ファーブラ・フィクタのその後008

続きです。

ステラは、【名前を名乗ったら、封印されるって手、よくあることなんで。おじいさん、騙す気、満々な表情してたから、つい……】と答えました。

ステラは未来の世界から過去である現在に渡るに際して、学んだ事がありました。

それは、クアンスティータの恐怖が蔓延していない時代ではだまし討ちや嘘などは頻繁にあることだと聞いていたのでパワーを落として行く事もあり、その嘘を見抜く方法などを学んでいたのです。

続きます。

"ファーブラ・フィクタのその後008"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: