ぴえろ君の恋愛事情(プレイバック)172

 だが、一足遅かった。
 太輔は玲奈の元にたどり着いてしまった。

「あ、あんたか?あんたが俺を?」
 太輔は興奮する。
 思っていたよりもずっと美人の玲奈が相手だったと知り、気持ちが高ぶる。

 が――

"ぴえろ君の恋愛事情(プレイバック)172"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: