僕はこの娘と添い遂げたい(プレイバック)019

 ――弱い……この人……

 そう感じた。
 突進の仕方を見ても猪突猛進というか、止まれない。
 がたいのでかさに物を言わせて、突っ込んでいるだけだ。
 神術を使えば余裕で勝てる。
 そう思ったのだが、出来れば、佐和義の前ではか弱い女の子でいたい乙女の気持ちもあった。
 だけど、少なくともこのフランソワには勝たなくてはならない。
 万が一、この人に権力と財力を与えたら、大変な事になる。
 ならば、どうやって勝つか。
 出来るだけ優雅に見える方が良い。
 それなら水だ。
 頭の中で整理がついて、彼女は神術を披露する。
「捕縛、水龍陣」
 彼女のかけ声に反応して、水の鎖がフランソワを絡め取る。

"僕はこの娘と添い遂げたい(プレイバック)019"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: