ファーブラ・フィクタのその後003

続きです。

かかしはステラが最も得意とする兵器でもあります。

クアンスティータの背花変(はいかへん)の様に形状を自由に変えて使用する兵器です。

ステラは、かかしの形状を変化させて、形を蜘蛛の巣状に変化させました。

そして、かかしが変化した糸で囲まれた隙間の至る所から破壊音波の様なものを出します。

龍の様なムカデの様な生物はその音波が当たる度に体が崩壊して行きました。

続きます。

"ファーブラ・フィクタのその後003"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: