ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第010話(初出し)016

 【七大王魔竜】も【七大王神竜】達と同じく、それぞれ個性的な姿をしている。
 まるで【王魔竜】とは格が違うんだとでも言いたげな姿だ。
 だけど、どうせ、倒せば、また【王魔竜】あたりからまた【七大王魔竜】に昇格して欠員分を補充するんだろ?という冷めた目でキャリア達は見ていた。
 なので、まともに相手をするつもりはなかった。
 それよりはこの【七大王魔竜】の壁も突破して、同じ様にフラッグを集めるのに集中しようと言う方針に決まった。
 その方が無難だと判断したのだ。
posted by よったろー at 13:44Comment(0)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント