ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第009話(初出し)077

 逃がさないとでも言いたげな態度だった。
 向こうが逃がさないつもりであるならば、こちらも対応して戦うだけだった。
 【七大王神竜】の戦いの邪魔になると評価されたのか、他の【王神竜】や【如真】達はその場に近づかない。
 人語も話せる【七大王神竜】の内の一匹が言葉を口にした。
「次は【眞秘神】も動くが、お前達に次は無い。今回でお前達は終わりだ」
 と。
 どうやら、次の天界エリアの時には天界の最強戦力とされる【眞秘神】が動く事になっているようだ。
 【七大王神竜】達はその【眞秘神】の顔を拝む事無く、自分達がキャリア達を始末すると言って挑発しているのだ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント