隣の席のでみちゃん(プレイバック)183

 続く第三戦は分身かくれんぼだ。
 一人、百体の分身を作り、隠れさせる。
 そして、プレイヤーである本体が一斉に探し始めて、最後まで見つからずに残っていた分身を持っていたチームが勝つというものだ。
 これも予想通り、あいつらは四人がかりででみちゃん、でもちゃんの分身を探していた。
 三チームのチーム戦だから、バジリスク、グリフォンペアがキマイラ、ドッペルゲンガーの分身を見つけても良いはずだし、その逆もまたありのはずだ。
 だけど、あいつらは、お互いのチームの分身は決して見つけ出さなかった。
 示し合わせて見つけないようにしていたんだろう。
 結局、でみちゃん、でもちゃんチームは二人で四百の分身を見つけなくてはならないし、あいつらは四人で二百の分身を見つければ良い。
 幸い、バジリスク、グリフォンペアの分身二百体は先に見つけたので、このペアに二勝目は持たせないで済んだが、キマイラ、ドッペルゲンガーペアの二百体目を見つける前に、でみちゃんとでもちゃんの分身が全て見つけられてしまった。

"隣の席のでみちゃん(プレイバック)183"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: