ファーブラ・フィクタ タティー・クアスン第001話(プレイバック)015

 【クインスティータ】がなりたくてなりたくて仕方が無い役職にタティーはついているという事になる。
 この特殊警察は惑星ファーブラ・フィクタからいくらでも署員として採用することが許されているのだが、何故か、【クインスティータ】がふさわしくないと言って、片っ端からクビにしていた。
 その権限はタティーに与えられているのだが、彼女がそれを行使したことはただの一度もない。
 それらは何故か全て、【クインスティータ】がやっていた。
 なので、この特殊警察に署員は今のところ最低限の数しかいない。

続く。
posted by よったろー at 06:27Comment(0)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント