ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第010話(初出し)079

 そして、思いを伝えず、ルエエルは立ち去ろうとした時、キャリアが、
「私ね、頭の上の黄色の光体で、ある程度、調べる事が出来るのよね。
 あなた、ずっと私を追って来てくれたんだね。
 ありがとうね。
 認められなかった事のつらさ、私にも痛いほどわかる。
 だから、理解してあげたい。
 あなたを理解したい」
 と声をかけたのだ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント