ファーブラ・フィクタ タティー・クアスン第001話(プレイバック)058

 それだけの力がタティーにもついているという事になるのだ。
 なので、署長室の扉を破壊する程度の力の持ち主を倒す事など容易――造作も無いのだった。
 【ヴェルト】は
「ちくしょう……」
 と悔しがり、
「悔しいけど、認めてやるよ。あんたのお尻は最高だ。あんたにはかなわねぇ。あんたについて行くよ」
 と言った。
 タティーは、
「あの……恥ずかしいから、そういう事言うの止めてください……」
 と顔を真っ赤にして訴えた。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント