僕はこの娘と添い遂げたい(プレイバック)196

 花太郎達三人が意見を変えて、大富豪家の後継者になる決意をしたのには理由があった。

 現在の家長、華真生が参加していた時の大会は実に九割以上がゴリラ、もしくはそれと似たような顔立ちの女性が参加した大会だった。
 勝ち上がってくるのは人間とは思えないような女性ばかり。
 それは華真生にとって恐怖以外の何者でもなかった。

 だが、今大会は違っていた。
 整形などが昔よりは抵抗なく、行われているというのもあるかも知れない。
 それをふまえても実に七割以上の参加者がいわゆる美人の分類に入る女性だった。
 さらに、各地の地方大会を勝ち上がって来た女性の九割近くが美人と聞いて、最初は反対していた、三人も意見をコロッと変えたのだ。
 全国大会を決める美人女性が勝ち上がる度に歓喜の声を上げて喜ぶようになった。

"僕はこの娘と添い遂げたい(プレイバック)196"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: