隣の席のでみちゃん(プレイバック)020

 二人はしばらくにらみ合い、そして、戦闘?が開始された。
 二人が次々に描き出す魔法陣から、巨大な腕が飛びだして来た。
 でみちゃんは右腕が十三本、でもちゃんは左腕が十三本だ。
 双方の腕はみんな握り拳、つまりじゃんけんで言うところのグーの状態だった。

「な、何が始まるって言うんだ?」
「契約者しょーすけよ、説明しよう」
 でみちゃんが俺の疑問に答えてくれた。

続く。

"隣の席のでみちゃん(プレイバック)020"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: