ファーブラ・フィクタのその後005

続きです。

すると、超巨大ビルの残骸の隙間から、一人の老人が現れました。

老人は老人でも巨大老人です。

どうやら目が見えないようで、杖の様なものであたりを探りながら進んでいます。

盲目の巨大老人は、【よく気がついたねぇ、おちびちゃん】と言いました。

続きます。

"ファーブラ・フィクタのその後005"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: