この後の予定

この後の予定ですが、番組を見ます。 今日のブログの更新は次がラストになります。

続きを読む

選別はどうしましょう?13

続きです。 ページ数が変更になるかも知れない、残り、38作品については書きません。 32作を少しずつ書いて行きます。 と言う所で今回は13回になりましたし、今日の所は以上となります。 明日は、一応、70作全部のタイトルを紹介して、明後日から1作目からどんな内容かを少しずつ書こうと思います。 以上です。

続きを読む

選別はどうしましょう?12

続きです。 なので、ページ数の多い【読み切り小説】は今は除外して、逆にページ数の少ない【読み切り小説】も物足りなさというものがありますので、やはり、1話を作りきったと言う感じがする100ページ小説を中心に考えて行こうと思っています。 という訳で、明日から、内容を少しずつ書くのは1番目から31番目と45番目の32作の【読み切り小説】についてにしようと思います。 続きます。

続きを読む

選別はどうしましょう?11

続きです。 ページ数を減らしたり、増やしたりするのは、ちょっと今は考えから外そうと思います。 特に増やす方向の作品は、高くなる可能性がありますからね。 【幻冬舎さん】に小説のデータを渡した時も、現時点のページ数を倍にしたら、料金が高くなりますと言われているので、100ページを超える200ページ、300ページ、400ページ小説を選ぶのはちょっと待ったと言う感じですね。 続き…

続きを読む

選別はどうしましょう?10

続きです。 なぜなら、【幻冬舎さん】と契約出来た【読み切り小説】の【ユメミテ ゆめみめ】は100ページ完成小説だからです。 1番目から31番目と45番目の【読み切り小説】は全て100ページ完成小説なので、この中からその後の候補を選んでいくと言う事になると思います。 続きます。

続きを読む

選別はどうしましょう?09

続きです。 選別する候補としては、それに清書待ちの状態である19番目から21番目と23番目と24番目と26番目から31番目の【読み切り小説】の11作を足した32作品の中から選ぶ事になると思います。 32番目から60番目は80ページ、60ページ、40ページ、30ページ、20ページと減っていくのと61番目から70番目の200ページ、300ページ、400ページ小説となるので、これは選別から…

続きを読む

選別はどうしましょう?08

続きです。 そこで、今日は8回目の更新になってしまったので明日以降に回しますが、70作分ある【読み切り小説】は、どんな作品があるのかを少しずつ書いて、その中から、何を次に出そうかと思っていると言うのを後で書こうと思います。 また、70作目まで考えていますが、現時点で、清書まで終わっているのは1番目から18番目と22番目と25番目と45番目の21作という事になっています。 続きま…

続きを読む

選別はどうしましょう?07

続きです。 そんな感じで、【ユメミテ ゆめみめ】と【ユメミル ゆめみな】でゴチャゴチャやっていると当然、3作目から70作目の【読み切り小説】にかけている時間が無くなって行くと言う事になりますね。 また、【ユメミテ ゆめみめ】を出版するのに、今から1年弱かかり、印税が入るのは更に1年後と考えると運転資金が貯まって2作目以降を出版出来る様になるのは早くても2年後からになるので、そこから編…

続きを読む

選別はどうしましょう?06

続きです。 ただ、【ユメミテ ゆめみめ】が売れた場合は、【ユメミル ゆめみな】ではなく、【ユメミテ ゆめみめ】の続編を作ると言う方が自然な流れかな?とも思っています。 【ユメミテ ゆめみめ】は【読み切り小説】ですが、続編を作れる状態で終わらせていますので、話があるとしたらそっちの方が先かな?と思っています。 続きます。

続きを読む

選別はどうしましょう?05

続きです。 【ユメミル ゆめみな】も【幻冬舎さん】で出すか、それとも最初に評価してくださった【文芸社さん】に話を持って行くか? それは今後の状態によって、追々判断する事になると思います。 【ユメミル ゆめみな】の方は【幻冬舎さん】では評価されないかも知れませんからね。 それは今の時点では判断出来ない事ですね。 続きます。

続きを読む

選別はどうしましょう?04

続きです。 売れても居ない内に考えるのは捕らぬタヌキの皮算用になるのですが、もし、【ユメミテ ゆめみめ】が売れたと仮定すると第二作になるのは、【ユメミテ ゆめみめ】の男女逆転バージョンの話になる【ユメミル ゆめみな】になるのでは無いかと思っています。 ただ、これは【幻冬舎さん】ではなく、【文芸社さん】に高く評価された作品なので、これをどうしようか?と言う問題もあります。 続きま…

続きを読む

選別はどうしましょう?03

続きです。 特に【ファーブラ・フィクタ】は全1990話なので小回りが利きません。 幻冬舎さんにはゲームになりそうで面白そうですねと言うご意見をいただきましたが、やっぱり、話しが大きすぎるので、まずは【読み切り小説】と言う事にしましょうと言う事で、第一作、【ユメミテ ゆめみめ】が選ばれたと言う経緯があります。 続きます。

続きを読む

選別はどうしましょう?02

続きです。 僕は現在、(【夢命戦(ゆめいくさ)】などもっと前に考えた10作を抜かしても)70番目まで、【読み切り小説】のアイディアを思いついています。 連載小説はまた別で、【ファーブラ・フィクタ】や【クエスト・ガイド~冒険案内人】、【新説 パンドラ】など、いくつもありますが、これらはたくさんあるので、すぐに出版という訳には行きません。 続きます。

続きを読む

選別はどうしましょう?01

さて、それでは、【選別はどうしましょう?】と題して、しばらく13回ずつ更新して行こうと思います。 何故、この様なタイトルにしたかと言いますと、【幻冬舎さん】で来年の8月に電子書籍を出すことが決まったのは良いのですが、今のままのペースで考えるととても70作分考えている【読み切り小説】を出版するのは物理的に不可能だと思えるからそれについて70作の中でどれを選ぶか決めようかな?と思ってのタイトル…

続きを読む

さて……2

さて、それでは、いつもの人に55番目の【読み切り小説】の紙のメモを見せ終わるまで、何かを更新して行きましょう。 何回ずつの更新が良いですかね? そうですね、【クアンスティータ数】の1つで【13回】にしましょうかね。 タイトルは、【選別はどうしましょう?】にしましょう。

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第009話(初出し)050

 ピリオド・エンドと古都百合がオフェンス担当だ。  これも交互でオフェンスとディフェンスを入れ替えるようだ。  こうして、Aチーム、Bチーム共に、1旗ずつフラッグを手に入れた。  残す所天界エリアのフラッグの数は8旗だ。  だが、1回分の天界エリアだけで、残り8旗を手に入れる事は不可能だった。  あれこれ、他のフラッグの場所を探っているだけで、時間切れとなり、舞台は天界エリアから魔界エ…

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第009話(初出し)049

 彼が強く願えば、その種は目的を果たすため、動くのだ。  とは言え、【本願の元種】は数に限りがある。  多用出来る力では無い。  それに、敵に同じ手は通じないだろう。  敵はそんなに甘くないのだ。  勝負はこれからだった。  ピリオド・エンドはマドゥワスにフラッグを渡した。  こちらは、マドゥワス、ジャンル、フォールの三名で、交代して、フラッグ守っていくスタイルにしている。

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第009話(初出し)048

 この【万化の槍】は通常、槍型の状態になって、古都百合の前に浮いている。  だが、ひとたび、この【万化の槍】を放つと、【万化の槍】は槍型から、様々な形態に変化し、敵をなぎ倒し、再び古都百合の手元に戻って来ると槍型に戻るのだ。  この【万化の槍】による攻撃で、【王神竜】の群れを牽制し、ピリオド・エンドが【本願(ほんがん)の元種(がんしゅ)】を使い、それを【王神竜】の守っていた星の地面に埋める。…

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第009話(初出し)047

 1匹ずつ大きな効力の稀法を使えば、1500回以上は使えるという事になる。  ――そう、向こうは戦力があるのだ。  対するBチームの布陣は古都百合が前面に出ていた。  古都百合の力、【七曜の力玉】の七つの力の内、今日は日付が変わって月曜日となる。  日曜日は、【再構成の母体】だった、【七用の力玉】は現在、月曜日の力として【万化(ばんか)の槍】という力になっている。

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第009話(初出し)046

 師主族ラスティズムの様に自由自在に稀法を使いこなすという訳にはいかないがそれでも、かなり高度な稀法まで使う事が出来る。  とは言え、大きな効力を持つ稀法を使ったら、その【王神竜】の魔法力(まほうりょく)に相当する稀法力(きほうりょく)は底をつくようだ。  魔法力は別に持って居るので、普通の魔法も使えるようだが、それは、稀法ほど脅威とはなり得ない。  とは言え、1562匹もいるのだ。

続きを読む

さて……

さて、今回も【初出し編】は【ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第009話(初出し)】となります。 10日目になりますね。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

こんにちは5

続きです。 いつもの人に、52番目の【ムチプレのダイゴミ ニーナ編】、53番目の【ムチプレのダイゴミ 三平(さんぺい)編】、54番目の【ムチプレのダイゴミ 四季(しき)編】、55番目の【ムチプレのダイゴミ 五郎(ごろう)編】を見せ終わるまで、63番目の【読み切り小説】のメモは作れませんので、しばらくは、ブログの更新は何か別のことを公開しようと思います。 と言う感じになりましたがただい…

続きを読む

こんにちは4

続きです。 今は、52番目の【読み切り小説】の【ムチプレのダイゴミ ニーナ編】を見せている所で、まだ、終わっていません。 いつもの人が実はゲーマーで、オンラインゲームの話をしたりしていましたので、なかなか全部のメモを見るには至っていませんね。 続きます。

続きを読む

こんにちは3

続きです。 朝と十時の休み時間ですが、別の事をしていましたね。 NOさんと話をしていました。 紙のメモは62番目の【読み切り小説】の【能あるバカは知得(ちえ)隠す】のメモが昨日終わってしまったので今日は書けませんでした。 いつもの人に55番目の【読み切り小説】のメモを見せ終わるまで新たに作れません。 続きます。

続きを読む

こんにちは2

続きです。 今日もやっぱりバイトでした。 いつも通りでしたね。 ただ、今日はあちこちに助っ人に行った日でしたね。 昨日無視して来た人には今日は無視しました。 お互い無視しているので、何もありませんでしたね。 しばらくはこのまま行くと思いますね。 向こうが先に無視したんですから、向こうから話しかけるまで、僕の方も話しかける事はありませんね。 続きます。

続きを読む

こんにちは1

こんにちは。 さいとう・たかをさんが亡くなったみたいですね。 お悔やみを申し上げます。 ゴルゴ13の202巻は他の人には真似の出来ない偉業だと思います。 先生が亡くなった後も連載は続くそうで、何巻まで続くのでしょうね。 アニメも今、再放送されていますね。 ご冥福をお祈りします。 続きます。

続きを読む