僕はこの娘と添い遂げたい(プレイバック)202

 出て行った、佐和義は――

「花梨ちゃん……僕はどうしたら良いんだ?……」
 一人、落ち込んでいたが、同時に、花梨が勝ち残っていた事に安堵を覚えるのだった。

"僕はこの娘と添い遂げたい(プレイバック)202"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: