追伸。

追伸。 幻冬舎さんから連絡が来ました。 明日か金曜日に契約書が送られてくるのでそれにサインして、9月30日までに一回目の振り込みをして契約開始と言う事になりそうですね。 一応、問題無く進みそうです。 いよいよですね。 と言う事ですが報告させていただきます。

続きを読む

この後の予定

この後の予定ですが、番組を見ます。 今日のブログの更新は次がラストになります。

続きを読む

この後の予定

この後の予定ですが、番組を見ます。 今日のブログの更新は次がラストになります。

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第009話(初出し)005

 つまり、待っていると、この楽園界の入り口で戦闘になると言う事だ。  それは古都百合の復活でお世話になった楽園界に申し訳が立たないとして、楽園界から出て戦うという事を神と悪魔の軍勢と話し合う事にした。  神と悪魔の軍勢は足止めして、天界と魔界の無限ループに誘い込む事が目的な訳だから、言われなくてもそれに従うと言えば、交渉は成立したと言っても良かった。  早速、代表者としてキャリアはやって来…

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第009話(初出し)004

 彼女は惑星ウェントスなどに立ち寄った後、Fと名乗る男――怪物ファーブラ・フィクタに捕まり、光の惑星ルーメンと闇の惑星テネブライの間の無限ループに捕まった事があった。  それが彼女の本格的な戦いの始まりだった。  キャリアは交互にルーメンとテネブライを行き来し、ルーメンでは神の軍勢と――テネブライでは悪魔の軍勢との戦いを強要されたのだ。  そこから、キャトラやフォールなどを仲間とし、彼女の…

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第009話(初出し)003

 だが、まだ、天界と魔界――そのどちらを先に行くかを決めて居ない。  どちらを先に行けば良いのか判断がつかないのだ。  それを決めるため、多数決を取り、どちらの宇宙世界を先に行くか決めて居ると、古都百合が、 「……どうやら、どちらに決める必要は無いようですよ……」  と言った。  それは何故か?  答えはあることの再現だった。  あること――それは、キャリアがファーブラ・フィクタ星…

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第009話(初出し)002

 そこへ行くメンバーは、  キャリア・フロント・バック、  猫神キャトラ、  はぐれ使愚魔(しぐま)フォール、  ジャンル、  マドゥワス、  ピリオド・エンド、  フラワ・デイジー、  フラワ・ダリア、  ルーカ・ウォモイ、  サディース・ティック、  そして、最強の助っ人となる復活した古都百合(ことゆり)の合計11名だ。  この11名が神と悪魔の用意した最強戦力とぶつ…

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第009話(初出し)001

第一章 決戦の宇宙世界へ  キャリア・フロント・バック一行は現在、楽園界(らくえんかい)の入り口に来ていた。  これから楽園界を訪れるのではない。  楽園界の用事を済ませ、決戦の宇宙世界となる神が支配する天界(てんかい)という宇宙世界か、悪魔が支配する魔界(まかい)という宇宙世界のどちらかに行こうとしていたのだった。  キャリア達に対し、神と悪魔は最強戦力を動かしたという事で、そ…

続きを読む

さて……

さて、今回から【初出し編】は【ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第009話(初出し)】となります。 1日目になりますね。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定5

続きです。 まぁ、今は番組を見るのに忙しくて、そんな時間は確保出来ませんけどね。 今はとにかく見ていない番組を減らす。 それに尽きますね。 金土も午前中はバイト、午後は番組を見ます。 日曜日も日中はずっと番組を見ることになります。 制作再開は10月に入ってからを予定しています。 制作報告が出来なくて申し訳ありませんが9月中に出来るだけ番組を減らそうと思っ…

続きを読む

今日明日の予定4

続きです。 再編集版かも知れませんが、僕としては前の放送の時は古いブルーレイレコーダーでデータが消えてしまったので、ありがたい話です。 今度は仮にブルーレイレコーダーが壊れても大丈夫な様にすぐにブルーレイソフトに焼こうと思っています。 続きます。

続きを読む

今日明日の予定3

続きです。 明日の予定ですが、午前中はバイト、午後は番組を見ます。 今週はとにかく番組の消化に力を入れます。 木曜日はお休みですが、一日を通して番組を見ます。 まだ、鬼滅の刃の様な大物は見ていませんし、この時を使って見るかも知れません。 続きます。

続きを読む

今日明日の予定2

続きです。 今日くるかも知れませんし、別の日になるかも知れません。 ただ、幻冬舎さんからの連絡が来たら、それなりの対処をすると思います。 契約前に原稿を変更して欲しいと言う事にはならないと思いますけど、臨機応変に対応したいと思います。 続きます。

続きを読む

今日明日の予定1

今日の予定ですが、番組を見ます。 昨日も大分見ましたが、それでも無茶苦茶貯まっているのは変わりありません。 今日も番組の消化です。 ただ、幻冬舎さんからいつ連絡が来るか解りません。 続きます。

続きを読む

こんにちは11

続きです。 ここまでがおさらいと言う事になりますね。 明日からは紙のメモの上での新展開を書いて行く事になると思います。 と言う感じになりましたが今日もよろしくお願いします。

続きを読む

こんにちは10

続きです。 その事がきっかけで、【愛理】は今まで【ファジュルエナ】の事を【ファジュちゃん】と呼んでいたのを【先生】と呼び変える事になりました。 と言う所まで書いたと思います。 この物語は【ファジュルエナ】が【能ある鷹は爪を隠す】様に、色んな隠し玉を持っていると言う話になります。 続きます。

続きを読む

こんにちは9

続きです。 【ファジュルエナ】は受けた依頼だからと言うことで、【マヌェカル】の本心を消しました。 残ったのは【マヌェカル】の建前の心のみ。 言ってみれば空っぽになったと同じ意味でした。 結局、【マヌェカル】は精神科に入院する事で決着しました。 続きます。

続きを読む

こんにちは8

続きです。 そして、【ファジュルエナ】は真犯人を見つけます。 真犯人は【マヌェカル】の別の心でした。 多重人格者だったのです。 【マヌェカル】は自分の本心を隠すために【ファジュルエナ】に依頼して代わりの犯人を見つけてもらい納得したかったのです。 続きます。

続きを読む

こんにちは7

続きです。 【愛理】は親切心からそれを快く引き受けますが、【ファジュルエナ】は難色を示しました。 【マヌェカル】の事を疑ってかかっているのです。 【愛理】がそれでもやってと言うと、【ファジュルエナ】はどの様な結果になってもかまわないならやると言いました。 【マヌェカル】の依頼は自分達の村を全滅させた真犯人を見つけて仇を討って欲しいとの事でした。 続きます。

続きを読む

こんにちは6

続きです。 【ファジュルエナ】はそこでちょっとエッチな物を作り出したりして【愛理】に怒られると言う生活を送っていました。 そんな生活に慣れてきた頃、【愛理】を訪ねる者が居ました。 名前は、【マヌェカル】と言う女性です。 【愛理】に【ファジュルエナ】を紹介して欲しいと願います。 続きます。

続きを読む

こんにちは5

続きです。 そんな【ファジュルエナ】が新たな肉体に転生する儀式を行っている時、【愛理】が出てきて、儀式は失敗、【ファジュルエナ】は昔、人身御供に出された生け贄の名も無き少女の肉体に転生してしまいました。 その事を反省した【愛理】は、【ファジュルエナ】を自分の家に居候させる事にします。 続きます。

続きを読む

こんにちは4

続きです。 また、この2キャラはその前に作った5ページ限定のイメージストーリーとキャラクターの名前が変わっていますが、これは単に僕が元の名前を忘れたからつけ直しただけです。 内容としては【ファジュルエナ】は太古の大魔導士(だいまどうし)であり、肉体が寿命を向かえる前に新たな肉体に転生する事で生きながらえて来た存在です。 続きます。

続きを読む

こんにちは3

続きです。 また、この作品は【ファーブラ・フィクタ4/ヴェヌファユアの謎夢想(めいむそう)稀義(まれよし)編】の冒頭部分のオマージュ作品となっています。 主人公としている【ファジュルエナ】は【和諷 稀義(わふう まれよし)】からイメージ変換したキャラクターですし、ヒロインの【村井 愛理(むらい あいり)】も【テロメア・永久(とわ)】と言うキャラクターをイメージ変換したキャラクターにな…

続きを読む

こんにちは2

続きです。 それでは、今日は読み返しをしたので62番目の【読み切り小説】の【能あるバカは知得(ちえ)隠す】のおさらいです。 まず、タイトルの【知得】は【知恵】ではなく、わざと【知得】にしています。 なので誤字ではありません。 知識によって得るものと言う意味です。 続きます。

続きを読む

こんにちは1

こんにちは。 今日からまたバイトです。 と言っても木曜日がお休みで土曜日が出勤なので二日出て一日休んでまた二日出ると言う感じになりますね。 今日は大きな全体朝礼があって色々新ルールを言われましたね。 僕自身はあんまり影響ないですけど、同僚やWさん、NOさん、MATさんあたりは思いっきり影響ありそうな新ルールですね。 僕はやる必要が無くなった事が出たので逆に楽になった…

続きを読む