僕はこの娘と添い遂げたい(プレイバック)197

 大富豪家を継げるだけでなく、美人の嫁さんも娶れるのだから、文句を言う方、つまり、佐和義の反応の方がおかしいとも言える。

「僕は絶対、認めないからな、こんなふざけた大会」
 佐和義はかたくなに拒み続ける。
「そういうなよ、風彦、何で、地方大会から予選突破するのがベスト4、つまり4人か解るだろ?」
 鳥助が佐和義の肩を抱きながら囁く。
「知らないよ、そんなの」
 佐和義がそっぽを向く。

"僕はこの娘と添い遂げたい(プレイバック)197"へのコメントを書く

お名前:
ホームページアドレス:
コメント: