ぴえろ君の恋愛事情(プレイバック)130

「あのぅ……私達……これで……」
 何か気に障る悪いことでも知らない内にしたのかと気の毒に思った彦根嬢カップルが立ち去ろうとする。
 結局、何にもできなかった。

 ただ、カップルを羨ましく思い、妬ましく思っただけだった……
 そう思う太輔だった。

続く。

"ぴえろ君の恋愛事情(プレイバック)130"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: