ファーブラ・フィクタ タティー・クアスン第001話(プレイバック)051

 すると、【プライス】は、
「お前のお尻は俺の彼女じゃない。お前のお尻は2ミリ後退した。お前のお尻は堕落した。失望したんだ俺は……」
 と言った。
 タティーは何からつっこんだらいいのか迷っていると、
 【ヴェルト】は、
「あんたは、私のお尻が最高だって言ったじゃないか」
 と激高した。
 【プライス】は、
「最高だったのは、2ミリ前進していたお前のお尻だ。今のお前のお尻じゃない。間違うな」
 と言った。
 タティーはその瞬間、別れて正解だったのでは?と思った。
posted by よったろー at 13:54Comment(0)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント