ファーブラ・フィクタ タティー・クアスン第005話(プレイバック)073

 タティーは、
「だって、だって、【クインスティータ】さん。ここ、ここです。ここ。【僕は初めてお会いした時から】って書いてありますよぉ~これは絶対……」
 と興奮を抑えられない感じだった。
 タティーは人間だった頃を思い出す。
 人間の頃も美人だった彼女はラブレターをもらった事はある。
 だが、心ない他の人間達によって、もらったラブレターを奪われ勝手に発表されて、話が駄目になったり、嘘のラブメールをもらって行ったものの、一日中待ち惚けを食らったりして、良い思い出がろくに無かった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント