隣の席のでみちゃん(プレイバック)046

 第十戦目はファッションショーだ。

 二人がそれぞれデザインした服をショー形式で次々と披露していく。
 それを見た審査員ってか俺なんだけど、持ち点百点×百着の1万点満点で審査する。
 俺は次々と変わる衣装を厳正に審査した。
 っていうか、俺の好みの度合いを数値化していった。
 結果は九千七百五十九対九千七百五十一で、でみちゃんに軍配をあげた。
 理由は、水着が一点多かったのと、ランジェリーみたいな服が俺のドストライクだったのがあったからだ。
 大分、目の保養をさせてもらった気分だった。
 これで、五勝五敗、イーブンにまで戻した。

"隣の席のでみちゃん(プレイバック)046"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: