この後の予定

この後の予定ですが、番組を見ると言いたい所ですが、ちょっと【ユメミテ ゆめみめ5】の事を少しメモしようと思っています。 ちょっと思いついた部分がありますので。 忘れない内に書こうと思います。 それが終わってから番組を見ます。 今日のブログの更新は次がラストになります。

続きを読む

ファーブラ・フィクタ タティー・クアスン第003話(プレイバック)015

 だが、そういう下心を考えていたのは【クインスティータ】だけでは無かった。  悪女、【ヴィホヂット】もまた、同じような事を考えていたのだった。  【ヴィホヂット】には【リーチェニー】がついている。  【クインスティータ】と人気を二分するレイヤーであり、タティーと全く同じプロポーションを持つ彼女の使い道は正にこれにあると言っても過言では無い。  【クインスティータ】と【ヴィホヂット】――二…

続きを読む

ファーブラ・フィクタ タティー・クアスン第003話(プレイバック)014

 つまり、下心もあったのだ。  【クインスティータ】だけでは優勝するかわからない大会もタティー達、美人どころを四人揃えばそれだけ、優勝確率も上がると考えていたのだ。  タティーに性格に難ありの【ヴェルト】と【リセンシア】を紹介したのもこれが理由だった。  二人とも美人だったからだ。  美人が四人揃えば優勝も目じゃないと考えていた。

続きを読む

ファーブラ・フィクタ タティー・クアスン第003話(プレイバック)013

 売り飛ばせば、十万年生きる存在が一生安泰の生活を送れるだけの資金は少なくとも手に入ると言われているのだ。  【クインスティータ】の第一の目的はこの大会での優勝をして、【ヴェール】の起動キーを手にする事にあった。  もちろん、【ステージ2】もどき、現界においては超危険レベルの力を持つ【ヴェール】の起動を阻止するという目的もあるが、【ヴェール】の力を手にすれば、自分も偽クアンスティータとして認…

続きを読む

ファーブラ・フィクタ タティー・クアスン第003話(プレイバック)012

 確か、クアンスティータ学が元になって作られた、普通の存在が扱えないとんでもない代物だとかいうあれだ。  クアンスティータを理解しようとする学問、クアンスティータ学を持ってしてもその九割がブラックボックスだという賢い者は手を出さない方が安心ですよ~的な危険なものを動かすキーが優勝賞品。  だからこそ、闇のコスプレ大会と呼ばれていた。  表に出すと問題になるものが優勝賞品として提示される大会…

続きを読む

ファーブラ・フィクタ タティー・クアスン第003話(プレイバック)011

 タティーが首をかしげると、【リセンシア】は、 「前に話した超兵器【ヴェール】――その起動キーの一つとされているのが、この闇のコスプレ大会の優勝賞品なのよ」  と言った。  超兵器【ヴェール】――その名前は前に聞いた事がある。  怖い話に出てたあれだ。  三つあげた怖い話の一つとして【ヴェール】はあった。

続きを読む

さて……

さて、今回から【プレイバック編】は【ファーブラ・フィクタ タティー・クアスン第003話(プレイバック)】となります。 3回目ですね。 5回更新という事でお願いします。

続きを読む

今日明日の予定

今日の予定ですが、番組を見ます。 明日の予定ですが、午前中はバイト、午後は番組を見ます。 日曜日の予定ですが、早朝作業で、【ユメミテ ゆめみめ4】の文字入力を50ページ目まで、日中の作業で75ページ目まで進めたいと思っています。 来週の火曜日は出かけるのでそれまでにノルマの75ページ目まで行きたいと思っています。

続きを読む

こんにちは3

続きです。 【アスマ】は「はぁ?適正テスト?興味ねぇよ、そんなもん」と言いました。 と言う所でWさんとの話になって続きは書けませんでしたね。 続きは明日以降と言う感じですね。 と言う事でただいまです。 今日もよろしくお願いします。

続きを読む

こんにちは2

続きです。 メモの内容としては63番目の【読み切り小説】の【ギガント・ギア】として、主人公の【アスマ】は【改進手術(かいしんしゅじゅつ)】とは【ギガント・ギア】の上位機体を操るのに必要な手術であり、その手術を受けずに動かせる者を【グランド・スペシャリスト】と言うと【マズルカ】に説明されます。 そして、【マズルカ】は【アスマ】が【グランド・スペシャリスト】の適正テストを受ける様に言いま…

続きを読む

こんにちは1

こんにちは。 今日もやっぱりバイトでした。 十時の休み時間でちょっとだけメモは取れましたが、また、Wさんに捕まってしまい、インフルエンザの注射の話をしたのでまたしても途中になってしまいました。 朝は朝で、眼鏡を5年後に買い換えたいと思っているけど、安い眼鏡屋さんは無いかと言う話をしたりしたので、メモを取る時間が確保出来ないんですよね。 このまま行ったら、全然、進まないと思…

続きを読む