ファーブラ・フィクタ タティー・クアスン第001話(プレイバック)008

 タティーに与えられた力を使えば、風呂に入らなくても汚れを取る方法はいくらでもある。
 だが、お風呂に入らないと気持ち悪いと言い張り、それだけは譲らなかった。
 まるで、お風呂のために生きている様なものだった。
 せかさなければずっとお風呂で生活しているかも知れない。
 【めがねさん】は
「そろそろ、彼女が見える頃ですよ」
 と言った。
 タティーは、
「また、あの人ですか……はぁ……」
 とため息をついた。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント