僕はこの娘と添い遂げたい(プレイバック)204

 花梨を負かした女性の名前はサンディー・マーカー。
 カルフォルニア州の予選で日系人の選手に負けた選手だった。
 その日系人もその後の戦いで敗退している。
 だが、その日系人、トシコ・ホンダと仲良くなったサンディーは彼女がよく日本に行ってみたいと言っていた。
 その後、ちょうど、日本に行く機会が出来たので、関東大会を見学しに来日していたのだ。

 そこで、ティアマト同様にジャネット戦でのレベルの低さにがっかりしたのだ。

 その後、花梨はティアマトを下しているが、サンディーはそれでも納得せず、花梨に勝負を挑んできたのだ。
 結果は、ティアマト戦での疲労が残っていたとは言え、花梨の惨敗。
 サンディーは実力の半分も出さずに圧勝したのだ。
 彼女は去り際に――
「ジャパニーズ、てんで大したことないね。世界のレベルを舐めるな」
 と言い残し、去っていった。

"僕はこの娘と添い遂げたい(プレイバック)204"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: