この後の予定

この後の予定ですが、番組を見ます。 今日のブログの更新は次がラストになります。

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第009話(初出し)035

 敵はこれ以外にも居る。  上空の【如真】の数を確認すると15000体という事になっている。  つまり他の場所にも【如真】が居るという事だ。  まずは目の前の敵をどうにかしないと次に続かない。  キャリア達とフォール達はそれぞれ、気合いを入れて立ち向かう事にした。  もちろん、バカ正直に全滅など期待していない。  目的は隙をついて、フラッグを奪う事だ。  その隙を探るための戦いが今…

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第009話(初出し)034

 これらの立像は動き出すと【如真】となって暴れ出すのだ。  また、フォールの方に出て来ている【王神竜】の数は、1562匹との事だった。  戦闘力では【如真】には及ばないものの、こちらは4桁の敵となる。  【如真】と【王神竜】の戦闘力から考えて、まず昼間一回分(天界エリアターン)では倒しきれる数ではないのは明白だった。  それより、二手に戦力を分断しているので、数に押されてやられてしまうと…

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第009話(初出し)032

 デザイン、衣装も球状の物体に配置されている立像よりも三角錐の4体の立像の方が豪奢な印象がある。  続けて、六面体、八面体、十二面体、二十面体の物体も出て来てそれぞれの面に1体ずつ立像がついていた。  三次元空間での正多面体の種類である正四面体 、正六面体、正八面体、正十二面体、正二十面体の五種類全てが勢揃いだ。  恐らくは球状の物体のが兵で正多面体の立像が幹部と言った所だろう。  ルー…

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第009話(初出し)031

 どうやら星を表現しているようだ。  その球状の物体は凸凹しており、その要所要所に立像が配置されている。  地球で近い雰囲気のものをイメージすれば、仏像だろうか?  仏像が球状の物体を取り囲む様に配置されているという所だろう。  一つの球状の物体にたいして、4、50体の【如真】の立像が配置されている。  球状の物体の数は5つだ。  つまり、200~250体の立像だ。  だが、数的に…

続きを読む

さて……

さて、今回も【初出し編】は【ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第009話(初出し)】となります。 7日目になりますね。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定。

今日の予定ですが、番組を見ます。 幻冬舎さんには振り込んだ報告はメールでしましたので、後は9月中は番組を見るだけですね。 明日の予定ですが、午前中はバイト、午後は番組を見ます。 明後日も同じで木曜日も同じです。 金曜日は10月に入るので、ホームページを更新して、残りは番組を見ようと思っています。 本格的な制作は土曜日からになります。 イラスト作業をやろうと思っ…

続きを読む

こんにちは9

続きです。 ただ、残り3枚になってしまったので、いつもの人に早く、55番目の【読み切り小説】のメモを見せ終わらないと63番目の【読み切り小説】の紙のメモが作れないと言う状態ですね。 ただ、これは300ページ小説なので紙のメモは30枚になるのですが、【ユメミテ ゆめみめ】が上手く行くのなら、ページ数を減らしたり増やしたりするのではなく、100ページ小説として作り続けた方が良いのでは?と…

続きを読む

こんにちは8

続きです。 【ファジュルエナ】はこの試験の魔法特許を持っており、彼が試験に参加する事により、この試験が行われるのです。 と言う所までを書きました。 残りは3枚なので、このエピソードの結末を書いて、もう1エピソードくらい書けるかな?くらいの感じですかね? 続きます。

続きを読む

こんにちは7

続きです。 魔法陣にある六芒星の頂点と中央の7カ所に用意した器に力ある存在を召喚させるというもので、六芒星の頂点6つそれぞれに火、水、風、土、光、闇の属性のものを、中央には無属性のものを配置して【魔導士】がどの属性に対して強味を持っているかを判断する試験になります。 また、これは同時に、7つの属性のバランスを見るテストでもあります。 これを考案したのが【ファジュルエナ】です。 …

続きを読む

こんにちは6

続きです。 今回は試験の内容の打ち合わせとして訪れていました。 そうです。 試験の内容は【ファジュルエナ】が決めているのです。 【魔導士試験】の内容は、【魔法陣曼荼羅試験】と言うもので、魔法陣を曼荼羅に見立てて、簡単な宇宙を表現してもらい、それで才能を評価するというものでした。 続きます。

続きを読む

こんにちは5

続きです。 彼女は魔導士が集まって出来た【魔導士協会】と言う組織の理事を務めていて、新人魔導士を審査する立場の存在でした。 彼女が【ファジュルエナ】の元を直々に訪れたのは彼に【魔導士試験】の試験官になって欲しいからでした。 【魔導士協会】の理事に直接来られては【ファジュルエナ】も断り辛いとして、彼女が毎年、試験の時に合わせて彼の元を訪れていました。 続きます。

続きを読む

こんにちは4

続きです。 今回はいつものパターンとしてあった【ファジュルエナ】に対しての後ろめたさというものがありませんので、弟子の【愛理】を通してではなく、【ファジュルエナ】に直接依頼に来ました。 訪ねてきたのは、【ルイーザ】と言う女性です。 見た目は若い女性ですが、エルフなので、長生きをしていて有に800歳を超える年齢です。 続きます。

続きを読む

こんにちは3

続きです。 今日の紙のメモは62番目の【読み切り小説】の【能あるバカは知得(ちえ)隠す】のメモを17枚目まで取りました。 内容としては、【ルネ】を退けた主人公の【ファジュルエナ】とヒロインの【村井 愛理(むらい あいり)】ですが、またしてもお約束の訪問者が現れます。 続きます。

続きを読む

こんにちは2

続きです。 一応、母にも付き添ってもらい、帰りにお礼としてケーキをたっぷり買いましたが、ただでさえお金無いんだから無理しないのと怒られてしまいました。 ですが、僕としてはお礼を言いたかったので、怒られてでもケーキは買いたかったので満足です。 もちろん、兄にもケーキを買っていますので、仕事から帰ってきたらお礼を言おうと思っています。 続きます。

続きを読む

こんにちは1

こんにちは。 今日は午後から、幻冬舎さんへ出版代を振り込みに行ってきましたので更新が遅くなりあました。 これで、僕の方のアクションは大体やったので、直しとかが来たらやりますが、後は幻冬舎さんの方に頑張っていただいて来年八月の出版を待つだけとなりましたね。 続きます。

続きを読む