追伸。改めましてお休みなさい。

追伸。 幻冬舎さんから電話がありました。 編集長さんにも評価をいただいている事がわかりました。 とりあえず、今月末までの契約に向けて動く事になりました。 そのため、予定を変更して、チェック修正の時間が足りないので、この後から作業を始めます。 と言う訳で急いで作業を始めますので、早朝作業も中止です。 とにかく、5回のチェック修正とキャラクターイラストを完成させる…

続きを読む

この後の予定

この後の予定ですが、メール送信作業に入ります。 今日のブログの更新は次がラストになります。

続きを読む

さて……2

さて、今回で、【ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第007話(プレイバック)】は終了となります。 明日からは、【ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第008話(初出し)】になりますのでよろしくお願いします。 つまり、明日からは初公開作品となります。

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第007話(プレイバック)079

 それを見ていた善峰は、 「お前さん達、まずは、ここで疲れを癒やしたらどうじゃ?ここはわしの土地じゃ。他に邪魔者はおらん。何日か過ごし、その後でそれぞれの進路を決める。ここまで駆け足で来たんじゃろうから、まずは、疲れをゆっくり取る。それからでも良いんじゃなかろうかのう?」  と言った。

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第007話(プレイバック)077

 問題はこれからどうするという事だった。  ピリオド達と別れるか?  それとも相談して、一緒に次の目標などを決めて行動するか?  ピリオド達は一族で安心して暮らしたいと思っている。  この仙界は安住の地となるかも知れない。  だとすると彼らの旅はここで終わりだという事になる。  それはキャリア達にとっても同じ意味を持つ。  この仙界がキャリア達にとって災いをもたらす宇宙世界でないの…

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第007話(プレイバック)076

 その事実は彼女をこれからも苦しめるだろう。  何も出来なかったフラワ・デイジーにも同じような苦しみはつきまとうだろう。  それでも生きていて欲しいというピリオドの願いは届いた事になる。  ピリオドの頬をつうっと涙が伝う。  うれしさのあまり、思わず涙がこぼれたのだ。  フラワ族の二人の呪いを解呪出来た事により、キャリア達は当面の目標は達成した事になった。

続きを読む

さて……

さて、今回も【プレイバック編】は【ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第007話(プレイバック)】となります。 16日目になりますね。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定3

続きです。 あ、そう言えば、14日だったかな? 健康診断で病院に行きます。 また、来週までは土曜日は休みですが、その後は土曜日出勤が続くと思います。 10月はまた土曜日は休みですが、その後は年末に向けて、土曜日出勤が続く事になると思います。 つまり、これからは土曜日の休みが少なくなって行くと思います。 以上です。

続きを読む

今日明日の予定2

続きです。 明日の予定ですが、土日は休みですので、早朝作業として、【プハンタシア・クアンティタース 恭精(きょうせい)編】本編プロローグ第002話を作ろうと思っています。 日中の作業としては、最初の【読み切り小説】にして、幻冬舎さんとの契約作品になる予定の【ユメミテ ゆめみめ】のチェック修正1回目を開始しようと思っています。 そんな感じで行かせていただきます。 来週の作業…

続きを読む

今日明日の予定1

今日の予定ですが、この後は幻冬舎さんへの返信メールなどを作って送信します。 その後は番組などを見て過ごす事になると思います。 見ていない番組はまだまだたくさん残っていますし、もし、電話が来た時のために、すぐ対応が取れる様に準備もしようと思います。 電話で話が出来る様に作ったPDFもプリントアウトして持っていようと思っています。 続きます。

続きを読む

こんにちは2

続きです。 それで先方がどういう反応になるかは解りませんが、ブログを更新した後、幻冬舎さんへの返事のメールを作って送信しようと思っています。 今日、決まって契約という事にはならないと思いますが、ここは1つの正念場だと思っております。 と言う覚悟も決まった所でただいまです。 今日もよろしくお願いします。

続きを読む

こんにちは1

こんにちは。 今日もやっぱりバイトでしたね。 いつも通りでしたね。 今日も何人かと出版についての相談をしたりしました。 母と兄とはある程度話がついています。 僕としては半年という期間では無く、どこまで解決したかという成果で契約にもっていける様に話を進めたいと思っています。 続きます。

続きを読む