バーチャルリアルパートナーテイク2(プレイバック)068

 それはやはり、送り出したVRPの事だった。
 生前、一日は夢に見た。
 それは、VRP同士が争うという事だった。
 最後にはみんな揃うと信じているが、それにはいくつかの壁があり、真達の手助けも必要とするらしかった。
 その事に対するお願いだった。

 真と奈留はお願いの手紙を一通り読んだ。

"バーチャルリアルパートナーテイク2(プレイバック)068"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: