ファーブラ・フィクタ タティー・クアスン第001話(プレイバック)056

 【クインスティータ】に救いを求めるが、彼女は、
「自分で巻いた種は自分で狩り取りなさい」
 と言った。
 自分で巻いた種じゃありません。
 突然降ってわいた不幸です。
 と言いたいが聞いてもらえそうもない。
 そうこうしている内に時間も迫ってきている。
 早くしないと午後の面接に【リセンシア】が来てしまう。
 彼女まで問題児だった場合は手に負えない。
 早々に――少なくとも午前中までに決着をつけなくてはならない。
 なんでこんな目に……
 タティーは嘆くが、嘆いてもそれを解決してくれる者はここにはいない。
 自分でなんとかするしかなさそうだった。
 結果からみれば、タティーの圧勝だった。
posted by よったろー at 13:45Comment(0)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント