隣の席のでみちゃん(プレイバック)050

 最後の第十三戦――

 それは、水着相撲だった。
 最終戦で何故、相撲?とも思ったが、俺にとっては嬉しいゲーム。
 十二分に楽しませて貰うことになった。

 がっぷり四つに組んだ、二人は互角の勝負を繰り広げた。
 魔法は一切抜きの力と力の勝負。
 水着が引っ張られて食い込み千切れそうになったり、俺の目を存分に楽しませてくれた。

続く。

"隣の席のでみちゃん(プレイバック)050"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: