僕はこの娘と添い遂げたい(プレイバック)121

 神術を攻撃を回避するためにではなく、攻撃する為に使い出した。
「や、やるじゃない。でもこっちもやられる訳にはいかないんでね」
 譲も本気を出して来た。
 一進一退の攻防が続く。
 神術対異次元スカートの戦いは今までの予選で見られたレベルの戦いを軽く凌駕していた。
 ベストマッチと呼んで良かったかも知れない。
 それだけ、両者の実力が近く、力が均衡していたのだ。

"僕はこの娘と添い遂げたい(プレイバック)121"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: