ファーブラ・フィクタ タティー・クアスン第001話(プレイバック)016

 そんなにやりたければ、譲ってあげますとタティーは思っているのだが、実力でその座を奪えない限り、【クインスティータ】はこの署長の席には着かなかった。
 【クインスティータ】はこの特殊警察の署員ではないのだが、何故か毎日、この特殊警察にタティーと共に訪れて朝から晩まで働いていた。
 数少ない署員達はもう慣れっこで【クインスティータ】が居る事に疑問を持っていなかった。
 半分署員だと思っているので、クアンスティータに無礼を働いた者の情報を彼女にも教えていたのだ。
posted by よったろー at 05:35Comment(0)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント