つの中央層以外の8層は、  右側層(うそくそう)4層と左側層(さそくそう)4層に分かれている。  それぞれ、  右側陸層(うそくりくそう)、  右側海層(うそくかいそう)、  右側空層(うそくくうそう)、  右側他層(うそくたそう)、  左側陸層(さそくりくそう)、  左側海層(さそくかいそう)、 …

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第008話(初出し)011

 基本的には楽園界の存在は中央層(ちゅうおうそう)と呼ばれる4つの層で暮らしているとされている。  それは――  中央陸層(ちゅうおうりくそう)、  中央海層(ちゅうおうかいそう)、  中央空層(ちゅうおうくうそう)、  中央他層(ちゅうおうたそう)の四つに分かれている。  中央陸層には陸地を好む存在が、  中央海層には海を好む存在が、  中央空層には空を好む存在がいる。  そ…

続きを読む

さて……

さて、今回も【初出し編】は【ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第008話(初出し)】となります。 3日目になりますね。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定7

続きです。 来週の火曜日は健康診断とメタボの薬をもらうために、病院に行ってきますので制作などはお休みします。 木曜日には4回目のチェック修正も終わらせて、次の日曜日(来週の土曜日は出勤なので作業はありません)の作業では【プハンタシア・クアンティタース】の作業を初めて、祝日などを利用して、終わらせて、5回目のチェック修正をして、契約へと言う作業になると思います。 途中、どこかで幻…

続きを読む

今日明日の予定6

続きです。 なので、完成版は元のよりも120%面白いものになる予定にしています。 同じ事を書いているだけですが、表現方法の工夫により感じ方がちょっと違ったり、ちょっとスカッとする部分を増やしたりするなどの変化があると思います。 そんな感じでやって行こうと思っています。 続きます。

続きを読む

今日明日の予定5

続きです。 残り3回は今朝までやった2回と比べてそんなに直しが出ないとは思いますが、それでも300カ所くらいは直しが入るのではないかと思っています。 内容的には変化が無いのですが、表現の仕方がちょっと違うと言う感じですかね? 2年前よりも技能は上がっていると自分では思っていますので、今、【ユメミテ ゆめみめ】を表現するとこうだと言うものに作り替えようと思っています。 続き…

続きを読む

今日明日の予定4

続きです。 【ユメミテ ゆめみめ】の修正、加筆、削除作業ですが、しっかり数えていないので大体の感覚で答える事になりますが、すでに200カ所くらいは修正をしていると思います。 細かな表現から修正しているので、かなりの量になりますね。 それでも全体のページ数は元の状態とほとんど変わりませんね。 ただ、表現方法が前のものよりも僕的にはずいぶん良くなっていると思っています。 …

続きを読む

今日明日の予定3

続きです。 明日の予定ですが、午前中はバイト、午後は制作をします。 3回目のチェック修正に入ります。 明日だけでは終わりっこ無いので、木曜日と土曜日の作業で、3回目も終わらせて、日曜日からは4回目のチェック修正に入りたいと思っています。 続きます。

続きを読む

今日明日の予定2

続きです。 今日の目標としては200番組を切る様な感じまで持っていきたいと思っています。 休日の作業でまた増えてしまいましたからね。 見ていない番組が200を超えると言うのは僕にとって都合が悪いので、せめて100番台まで減らそうと思います。 今日の制作はお休みです。 続きます。

続きを読む

今日明日の予定1

今日の予定ですが、朝の作業で、昨日の内にやらなくてはならない所まではカバーしたので残り時間は番組を見ます。 作業の方は【ユメミテ ゆめみめ】の方の作業を優先させているので、他の制作が遅れてしまうのは想定内ですが、見ていない番組が増え続けてしまうという事だけは何とかしないと行けないと思っています。 続きます。

続きを読む

こんにちは5

続きです。 その2話分で頭をリセットしてからラスト1回のチェック修正をして提出という形を取ろうと思っています。 それ以外にも幻冬舎さんの事務所を見に行く時間も別枠で取ろうと思っています。 これは実体を少しでも把握するためですね。 安心するためにやることです。 そんな感じで今月は考えていますね。 と言う事ですが、ただいまです。 今日もよろしくお願いします。

続きを読む

こんにちは4

続きです。 間に挟む作業を他の【読み切り小説】の作業にしてしまうと時間がかかりすぎるので、ページ数の少ない【連載小説】の方を仕上げる事にしようと思っていますので、【プハンタシア・クアンティタース 恭精(きょうせい)編】の本編プロローグ第002話と第003話にしようと言うことにしました。 本来なら休日の早朝の作業に充てるのですが、今回は特別に平日の日中にも作業をしようと思っています。 …

続きを読む

こんにちは3

続きです。 後、今朝も3時起きで、最初の【読み切り小説】の【ユメミテ ゆめみめ】の2回目のチェック修正を終わらせました。 これで、イラストのイメージ案は送ったので、残すは3回のチェック修正を残すのみですね。 ラスト1回の前に違う作業を挟む予定ですが、それは休日のこっそり作業で中断している【プハンタシア・クアンティタース 恭精(きょうせい)編】の本編プロローグ第002話と第003…

続きを読む

こんにちは2

続きです。 今日からまたバイトでした。 いつも通りでしたね。 まだ、62番目の【読み切り小説】の【能あるバカは知得(ちえ)隠す】のメモは再開していません。 それはいつもの人に70番目の【読み切り小説】の【イメージストーリー】を見せ終わってから再開させようと思っていますので、もうちょっとですね。 続きます。

続きを読む

こんにちは1

こんにちは。 パラリンピックも終わりましたね。 閉会式は録画しているのですが、まだ見ていません。 今はそんな余裕は無いので後で見ることになると思います。 それを見るよりも優先させる事がありますので。 続きます。

続きを読む

この後の予定

あ、今、思ったんですけど、4回目と5回目のチェック修正の間に他の作業を入れます。 それで、気持ちをリセットして、5回目を読み返して、見ようと思います。 その事を追加させていただきます。 この後の予定ですが、とにかく時間がありません。 すぐに作業に取りかかりたいと思います。 今日のブログの更新は次がラストになります。

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第008話(初出し)010

第二章 楽園界の問題  キャリア達は善峰の知り合いの手引きなどもあって、すんなりと仙界から楽園界に入れた。  どうやら仙界と楽園界では密約の様なものがあり、仙界の特定の存在に認められれば、楽園界への出入りも容易となる事があるらしい。  今回の場合、善峰がその状況を作り出してくれたといえるだろう。  見返りを求めるのも何だが、彼は助けて正解と言える存在だったのだ。  楽園界は基本…

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第008話(初出し)009

 キャリア達一行は、楽園界を目指すのだった。  見送る善峰は、 「気をつけて行きなされよ。辛くなったらいつでもここに戻って来てかまわんよ」  と言ってくれた。  キャリア達にとっては、初めてに近い暖かい言葉での見送りだった。  つい、涙が出そうになった。  自分達にも戻れる所が出来た。  それが嬉しかった。  体の奥底から力が沸いて来るようだった。  希望を胸に、更なる幸せを掴…

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第008話(初出し)008

 こうして、キャリア達もピリオド・エンド達による古都百合の魂の解放への旅に加わる事になったのだった。  目指すは神と悪魔が所有する六つの宇宙世界の第四の宇宙世界である楽園界だ。  推測するに楽園界自体に問題は無い。  問題があるのはなだれ込んで来た者達の方だろう。  まずは、楽園界の責任者辺りと交渉して、問題解決したら【楽園石】を譲ってもらうという交渉をするべきだろう。

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第008話(初出し)006

 第四本体であるクアンスティータ・ミールクラームが作り出すとされているクアンスティータ・パールほどでは無いにしても、ある程度の奇跡を生むとされている【楽園石(らくえんせき)】と呼ばれる鉱物が献上特産品(けんじょうとくさんひん)としてあるとされていて、通常であれば、特別な存在にしか提供されないが、問題を解決すれば一つくらい譲ってくれるかも知れないとの事だった。  ピリオド・エンド達は黙って行く予…

続きを読む

さて……

さて、今回も【初出し編】は【ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第008話(初出し)】となります。 2日目になりますね。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定6

続きです。 再来週の火曜日は病院で健康診断を行うので、作業は無理です。 再来週以降の時間を使って何とか4回目の続きと5回目の再チェック修正をしたいと思っています。 それだけタイトに時間を詰めてもギリギリになるのでは無いかと思っています。 特に5回目のチェックは提出前の最終チェックですから特に念入りにしたいと考えています。 他の制作については来月まで保留とさせていただ…

続きを読む

今日明日の予定5

続きです。 もちろん、火曜日の作業だけで終わるはずが無いので、続きは木曜日と土曜日を使って作業をしたいと思っています。 出来れば来週の日曜日からは4回目のチェック修正を行いたいと思っています。 と言いますのも来週までは土曜日はお休みですが、その後は、休みでは無くなりますので、前半部分でかなりやりこんでおかないと後半だけでは終わらないと考えています。 続きます。

続きを読む

今日明日の予定4

続きです。 明後日の予定ですが、午前中はバイト、午後は制作として、出来れば、【ユメミテ ゆめみめ】の3回目のチェック修正を行いたいと思っています。 とにかく、幻冬舎さんとの契約の約束まで時間がありません。 出来る事はやって置く必要がありますので、制作は最優先で【ユメミテ ゆめみめ】をやって行こうと思います。 続きます。

続きを読む

今日明日の予定3

続きです。 それで、今日の作業なんですが、午前中までとさせていただきます。 と言いますのも、見ていない番組の数が洒落にならない程増えていまして、ちょっとでも減らさないと不味い事になりそうなんですよね。 なので、作業はお昼ご飯があるまでと区切って残りは番組を見ていきます。 そのため、このブログの更新作業の時間も惜しいくらいです。 続きます。

続きを読む

今日明日の予定2

続きです。 明日の予定ですが、午前中はバイト、午後は番組と行きたい所なんですが、今日の作業が終わらなかったら、明日の午後は1、2時間、作業をします。 それで、2回目のチェック修正を終わらせます。 作業をやるかやらないかは今日の成果しだいですね。 続きます。

続きを読む

今日明日の予定1

今日の予定ですが、このまま修正作業を続けます。 目標としては2回目の修正も完全に終わらせたい所ですが、時間的に無理そうなら、8割か9割くらいまで終わっていてくれれば、後は平日でカバー出来ると思っていますので、最低でもそこまでは進めたいと思っています。 続きます。

続きを読む

おはようございます6

続きです。 その結果をふまえて、5回の修正だと2、300回になると予想した次第ですね。 と言う様な感じになりましたが、今日もよろしくお願いします。

続きを読む

おはようございます5

続きです。 まぁ、2、300カ所と言ってもほとんどが細かい表現などの修正ですけどね。 後、読み込んだテンポで読むペースがおかしくなるかな?とか思った点は修正したりしていますかね? そんな感じで色々といじっています。 1回目はそんなにいじらないつもりでいましたが、蓋を開けたらかなりいじりましたね。 数は数えていないので正確にはわかりませんが、多分、100カ所近い数十カ…

続きを読む

おはようございます4

続きです。 修正、加筆、削除なんですが、僕としては100カ所以上と思っていましたが、100カ所どころでは無くなりそうですね。 2、300カ所以上は変更する事になるかも知れません。 それでも元の文章から大きく物語がずれないから不思議ですけどね。 続きます。

続きを読む

おはようございます3

続きです。 実は、昨日の作業では1回目のチェック修正終了と、2回目を少しだけやっていたんですけどね。 7ページ分のアドバンテージだったのですが、寝坊したせいでそれがすっかりチャラになってしまいましたね。 まぁ、仕方ないです。 自分が悪いので。 続きます。

続きを読む

おはようございます2

続きです。 なので、【ユメミテ ゆめみめ】の2回目のチェック修正をしているのですが、思ったよりも進んでおりません。 この部分の負担が日中の作業に出てしまうのは僕としてもとても残念ですが、起きられなかったものは仕方ありません。 何とかやりくりするしかありませんね。 続きます。

続きを読む

おはようございます1

おはようございます。 今日は3時半起きでした。 やばいですね。 予定では1時か2時に起きるつもりでしたが、寝坊してしまいました。 やっぱり前の日にほとんど寝てなかったのが原因でしたね。 やはり無理がありました。 3時半でも起きられたのは良かった方だと自分では思っています。 続きます。

続きを読む

この後の予定

この後の予定ですが、作業を続けます。 とにかく今は一秒でも時間が惜しいです。 何かこのままのペースでやると身体壊しそうですね。 やるしかないのでやりますけどね。 と言う訳で今日のブログの更新は次がラストになります。

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第008話(初出し)005

 黙って見過ごすという訳にもいかなかった。  ピリオド・エンド達は、善峰からとある情報を得ていた。  それは、楽園界(らくえんかい)の危機という情報だった。  楽園界も仙界に負けないくらい暮らしやすい所なのだそうだが、移民などが、クアンスティータ誕生事件をきっかけに他の宇宙世界からなだれ込んでいるらしく、その存在達が問題を起こしているというのだ。  その問題を解決してくれたら、あるいは願…

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第008話(初出し)004

 最悪の悪霊と呼ばれ、封凶岩(ふうきょうがん)に今だ封じられている古都百合は、他の存在にとっては表に出してはならない悪夢とされていても、ピリオド・エンドとフラワ・デイジー、フラワ・ダリアにとっては大切なご先祖様なのだ。  彼女の魂の解放無くして、この仙界の地を安住の地とする事は出来ないと思っているのだ。  彼らはその事を善峰に相談していた。  キャリア達の負担になるまいとの判断であろうが、…

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第008話(初出し)002

 フォールなどは魔の属性だが、それでも大丈夫だと言っていた。  だが、この神と悪魔の六つの世界を旅している(現在はまだ3つ目だが)時に知り合った者達は考えが別だった。  古都蘭丸(ことらんまる)の末裔であるピリオド・エンド、  古都薔薇(ことばら)の末裔であるフラワ・デイジー、  同じく、古都薔薇の末裔であるフラワ・ダリア、  この三名はまだ、心から喜ぶ事は出来なかった。

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第008話(初出し)001

第一章 楽園界へ  キャリア・フロント・バック一行は、現在、仙界(せんかい)にある仙神(せんじん)、善峰(ぜんぽう)の家にいた。  試練こそあったものの、特に災難には見舞われなかったために、ここを安住の地にするという考えもあった。  これまで苦楽を共にしてきた仲間である――  猫神キャトラ、  はぐれ使愚魔フォール、  ジャンル、  マドゥワスもこの地で問題無いと思っている…

続きを読む

さて……

さて、今回から【初出し編】は【ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第008話(初出し)】となります。 1日目になりますね。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定4

続きです。 本当はイラスト作業に入りたいのは山々なのですが、その余裕が全くありません。 今月の作業は物理的に無理なので諦めて、来月以降にやろうと思っています。 とにかく今月だけは【ユメミテ ゆめみめ】の作業を優先させようと思っています。 そんな感じで行かせていただきます。 以上です。

続きを読む

今日明日の予定3

続きです。 契約までの予定が今月末までと幻冬舎さんに区切られてしまっていますので、僕としても作業を急がなければなりません。 再来週の土曜日からは土曜日は休みでは無いので、前半部分で出来るだけ進めなくては今月中に作業は終わりません。 祝日の時は番組を見ようと思っています。 続きます。

続きを読む

今日明日の予定2

続きです。 終わり次第番組を見ます。 いくら何でもさすがに見ていない番組の数が300番組の大台に乗せる訳には行きませんので、番組を見ていきます。 月曜日からの平日は午前中はバイト、午後は番組を見たいと思っています。 火曜日と木曜日は制作として、3回目のチェック修正をしたいと思っていますが、火曜日と木曜日だけでは終わらない可能性もありますので、来週の土曜日の早朝作業で、3回…

続きを読む

今日明日の予定1

今日の予定ですが、この後も作業を続けて、【ユメミテ ゆめみめ】の1回目のチェック修正を終わらせます。 それが終わったら番組を見ます。 明日の予定ですが、早朝に起きて【ユメミテ ゆめみめ】の2回目のチェック修正をします。 十中八九、早朝だけでは終わりませんので日中の作業でも続けて、2回目のチェック修正作業を続けます。 この2連休で2回のチェック修正を終わらせる予定です。 …

続きを読む

おはようございます6

続きです。 と言う訳で、契約前に事務所を確認するために外出する予定も増えます。 まぁ、今は【ユメミテ ゆめみめ】の予定の作業をするので手いっぱいなので、まずは作業優先ですけどね。 来週は無理でも再来週辺りの平日の午後にでも行ってこようと思っています。 そう言う訳で余計にやることが増えて無茶苦茶大変です。 そう言う訳で少しでも作業を進めるために夜中の作業になりました。…

続きを読む

おはようございます5

続きです。 本当なら、来年の分の【よったろー屋本舗】の更新用イラスト30点を作らないと行けないのですが、それも何時になったら始められるのか全然目処が立ちませんね。 それにこの休日で、見てない番組の数が、またしても200番組オーバーになってしまいそうですね。 どないせーちゅうんじゃと言う感じですね。 また、会っては貰えないと思いますが、一度、幻冬舎さんの事務所を見に行くこと…

続きを読む

おはようございます4

続きです。 と言う訳で、本来はその出来をブログで公開したいところなんですが、残念ながら、本になるかも知れないものの指示書なのでお見せする訳にはいきません。 ただ、その作業をやっていたので、ほとんど寝てません。 また、昨日の夕方から1回目のチェック修正も初めていますが、まだ終わっていませんね。 それも今日中にやってしまわないと行けないかな?と思っていますね。 【ユメミ…

続きを読む

おはようございます3

続きです。 顔は描いてないですね。 イラストレーターさんのタッチという物があると思うので、髪型だけこんな感じにして下さいと言う感じで描きました。 色もつけてないですね。 彩色もお任せしようと思っていますので。 ただ、どういうキャラクターかという説明文などを文章で付け足したという感じですね。 続きます。

続きを読む

おはようございます2

続きです。 主人公の【よりか】、主要キャラの【なほ】、【ゆうさ】、【ひなも】と言う4キャラになりますね。 全員女の子ですね。 イラストレーターさんにはこんな感じで作って欲しいとして指示書を作って送りました。 続きます。

続きを読む

おはようございます1

おはようございます。 と言うか今日もろくに寝ていません。 眠れないので深夜に作業をしていました。 深夜の作業で、幻冬舎さんへのイラストのイメージ画を作ってPDFデータにして夜中に送信しましたね。 作ったのは、【ユメミテ ゆめみめ】に出てくる主要キャラ4キャラですね。 続きます。

続きを読む

追伸。改めましてお休みなさい。

追伸。 幻冬舎さんから電話がありました。 編集長さんにも評価をいただいている事がわかりました。 とりあえず、今月末までの契約に向けて動く事になりました。 そのため、予定を変更して、チェック修正の時間が足りないので、この後から作業を始めます。 と言う訳で急いで作業を始めますので、早朝作業も中止です。 とにかく、5回のチェック修正とキャラクターイラストを完成させる…

続きを読む

この後の予定

この後の予定ですが、メール送信作業に入ります。 今日のブログの更新は次がラストになります。

続きを読む

さて……2

さて、今回で、【ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第007話(プレイバック)】は終了となります。 明日からは、【ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第008話(初出し)】になりますのでよろしくお願いします。 つまり、明日からは初公開作品となります。

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第007話(プレイバック)079

 それを見ていた善峰は、 「お前さん達、まずは、ここで疲れを癒やしたらどうじゃ?ここはわしの土地じゃ。他に邪魔者はおらん。何日か過ごし、その後でそれぞれの進路を決める。ここまで駆け足で来たんじゃろうから、まずは、疲れをゆっくり取る。それからでも良いんじゃなかろうかのう?」  と言った。

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第007話(プレイバック)077

 問題はこれからどうするという事だった。  ピリオド達と別れるか?  それとも相談して、一緒に次の目標などを決めて行動するか?  ピリオド達は一族で安心して暮らしたいと思っている。  この仙界は安住の地となるかも知れない。  だとすると彼らの旅はここで終わりだという事になる。  それはキャリア達にとっても同じ意味を持つ。  この仙界がキャリア達にとって災いをもたらす宇宙世界でないの…

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第007話(プレイバック)076

 その事実は彼女をこれからも苦しめるだろう。  何も出来なかったフラワ・デイジーにも同じような苦しみはつきまとうだろう。  それでも生きていて欲しいというピリオドの願いは届いた事になる。  ピリオドの頬をつうっと涙が伝う。  うれしさのあまり、思わず涙がこぼれたのだ。  フラワ族の二人の呪いを解呪出来た事により、キャリア達は当面の目標は達成した事になった。

続きを読む

さて……

さて、今回も【プレイバック編】は【ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第007話(プレイバック)】となります。 16日目になりますね。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定3

続きです。 あ、そう言えば、14日だったかな? 健康診断で病院に行きます。 また、来週までは土曜日は休みですが、その後は土曜日出勤が続くと思います。 10月はまた土曜日は休みですが、その後は年末に向けて、土曜日出勤が続く事になると思います。 つまり、これからは土曜日の休みが少なくなって行くと思います。 以上です。

続きを読む

今日明日の予定2

続きです。 明日の予定ですが、土日は休みですので、早朝作業として、【プハンタシア・クアンティタース 恭精(きょうせい)編】本編プロローグ第002話を作ろうと思っています。 日中の作業としては、最初の【読み切り小説】にして、幻冬舎さんとの契約作品になる予定の【ユメミテ ゆめみめ】のチェック修正1回目を開始しようと思っています。 そんな感じで行かせていただきます。 来週の作業…

続きを読む

今日明日の予定1

今日の予定ですが、この後は幻冬舎さんへの返信メールなどを作って送信します。 その後は番組などを見て過ごす事になると思います。 見ていない番組はまだまだたくさん残っていますし、もし、電話が来た時のために、すぐ対応が取れる様に準備もしようと思います。 電話で話が出来る様に作ったPDFもプリントアウトして持っていようと思っています。 続きます。

続きを読む

こんにちは2

続きです。 それで先方がどういう反応になるかは解りませんが、ブログを更新した後、幻冬舎さんへの返事のメールを作って送信しようと思っています。 今日、決まって契約という事にはならないと思いますが、ここは1つの正念場だと思っております。 と言う覚悟も決まった所でただいまです。 今日もよろしくお願いします。

続きを読む

こんにちは1

こんにちは。 今日もやっぱりバイトでしたね。 いつも通りでしたね。 今日も何人かと出版についての相談をしたりしました。 母と兄とはある程度話がついています。 僕としては半年という期間では無く、どこまで解決したかという成果で契約にもっていける様に話を進めたいと思っています。 続きます。

続きを読む

この後の予定

この後の予定ですが、制作として幻冬舎さんへの質問Q&Aのチェック修正をします。 それが終わったら番組を見ていきます。 今日のブログの更新は次がラストになります。

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第007話(プレイバック)075

 どうやら、死の呪いに効果があったようだ。  ピリオドは、 「――助かったのか?」  と善峰に尋ねた。  善峰は、 「どうやら無駄足ではなかったようじゃぞ。良かったな」  とにっこり笑った。  正直、呪いが解けたと言ってもフラワ・ダリアがやってきた同族殺しという事実が消える事はない。 続く。

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第007話(プレイバック)074

 ここにも泥棒よけのトラップがしてあったようだ。  見た目は違うが、どちらも【仙王神桃】らしいので、煎じて、フラワ族の二人に飲ませる。  もはや、自力で飲む力も残って居なかったので、キャリアとマドゥワスが口移しで飲ませた。  すうっとフラワ族の体に吸い込まれて行く【仙王神桃】の絞り汁。  二人の経過を見守る。  青ざめて見るからに死にそうだった二人に僅かに暖かみが感じられ、精気が戻って…

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第007話(プレイバック)073

 キャリアとピリオドが善峰が指し示した二つの桃を取った。  見たところ、この二つは形が違う。  とても同じ桃には見えない。  この二つが【仙王神桃】なのだろうか?  善峰が言うには形が全く違う【仙王神桃】はパッと見、見分けがつかない。  【仙王神桃】以外の桃は猛毒の桃で食べたら死んでしまうという。

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第007話(プレイバック)072

 諦めるしか無いのかと暗い気持ちになっていると後から着いた善峰が、 「慌てるでない。これは盗まれないようにわしが出て行く前に施しておいた処理じゃ。【仙王神桃】はそう簡単に枯れたりせん」  と言って、なにやら呪文のようなものを唱え始めた。  すると、それに従って、みるみる、みずみずしさを取り戻していく桃の木。  一分後には見るからにおいしそうな桃が実っていた。  だが、【仙王神桃】がどれ…

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第007話(プレイバック)071

 100光年くらい超光速宇宙船ならばあっという間だった。  星に着陸し、畑に急ぐ。  善峰に聞いて彼をおいて先に向かったがついてみると桃の木は枯れていた。  ひょっとして手入れしてなかったから枯れてしまったのか?  まさか、これが、【仙王神桃】のなれの果てなのか?  絶望するピリオド。  駄目なのか?  フラワ族の二人はもう助からないのか?

続きを読む

さて……

さて、今回も【プレイバック編】は【ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第007話(プレイバック)】となります。 15日目になりますね。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定4

続きです。 契約までに後、5回、チェック修正や改変作業をやろうと思っていますので、その第1回目ですね。 基本的に余り大幅な変更は元の原稿からかけ離れてしまうので出来ませんが、5回の修正で元の原稿より120%面白くする様に作り替えるつもりです。 恐らく、修正、加筆、削除を繰り返して、大小含めて、100カ所以上は修正する事になると思いますね。 それくらい本気でやります。 …

続きを読む

今日明日の予定3

続きです。 土日はお休みですが、早朝作業として、【プハンタシア・クアンティタース 恭精(きょうせい)編】本編プロローグ第002話を作りたいと思っています。 日中の作業では、【ユメミテ ゆめみめ】の1回目のチェック修正をしたいと思っています。 続きます。

続きを読む

今日明日の予定2

続きです。 明日の予定ですが、午前中はバイト、午後は幻冬舎さんへお返事を出します。 問題を解決してから契約という形を取らせていただこうと思っていますが、その辺りは幻冬舎さんとの相談で決めると言う事になると思います。 午後は返事を送信したら、番組を見ていこうと思っています。 作業をしたい所ですが、幻冬舎さんから電話が来た時のために待機という形を取るので、いつでもやめられる番…

続きを読む

今日明日の予定1

今日の予定ですが、昨日の作業で幻冬舎さんへの質問Q&Aは24問、無事に出来たので、今日はその全24問を読み返して間違いは表現違いなどが無いかなどのチェックをしようと思います。 これを元に、明日のメールで幻冬舎さんにお返事を出します。 終わったら残り時間は番組を見ます。 続きます。

続きを読む

こんにちは3

続きです。 バイト先の人と話していると、契約したらすぐに本が出る見たいに思っている方が多い印象でしたね。 そんな事は無くて、契約してから一年くらい作業があってそれから出版ですよと言う説明を何人かにした覚えがありますね。 と言う様な事がありましたが、ただいまです。 今日もよろしくお願いします。

続きを読む

こんにちは2

続きです。 契約書によれば、自動音声の機能もつけてくれるみたいな事が書かれたりしていますので、今から楽しみではあります。 ただ、契約に至るには僕もするべき事をしておかないと行けませんので、頑張ろうと思います。 続きます。

続きを読む

こんにちは1

こんにちは。 今日もやっぱりバイトでした。 今日は、3人と相談しましたね。 1人は【ちょちょいのよったろー】をチェックしていてくれると言ってくださりましたね。 相談はしませんでしたが他にも4人と電子出版の話をしたりしましたね。 そんな感じでしたが朝と十時の休みは契約書を読み返したりして何度も確認をしたりしていました。 続きます。

続きを読む

この後の予定

この後の予定ですが、続けて幻冬舎さんへの質問PDFを作る事にします。 今日のブログの更新は次がラストになります。

続きを読む

ホームページを更新しました。

ふぅ。 【よったろー屋本舗】の本店で【その他ギャラリー】を更新しました。 その他ギャラリーへ いつも通り三点イラストを公開ですね。 ブログで既に公開しているやつですね。 と言う訳でこっちは終了です。

続きを読む

一旦失礼します。

それでは、まずは、ホームページの更新作業をしますので一旦失礼します。 作業が終わったら、また、ブログを更新します。 では、また。

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第007話(プレイバック)070

第七章 安住の地?  キャリア達は、第一表層宇宙空間に着いた。  フラワ族の二人の様子を見る。  見るからに苦しそうだ。  青ざめていていつ死んでもおかしくない。  急がねばならない。  善峰の案内で、リバーストンネルから100光年離れた星にある善峰の住んでいた家を目指す。 続く。

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第007話(プレイバック)068

 これは冷静さを見極める試練だったのだ。  特別仙人は、 「約束の通行手形じゃ。第一表層に行くが良い」  と行って、通行手形を渡した。  これでリバーストンネルを通る事が出来る。  念願の第一表層宇宙空間に行くことが出来るようになったという事だ。  キャリア達は特別仙人に、 「ありがとうございます」  とお礼を言って超光速宇宙船に乗り込み、リバーストンネルのあるエリアに急いだ。 …

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第007話(プレイバック)067

 だが、霧の幻は足下には届いていなかった。  寝っ転がれば、霧の幻は届かないと判断したのだ。 「お見事。そこまで」  との特別仙人の声がかかった。  それが正解だったのだ。  この試練は霧の幻に勝つ事では無かった。  霧の幻から抜け出る方法を探すという事だった。  常に戦う姿勢で立って構えて居ればいつまでも答えにたどり着かない。  疲弊し、やがて倒されるのを待つのみだった。  …

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第007話(プレイバック)066

 試行錯誤を繰り返すキャリア。  これも駄目。  あれも駄目。  それも駄目。  駄目駄目駄目。  どれも駄目。  でも考える。  考えるのを止めたら答えは見つからない。  そして、ある答えにたどり着く。  それは仰向けに横になるという事だった。  一見、無謀にも思える。

続きを読む

さて……

さて、今回も【プレイバック編】は【ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第007話(プレイバック)】となります。 14日目になりますね。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定4

続きです。 土日はお休みですが、まだ、予定は未定です。 出来れば早朝作業として、【プハンタシア・クアンティタース 恭精(きょうせい)編】本編プロローグ第002話を作りたいと思っています。 日中は金曜日の幻冬舎さんの反応次第ですが、最初の【読み切り小説】の【ユメミテ ゆめみめ】の作業をするかも知れません。 そんな感じで行きたいと思います。

続きを読む

今日明日の予定3

続きです。 明後日の予定ですが、午前中はバイト、午後は、幻冬舎さんに質問Q&APDFと共にメールを送ります。 その後、もしかしたら幻冬舎さんから電話などが入るかも知れませんので、対応していきたいと思います。 待っている間は番組を見たりしています。 続きます。

続きを読む

今日明日の予定2

続きです。 明日の予定ですが、午前中はバイト、午後は制作として、今日まで作った幻冬舎さんへの質問Q&Aを読み返して修正します。 完成次第PDF化します。 余った時間は番組を見ます。 続きます。

続きを読む

今日明日の予定1

今日の予定ですが、まずは、9月に入りましたので【よったろー屋本舗】の更新作業をします。 それが終わってから幻冬舎さんへの質問Q&Aを作ります。 今日のノルマも4問で合計24問にする予定です。 余った時間は番組を見ます。 続きます。

続きを読む

こんにちは2

続きです。 62番目の【読み切り小説】の【能あるバカは知得(ちえ)隠す】のメモは取っていません。 これはしばらく休んでいるので、再開する前にメモの読み返しが必要ですね。 そんなバイトでしたが、全体朝礼で重要な話もありましたね。 重要なので、ブログで内容は書けませんけどね。 言えるのはその内僕にも関係してくる事という事くらいですね。 と言う様な事がありましたがた…

続きを読む

こんにちは1

こんにちは。 今日もやっぱりバイトです。 今日は2回目の人2人を含む6人に相談しましたね。 話して行くと自分の中でだんだん考えがまとまって行く感じですね。 先日兄が、渋っている母との話で話をつけたからと言ってくれたのもありますし、契約に向けての準備が少しずつ整って行くのを感じますね。 続きます。

続きを読む