僕はこの娘と添い遂げたい(プレイバック)201

「さて、邪魔物は消えたし、ボク達はお嫁さん選びとしゃれこみましょうかね」
 月見がにやつく。
「そうだな。――ったくよぉ、この状況を楽しまねえなんて、どっかおかしいんじゃねえの?」
 鳥助もにやつく。
「いない奴のことは良いよ。ここからが本番だ。どの大会から選ぶ?」
 花太郎もにやつく。

 色欲に負けてしまった3人が夜通し許嫁選びを楽しんだ。

"僕はこの娘と添い遂げたい(プレイバック)201"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: