ファーブラ・フィクタ タティー・クアスン第002話(プレイバック)019

 困った。
 本当に困った。
 どうしようもないから、出来るだけタティーも自然体で行こうと心がけているが、いまいちペースがつかめない。
 タティーとしては出来るだけもめずに穏便に目的地に着くこと。
 出来れば、そこに運命の結婚相手と巡り会って、電撃入籍して引退。
 ――そんな、都合の良い妄想をするが、それがかなえられる事はまずないだろう。
 わかっている。
 わかっている、そんな事は、百も承知だ。
 だけど、出来ればリタイアしたいという気持ちが強くなってしまう。
 だって、女の子なんだもん。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント