僕はこの娘と添い遂げたい(プレイバック)049

「私らを無視するんじゃねぇ」
 またクリスチーヌが咆える。
 が、身体がしびれて動けない。
ヤレヤレといった感じで、花梨は神術、錬金鎖でクリスチーヌ達を縛りあげた。
 金属の鎖で壁に打ち付けたのでクリスチーヌ達の力では外せない。
 どんな言葉をのたまわろうが、もはや負け犬の遠吠えでしかなかった。
 このまま、レースが終わるまで壁に縛り付けられるという屈辱をクリスチーヌ達は味わう事になる。
 気絶や怪我によるリタイアより屈辱的な敗北だった。
 花梨とて、くだらない真似をする連中にかける情けは持ち合わせていない。

"僕はこの娘と添い遂げたい(プレイバック)049"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: