ファーブラ・フィクタ タティー・クアスン第001話(プレイバック)035

 かといって、署長なので自分が留守番をして他の署員に行かせると言う事も考えられるがそういう訳にもいかない。
 ろくな人材が残っていないからだ。
 事務作業などには向いているかも知れないが、調査やバトルにはまるでむいていない。
 それで、使えないと判断されて【クインスティータ】にまた、クビでも宣告されてしまったら、特殊警察署の運営もままならなくなる。
 それだけはどうしても避けたかったので、タティーが自分から行って解決していくというのがこの場合の最善の策と言えた。
 もちろん、留守番中、勝手に署員をクビにされても困るから【クインスティータ】も連れて行く。

続く。
posted by よったろー at 08:41Comment(0)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント