ファーブラ・フィクタのその後010

続きです。

【召喚ナーツンドア】を使って召喚出来る存在の名前は、全て【ナーツンドア】であり、他の【ナーツンドア】との区別のため、【ナーツンドア・パゲ】とか【ナーツンドア・ポゲ】とか【ナーツンドア・トゥゲ】とかで呼ばれていますが、これは、【テスラカ語】なので、わかりにくいとして、他の存在は、番号で呼んでいます。

いつしか【ナーツンドア】達も他の存在へのアピールのため、その番号での呼び方を共通語として認識するようにしているらしいというところの説明が今回までです。

"ファーブラ・フィクタのその後010"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: