ファーブラ・フィクタ タティー・クアスン第001話(プレイバック)061

 彼らが何故、そこまで怯えるか?
 それは彼女が【地獄の仲人】と呼ばれるからだった。
 彼女はいわゆる腐女子。
 ボーイズラブ――男性同士の恋愛が何よりも大好物な女の子だった。
 ドスケベ四人衆はタティーというターゲットを求めているという事で同盟を組んでいる。
 だが、そこにはお互いに対する恋愛感情など、もちろん無い。
 彼らはそれぞれ――
 お尻が好きであり、
 おっぱいが好きであり、
 くびれが好きであり、
 足が好きなだけなのだ。
 それらの要素を全て兼ね備えたタティーという存在を追い求める同志に過ぎないのだ。
 そんな彼らに【リセンシア】が加わると男同士――ドスケベ四人衆同士をくっつけたがるのだ。
 彼らにそんな趣味は無いと言っても彼女は聞き入れない。
posted by よったろー at 13:09Comment(0)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント