隣の席のでみちゃん(プレイバック)115

「ば、バカな……」
「そんな……」
 肩を落とす魔女達。

 やった……
 とにかく、勝ったんだ。
「やったな、ヒヤヒヤしたよ。どんどん味方が減ってくるし。王将も見つかるんじゃないかって焦ってたよ」
「案ずるな、契約者しょーすけよ。王将は一番安全な位置にあった。見つかることは無いと解っていた」
「へぇ、どこにあったんだ?」
「簡単よ。あのコマが王将だったんだから。見つかりっこないわ」
 そういうでもちゃんが指したのは敵の王将にトドメを刺した火の属性のコマだった。

続く。

"隣の席のでみちゃん(プレイバック)115"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: