ファーブラ・フィクタ タティー・クアスン第001話(プレイバック)010

 本人が嫌うので、【スウィート】よりも【クインスティータ】と呼ぶが、彼女は【クアンスティータ】が大好きすぎる存在なのだ。
 好きすぎて、偽クアンスティータの仕事を手伝いたいと申し出たくらいだった。
 他の偽クアンスティータにはいらないと断られたため、仕方なく、ポッと出の偽クアンスティータのさらにもどきでもあるタティーにつくことにしたのだ。
 【クインスティータ】は【クアンスティータ】のPR活動をするために何度も水着撮影会をして、アピールしてきたという自負を何故かもっており、宣伝部長を自称している。
 そんな彼女は他の偽クアンスティータの事も【偽クアンスティータ様】と呼ぶのだが、タティーについては【タティーさん】と呼ぶ。
 つまり、偽クアンスティータとして認めてないようなのだ。

続く。
posted by よったろー at 14:00Comment(0)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント