ファーブラ・フィクタのその後009

続きです。

吟侍は、【悪いが、おいらは別に救いとやらを求めてねぇんだよな。仲間達も同じだ。そういう訳で勧誘なら別を当たってくれ】と言いましたが、【命を捧げよ】、【魂を引き渡せ】、【お前の命は我らが高位なる存在のためのもの】等と危ない事を言ってきたのです。

話し合いが通用する相手ではないと判断した吟侍は戦闘態勢に入ります。

ディアマンテは、【吟侍様、ここは私が出ますよ】と再び、自分をアピールします。

基本的にレスティーとエクス/クェスは戦闘要員ではないため、戦うとなるとどうしても吟侍かディアマンテが出る事になります。

続きます。

"ファーブラ・フィクタのその後009"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: