ファーブラ・フィクタのその後009

続きです。

ただ、父親のエゴにより、クアンスティータ達が悪い子に育ってしまうのが心配なだけでした。

怪物ファーブラ・フィクタは恐らく、第五本体クアンスティータ・リステミュウムの誕生を早めさせようとしているのです。

そのため、前倒しで第二、第三、第四本体の誕生を急がせているのです。

リステミュウムは未来の世界において現界を壊滅状態にしたという無茶苦茶恐ろしいクアンスティータです。

続きます。

"ファーブラ・フィクタのその後009"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: