ぴえろ君の恋愛事情(プレイバック)071

 士郎がまくしたてて言ったらさすがに太輔は落ち込んでいた。
「俺なんて……俺なんて……」
「ご、……ごめん、言いすぎた……悪かった……僕が悪かった……」
「どうしよう先生、俺……彼女に今日のテストの点数を送るって……」
「そんなこと言ったのか……いつの間に……その行動力だけは百点満点なんだけど……確かに、彼女にマイナス百点なんて送ったら喧嘩を売っているとしか……」
「…そうだ、マイナスの部分だけ消して……」
「それでも〇点だろ」
「……ならバツも消して……」
「……白紙になっちゃうよ」
「……あぁ……どうすれば…」

"ぴえろ君の恋愛事情(プレイバック)071"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: