ぴえろ君の恋愛事情(プレイバック)148

 更に言えば、吉良が太輔に憧れるモノが多いだけでなく、太輔も吉良のファンでもある……
 お互いがお互いの才能に憧れてもいるのだ。
 趣味や才能を求めるという事は好きという事でもある。

 そんな訳で、恋愛相談と称し、彼女は黄仮面にふんして、今日も太輔の部屋を訪れた。
「いやぁ……黄仮面と俺の趣味がここまで一致するとは思わなかったよ。もはや、同志って感じだなぁ~」
「いやぁ……本当に羨ましいよ。僕は欲しくても買えないからね……」
「そうか……じゃあ……友情の印として……一つプレゼントするよ。……じゃあ……これを……これ、二つあるからどっちか黄仮面にあげるよ」

"ぴえろ君の恋愛事情(プレイバック)148"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: