ファーブラ・フィクタ タティー・クアスン第003話(プレイバック)033

 それを見たタティーは、これだ。
 これで私も棄権出来ると考えたが、そうは問屋が卸さない。
 【クインスティータ】は、
「あなたは、棄権しないわよね!ね!ね!タティーさん!」
 と念を押してきた。
 その余りの迫力に気圧されたタティーは、
「はい……き、……棄権しま……せん」
 と言った。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント