この後の予定

この後の予定ですが、番組を見ます。 今日のブログの更新は次がラストになります。

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第010話(初出し)075

 追っても追ってもキャリア達はどんどん先に進んでしまう。  追っても追っても会えない状態が続いた。  その彼女を追う冒険も決して順風満帆だった訳じゃ無い。  キャリア達がそうであったように、それぞれの宇宙世界にとっては異物が入り込んできたのだ。 続く。

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第010話(初出し)074

 仲間が居たキャリアと違い、ルエエルはずっと1人で探し続けていたため、ボロボロで、いつも死と隣り合わせの冒険だったようだ。  やっと現界から彼女が渡ったと言われていた幽界についたと思ったら、キャリア達は冥界に渡ったと伝えられた。  冥界にたどり着いたと思ったら、今度は仙界に言ったと伝えられた。  仙界の次は楽園界だ。  楽園界についたと思ったら、今度は天界と魔界の間に作られた【インフィニ…

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第010話(初出し)073

 ルエエルはキャリアがまだ、光の惑星ルーメンと闇の惑星テネブライの間の無限ループで戦っていた間、神御(かみ)が用意した刺客として、選ばれたものの、遠目に見た彼女に一目惚れしてしまい、彼女との戦闘を拒否したため、投獄されていたらしい。  そのまま、クアンスティータ誕生事件などが起きてしまい、現界は混乱――どんどんキャリアはルエエルの居る場所から離れて行ってしまったという。  ルエエルは脱獄し、…

続きを読む

ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第010話(初出し)072

 ピリオド・エンドとフラワ・デイジーが結婚し、子供を作った様に――、  フラワ・ダリアが恋人を作った様に――、  キャトラとフォールが結婚し、子供を作った様に――、  キャリアも幸せを掴みつつあった。  フィアンセの名前は、天上使(てんじょうし)ルエエルだ。

続きを読む

さて……

さて、今回も【初出し編】は【ファーブラ・フィクタ ルーメン・テネブライ編第010話(初出し)】となります。 15日目になりますね。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定

今日の予定ですが、番組を見ます。 明日はバイトはお休みです。 早朝作業で、【ファーブラ・フィクタIFストーリーα/ソウルメイト・レガシー】第001話の文字入力をします。 日中の作業では、土曜日は19番目の【読み切り小説】の【彼と彼女の一人旅】の清書を60ページ目まで書いて残り時間は【ユメミテ ゆめみめ2】の文字入力をします。 日曜日は【彼と彼女の一人旅】の清書を80ページ…

続きを読む

こんにちは5

続きです。 と言う所まで書きました。 続きは来週に入ってからですね。 ここまでで2枚目の半分くらいまでですね。 10分休憩なので書けるのはここまでですね。 と言う事がありましたがただいまです。 今日もよろしくお願いします。

続きを読む

こんにちは4

続きです。 その後、加工の仕方によっては【エネルギー】を生み出す等人型兵器となっていくのに必要な素材が1つ1つ見つかって行きました。 【ギガンティウム】が発見されてから数年後には、人型兵器として必要な素材の9割以上が揃う様になってくるとそれを軍事利用しようとする者達が現れます。 それが軍事国家の誕生となりました。 続きます。

続きを読む

こんにちは3

続きです。 ある日、突然、人類の前に不思議な鉱物が飛来します。 それが【ギガント・ギア】の元となる【鉱物】でそれを【ギガンティウム】と呼びました。 【ギガンティウム】はそのままではただの【鉱物】ですが、加工する事によって動く事が発見されます。 それが【鉱物兵器】としての第一歩となりました。 続きます。

続きを読む

こんにちは2

続きです。 と言っても10時の休み時間だけなので、大した量は書けませんでしたけどね。 内容としては、この物語は【ギガント・ギア】と言う人型の物体(ロボットではなく、不思議なエネルギーで動く鉱物の様な物)が力の象徴の世界観でのストーリーとなります。 物語の冒頭では、【ギガント・ギア】と呼ばれる兵器が世に伝わって行くまでの経緯を描いていきます。 続きます。

続きを読む

こんにちは1

こんにちは。 今日は雨降りでしたね。 帰りにどこかに寄ろうと思っていましたが雨なので止めました。 今日もやっぱりバイトでした。 いつも通りでしたね。 今日からようやく63番目の【読み切り小説】の【ギガント・ギア】のメモを取り始めました。 続きます。

続きを読む