隣の席のでみちゃん(プレイバック)017

 彼女の言うことはいまいちわからんな。
「じゃあなんなんだ?」
「明日のお昼がかかっている」
「は?」
 明日のお昼――
 その単語の意味が俺にはよく解らなかった。
「明日のお昼だ。私はサンドイッチを作ろうと思っている」
「おいおい、なんだよ、明日の昼飯の事かよ。今、関係ねーじゃん」
「ある。私はここで作ろうと思っている。今日負けてしまったら私は購買部でパンを買うことになってしまう」
 何を言っているんだ、こいつは?
 俺の頭の中で昼飯を作るってのか?
 パニックとまではいかないまでも、多少混乱している俺の気持ちをよそに、でもちゃんもやってきた。

"隣の席のでみちゃん(プレイバック)017"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: