ファーブラ・フィクタ タティー・クアスン第002話(プレイバック)064

 タティーがクアンスティータの加護によって体型を維持しているのに対して、彼女の場合は天然での体型の維持である。
 だからこそ、彼女の勧誘は外せなかった。
 男を惑わすという役割を持たせるにあたって、タティーを除き、彼女ほどの適任者は早々見つかるものではないのだ。
 仮に見つかったとしても胸、くびれ、腰、足の四拍子揃った者など滅多に居ない。
 だからこそ、まるで蛇の様に狙った獲物は逃すまいと【ヴィホヂット】はあの手この手で【リーチェニー】を説き伏せる。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント