ぴえろ君の恋愛事情(プレイバック)155

「……でさ、念のためにチャラ娘ちゃんで計って見たんだよ……って聞いてる?」
「……あぁ……そうだったね……で……何?」
「だからさぁ……計って見たんだよ、恋愛指数ってやつを……そしたら、マイナス二十パーセントって出たんだよ。壊れてんのかなこれ?……全然、正確な数字を出さないんだよな……こいつは……チャラ娘ちゃんだから捨てる訳にもいかないし……どう思う?」
「……そっか、そうだな……うーんどうだろうねぇ……」
 答えをはぐらかす黄仮面だったが、気持ちは晴れていた。
 それを聞いて安心したのだ。
 恐らく、チャラ娘ちゃんの計測は正確だ。
 マイナス二十パーセントという事は上手く行かずに失敗するのだろう。
 後は葵達のように、出来るだけ太輔を傷つけずに岸和田嬢にフッてもらうだけだ。

 そして、黄仮面の予想通り太輔には残念でした劇場が待っていた。

続く。

"ぴえろ君の恋愛事情(プレイバック)155"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: