ファーブラ・フィクタ タティー・クアスン第001話(プレイバック)012

 タティーにとってはせっかくの憩いの時間を邪魔されて面白くないが気の弱い彼女は迷惑ですとは口が裂けても言えなかった。
 タティーは、
「お、お待たせしましたね、【クインスティータ】さん。今日は何の御用ですか?」
 と言った。
 【クインスティータ】は、
「なんでじゃありません、タティーさん。すでに三件もクアンスティータ様に対して無礼を働く存在が現れましたのよ。早速出動ですわ」
 と言った。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント